話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

不死者の俺は平和に生きたい

煮干

移植

エレベーターを降りて奥の部屋に案内された。

「下僕、ここは?」

「ここは院長室。ポッポさんの部屋みたいなとこだよ。」

「ふーん、あ!あの絵、私も持ってた!」

ジェミーが指を指す方向には、女の子が振り向く絵があった。心なしかジェミーに似ている。

「あれかい?あれは海外のオークションで売られてたんだよ。もしよかったらいるかい?」

ジェミーは首を縦にふった。

「すみません…高額なものを…。」

「いいさいいさ、お近づきのしるしみたいなものだ。」

ポッポさんは豪快な性格だ。そういうところにひかれる人は多い。

「では、コーヒーでも飲みながら仕事の話をしよう。」

ポッポさんはコーヒーを注ぐと、俺とジェミーの前に出した。ジェミーにはなぜかガムシロップと砂糖。ジェミーはムスッとした。コーヒーをそのまま飲むと、顔をしかめた。

「これは苦いからね。大人・・でも飲めない人は多い。だから無理に意地をはらなくてもいいんだよ?」

そう言いながらポッポさんはコーヒーを一口飲む。資料を見ながら、顔ひとつ変えずに飲んだ。ジェミーは嫌々ではあるが、目の前のガムシロップと砂糖をコーヒーに入れた。

「今回は心臓移植だ。確か君の心臓は前回の移植で子どもの心臓。今回の患者も前回の患者と同じ年齢。報酬は二千万、やってくれるか?」

「ええ、やりましょう。」

コーヒーを一気に飲み干すと、口の中を苦みに支配された。確かに、これは俺でもさすがにきつい。

「ではいこうか。ジェミーちゃんは明君の仕事を見てみるかい?」

「見な...痛っ!?」

手の甲をつねり、捻られた。

「うん!見たい!」

ポッポさんは笑顔でうなずくと、またエレベーターに向かって歩き出した。ジェミーめ…いつか覚えてろよ。


目が覚めると病院の天井。よかった、生きている。

「手術は無事成功したよ、ありがとう明君。」

「いえ、俺は不死身なのでこれくらいなんともないです。」

「はい、これは報酬金。後、これも受け取っておきなさい。」

ポッポさんは二千万円の小切手と一万円を差し出した。

「いえ、一万円はもらえませんよ。高額な絵も貰ってるわけですし…。」

「君らしいね。」

ポッポさんニコニコしながら一万円をふところにしまった。

「外でジェミーちゃんが待ってるよ。早く行きなさい。」

「はい。今日はありがとうございました。」

俺は頭を下げて病室を出た。外には絵を大事そうに抱えているジェミーがいる。

「お待たせしました。」

「遅い下僕!私を何時間待たせるつもりよ!」

ジェミーさんはさぞかしご立腹のようだ。

「しゃあないだろ、手術は全身麻酔で、手術後はなかなか起きられないんです。」

「むぅ…そうか。まあよい、帰るぞ。」

絵がでかいのか、ジェミーが小さいのかは分からないが、ジェミーの足取りはふらつく。

「持ちましょうか?」

「いい。これだけは自分で持ちたい。」

わがままジェミーさんにしては珍しいことを言ってる。こりゃあ明日の天気が心配だ…。


「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く