話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

不死者の俺は平和に生きたい

煮干

明のスペシャル海鮮丼

家につく頃には俺は汗でびっしょりだった。なま物を手に持ち、ゆっくり帰るなんてできるはずがないと考えて走ってきたため、汗だくだくで、しかも熱中症になった。

インターホンを鳴らすと、鍵を開ける音が聞こえて扉が開く。

「おかえり。」

「え……ただいま。」

なぜだろう...最近やたらとジェミーが優しくなった。昔は早くしろだの言って俺を横暴に扱っていたのに今は違う。家の掃除を積極的にしてくれたり洗濯したりと家庭的になった。

あの一件以降ジェミーと俺の立場は上下から対等に変わった。


キッチンに行き、スポーツドリンクをコップいっぱいに入れて一気に飲み干す。

空になったコップを流し台に置いて、早速海鮮丼作りに取りかかることにした。ビニール袋から魚屋と八百屋から調達した新鮮な魚の切り身と野菜を冷凍庫に移す。

まずは酢飯を作らなきゃだな...ご飯は...。

ご飯の釜を開けるとご飯は炊き上がっていた。

ジェミーも変わったなぁ...。

ジェミーの炊いてくれたほかほかのご飯をしゃもじを使って桶に移す。酢と一緒に混ぜて酢飯が出来上がる。冷凍庫から切り身と野菜を取り出す。

後は乗せるだけ...。


試行錯誤を繰り返して小一時間、ついに完璧な配置を見つけた。丼の中は色鮮やかな海の生物達が一見豪華共演してるようにも見えるが、本当は俺が一番だとこぞって主張を続けている。海の宝石とも言われるいくら、早き泳ぎで大海を遊泳するマグロ、固く鋭い針の下で濃厚なうま味を凝縮しているうに、見映えのいいきゅうり。他にも玉子やイカ、大葉もデッドヒートに参入する。

「明!まだぁ!」

ジェミーの声が聞こえて我に返る。

そうだった、ジェミーを待たせてるんだった。

丼を二つ手に持ち、せかせかとリビングに向かう。リビングには頬を膨らませて椅子に座るジェミーがいた。

「ごめんごめん、ちょっと手間取っちゃって...。」

ジェミーの前に丼を置いて俺も座る。

「それじゃあ食べようか。いただきます。」

いつもならいただきますも言わずにがっつくジェミーだが、今日もいただきますと言う。

変わったなぁ……。

感心してジェミーを見ていると、ジェミーは怪訝そうな顔で俺を見た。

「なに?食べづらいんだけど?」

「あ……ごめん。ちょっと感心してね。」

笑ってごまかすと、ジェミーは軽く流した。

行動は変わっても俺に対するあたりは未だ変わらずか...。

海鮮丼を食べながら感傷にひたっているとジェミーが話しかけてきた。

「あ、海ってどんなとこなの?」

話しかけてくるなんて珍しいなぁ...。

そう思いながらポケットからカメラを取り出してジェミーに見せる。

「きれい...。いつか行ってみたいなぁ...。」

海の写真を見るジェミーの顔はどこか悲しそうだ。なんとかしてあげたい。けれど日光を弱点とするジェミーが海を見ることなんて...出来る!

「海に行こう!」

ジェミーは目を見開き驚くが、すぐさま奇怪な目で俺を見る。

「行くって...私は行けないし...。」

「夜だよ!夜に行こう!」

目を爛々と輝かせる俺を見て、ジェミーは視線をそらした。

「これ以上迷惑は...」

「迷惑なことあるか!俺はしたくてしてるんだ!お前のわがままに振り回されて迷惑なときもあるけどほとんど毎日が楽しい!」

別れが惜しいから、悲しいから人と深くなんて関わらなかった。表面だけのつき合い。そうやって逃げてきた。けどジェミーに会って、さんざんわがまま言われて、振り回された。けれど楽しかった。だからジェミーには感謝している。

「だから行こうぜ?」

「う...うん...。」


「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く