異世界スキルガチャラー

黒烏(クロイズク)

P.M.9~10時 幽霊屋敷への招待

「……カ、………カ!」
「ルカ!起きて!ルカ!」

ゼーテの声で目を覚ます。

「ふぇ?あれ、私達、屋敷に着いて、それで……」

周りを見渡してみる。
玄関と思わしき大扉、カーペットが敷かれた階段は2階でいくつかの部屋に続いている。どうやらここはエントランスホールのようだ。

「え? なんで私たち屋敷の中にいるの?」

ルカはそこでようやく異変に気がついた。

「よかった、すぐに気がついて。何かの力で中に引きずり込まれたみたい。そこの玄関の扉は開かなかったわ。……閉じ込められたのよ、私達」

ゼーテの言葉に、ルカは冷や水を背中に流し込まれたような感覚になった。

「え…ってことは、事件の当事者一家の家に監禁された…ってこと?」
「そういうことになるわね」

ゼーテの表情もいつもより暗い。
そんな中で、2人の視界の端に動くものが映った。
同時に、1階のドアのひとつがこちら側に開く。

「誰か……いるのかしら?」
「行くしか……ないよね?」

ルカも恐る恐る立ち上がり、2人でドアに近づいていく。

「私が先に行く。後ろを見張ってて」

ゼーテが開きっぱなしのドアの奥に少しずつ進んでいくのを見つつ、背後を警戒するルカ。
だが、ここでも2人はミスを犯した。
こういう場合、室内ならば二人一緒に行動すべきなのだ。
だが、ゼーテは魔物との戦闘経験から、「常に背後を警戒」という癖を刷り込まれてしまっていた。
つまりどうなったかと言うと、ゼーテがドアの奥の空間に入った瞬間に勢いよくドアが閉じたのである。

「え!?」
「まずい、油断した!」

すぐにルカがドアノブを回すが、案の定開かない。

「ルカ、どいて!ドアを斬り開く!」

ルカが大きくバックステップした瞬間、ゼーテがドアに斬りつける。
しかし、

「硬っ!? 嘘でしょ、どう見ても木製のドアなのに!」

ゼーテは相当の力を込めて斬りつけたのだが、ドアは剣を弾き返し、「カキィン!」という音を立てた。

「ゼーテさん、私は、だ……大丈夫だから、進んで。そ……それに、二手に別れたほうが効率いいよ?」

そうは言うが、ドア越しのルカの声は震えている。

「ルカ、すぐにそっちに行くから!この、ただのドアなのに!」

ムキになって2度、3度と斬りつけるがドアには小さな傷1つ付かない。
すると突如、

「キャアアアアアアアア!!」

ルカの、耳をつんざくような悲鳴が響き渡った。

「……!? ルカ!? ルカ、大丈夫!? ルカ!?」

しかし、返事は無かった。確実に何か起こったのだろう。
ゼーテは最後に渾身の一撃をドアに叩き込み、何も起こらないことを確認すると、振り向く。



そこは、廊下だった。かなりの長さ続いており、右側には窓が大量に付いている。
だが、窓は真っ黒に塗られており、外が一切見えない。

「外の状況すら確認させてくれないわけね。ここの亡霊さんはかなり計画的みたい」

恐怖からか、独り言を繰り出しながら薄暗い廊下を歩く(確認していなかったが、少し暗めの照明が点いているのだ)。
ドアを見つけ次第ノブを回すが、開くものがない。
焦りながら廊下を進んでいると、曲がり角に突き当たった。
慎重に曲がり角から顔を出す。何もいないことを確認し、もう一度歩き出そうとすると、

「お姉さん、僕の家で何してるの?」

背後から声をかけられた。
振り向くと、ゼーテよりも2、3歳ほど年下であろう少年が立っていた。
服装は、普通の街人が着るようなものではなく、所々に細かい装飾が縫われた高価なもの、つまり貴族が着るような服だ。

(この子が、貴族の亡霊……?)

パッと見る限り、幽霊や亡霊に見られるような肌の青白さもなく、脚もしっかりとある。

「分かった!道に迷って訪ねてきたんでしょう?外はすごい雨だし、ちょっと休んでいって下さい!」

その言葉を聞いて窓をもう一度見ると、窓に塗られた黒い何かは消え去り、土砂降りの雨が降る外の様子が見えた。

「着いて来て下さい。お客さん用のお部屋に案内しますから」

そう言ってゼーテの横を通り抜けて廊下を歩いていく。

「早く!気づきませんか?ずぶ濡れですよ!」

言われて、自分の体を見ると、確かにビショビショに濡れていた。

(……!? さっきまでは全然濡れてなかった! しかも、雨だってあの子の言葉に呼応するように降り始めた……)
「一体、どうなってるの?」

ゼーテは、あの少年に着いて行くべきか悩んだが、結局行ってみることにした。






「ゼェ、ゼェ、何とか撒いたか……」

啓斗はあの後、謎の人影からどうにか逃げ切り、屋敷に辿り着いた。

「ここが、その呪いの屋敷か」

改めて屋敷を見上げる。街の中にあった他の家とは比べ物にならないレベルで大きい。
正門は開いていたので、中に入ってみる。

「庭からして広いな。屋敷の中もかなり広そうだから、ルカ達を探し出すのも一苦労か……」

そのまま玄関に近づくと、見覚えのある機械が発光しているのに気づいた。

「……俺の腕時計だ。何故こんな所に?」

啓斗の腕時計が玄関の石畳の上に落ちていた。幸い壊れてはいないようだが、確かにルカに渡したはずのこれが落ちているということは………。

「確実に何かあったな。とにかく、2人を探そう」

啓斗は勢いよく玄関の扉を開け、中に入る。入った瞬間にまた勢いよく扉が勝手に閉まる。


窓の外に土砂降りの雨が降り出した。

「異世界スキルガチャラー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く