異世界スキルガチャラー

黒烏(クロイズク)

400連目 ヴァーリュオン到達の朝

(主にルカのせいで)一睡もできない夜を過ごした啓斗。
一瞬の隙をついてホールドから脱出はできたものの、その後しばらく心臓の動悸が収まらない現象にまで悩まされた。
1人で汗だくになりながら(ほぼ冷や汗だ)時計を見やると、午前0時を既に回っていた。
ガチャ画面を起動してみる。どうやらガチャの更新は午前0時ピッタリのようだ。
啓斗は「アタックスキルガチャ」か「アザースキルガチャ」かで悩んだ後、「アザースキルガチャ」を引いた。
戦闘能力よりも今回は移動系に重点を置いた結果だ。
なんと今回はSRスキルが2つ排出されるという高記録をマークした。
百里眼ひゃくりがん】と【トリプル・スピード】というスキルだった。
この【トリプル・スピード】が今回の状況で非常に有効だった。
能力は名前の通り、5分という制限付きではあるが、全ての行動スピードが3倍になるというもの。
マップを確認すると、端の方に城壁と思わしき表示もある。
【ダッシュアップ】とこの倍速能力を併用すれば今日中に到着できるかもしれない。
啓斗は、未だ眠りこけるルカを横目に、火を消し、準備運動を始めた。





「ん……ふぁぁ……って、えええええ!?」

激しく揺さぶられるような感覚で目を覚ましたルカは、絶叫した。
ルカは今、啓斗にかかえられており、しかも周りの景色がどんどん過ぎ去って行くのだ。

「え、え、えええ?」

あまりにも突然の出来事に、ルカは意味を持つ言葉を発せなくなっていた。

「ん、ああルカ、起きたのか。なら、舌を噛まないように気をつけろよ。もっと飛ばすからな!」

いつもよりかなり早口な啓斗の言葉を聞き、ルカは口を閉じて頷く。
ガチャでスキルレベルが上がった【ダッシュアップ】と【トリプル・スピード】のコンボで、啓斗は時速約40kmの速度を維持していた。


全速力で5分間走ったお陰で、あと数キロという所まで来ることが出来た。
ちなみに時刻は午前2時。ルカは無理矢理起こされた反動で二度寝中だ。
だが、啓斗の目は完璧に覚めている。
(まさか【ピンチヒール】が重度の寝不足の時にまで自動発動するとは……)
一昨日、「リカバリースキルガチャ」で入手したSRスキル【ピンチヒール】。
ヒールで治せないレベルの重症を1日に2回まで自動治癒する、というものだったのだが、まさか寝不足にまで反応するとは啓斗は露ほども思っていなかった。
取り敢えずルカを地面に降ろし、自分は隣に座る。
あの高速の中にいたにも関わらず、ルカは再び眠りに就いていた。




その後、朝6時にバッチリ起床したルカ(何となく元気度が上がっている気がする)と一緒に数十分歩き、遂にヴァーリュオンの入口に辿り着いた。
遠くからは城壁しか見えなかったが、近くに来るとまた違った景色が見える。
10m以上は悠にあるであろう巨大な門をくぐると、眼前には賑やかな街並みが広がっていた。

「うっはー!!私、都会初めてなんだー!凄ーい!!」

ルカはまるで小学生のように無邪気に走り回っている。

「ルカ、観光は後だ。取り敢えず、泊まれる所を探そう」

今にも街中に突入していきそうなルカの腕を無理矢理掴んで、啓斗はマップを頼りに宿屋を探し始めた(どうやら、マップは認識者が設定できるらしく、彼とルカ以外の通行人にマップのホログラムは見えていない)。
人混みに揉まれながら宿屋を探すこと30分。ようやくそれらしき建物を見つけ、中に飛び込む。

「くはっ!ああ、まだ朝早い時間だっていうのに何だ、この人の波は!」

啓斗とルカは2人とも息を切らしていた。

「あら、貴方達旅の方?」

宿の客の1人であろう女性が話しかけてきた。

「今日の凱旋パレードのことを知らずに来たなら災難ね。みんな、英雄サマ達・・・・・を特等席で見るために席取りをやってるのよ」

女性はそんな人々を小馬鹿にするようにクスリと笑うと、

「もしお祭り騒ぎと事故が嫌いなら今日は軽率に出歩かないほうが良いわよ。夜に備えて出店の準備してる所まであるから」

そう言ってヒラヒラと手を振って宿の階段を上がっていった。

「親切だけど、ちょっと感じ悪いね、あの人」

ルカはその後ろ姿が見えなくなったあとに言った。




この世界の通貨は「ルーン」というらしい。
ディーラに貰った小袋には、何と紙幣で50000ルーン入っていた。
街中で(機会は非常に少なかったが)見ることが出来た商品の値段などから推測して、ほとんど日本円と同じ感覚で問題ないだろうと啓斗は思った。
その金で、5日分の宿代を前払いで済ませた(夕食付きで1組1泊2000ルーンという、格安らしい代金だった)啓斗は、ルカを部屋に連れて行き、ベッドに座らせ、真面目な顔付きで言う。

「ルカ、髪をほどいてくれないか?」
「へ?」

啓斗からの唐突な要求に、ルカは小首を傾げる。
しかし、すぐに明確な説明がされた。

「街中をざっと見ても、君みたいなエルフは1人も見当たらなかった。だから念の為、エルフ特有の耳を隠しておいてほしい」

そう言いながら啓斗は腕時計を外し、ズボンのポケットに入れる。

「これもはたから見れば怪しい機械だからな」

髪を下ろして耳が隠れることを確認したルカと啓斗は、情報収集と必要な物資を買い揃えるために、危険を承知で街へ出た。





通信が入る。

「はい、もしもし。…………本当ですか?私の意見が伝わったって?」
「ありがとうございます!いやぁ、嬉しいなぁ!それで、確率は?」
「はい、私の設定したデフォルトに戻ったと。了解しました。上様はなんて?」


「はあ、そうですか。え?いやいや、大丈夫ですよ。案外気に入ってますし」
「それじゃあ、500連目からはいつも通りでOKってことでいいんですよね?」
「はい、分かりました。じゃあ、お詫びの内容はこちらにお任せ下さい」
「それじゃ、私も準備があるので。はい、失礼しまーす」




「……なんか今日の連絡係さんは私に優しめでしたね。新人さんかなんかでしょうか」
「まあ、それはそれとして……んー、ちょっと押しが足りなかったかな。まあ、私のデフォルトが採用されただけマシですかね」
「でも、確定ガチャの実装は許可もらってますし、要所要所って感じですかねぇ」
「それにしてもあの変更された確率、ホントにクソだったわー。イカサマだろイカサマ」
「SRが1%でUR以上が0%ぉ!?冗談にもなりやしない!詐欺以前のクズ行為!」
「まあ、序盤からハプニングの連続でしたけど、どうにかなりましたねぇ。啓斗様からは他の奴らと違う「何か」を感じました」
「今回こそ、今回こそ!絶対に成功させて見せますから!!!」

「異世界スキルガチャラー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • トクさん

    上と書いて神

    5
  • ノベルバユーザー267627

    野宿に使えそうな結界とかスキルであれば良いよね

    1
  • 真砂土

    上゛の方も酷いこともするもんだなぁ

    2
コメントを書く