話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

名無しの英雄

夜廻

8話

俺は外でスライムの生息する場所に向かっていた
「……」
俺は地下室の1件以来人間というものを信用出来なくなっていた
なら、と考えたのは奴隷だった
この世界には奴隷が存在する
奴隷は主人の言うことを命に関わらない限り基本的に言うことを聞く
まぁその奴隷の罪によって制約が変わるんだけどな
例えば借金奴隷なら奴隷が本気で嫌がることは強要できないし、主人が奴隷に手を出した時点で主人との契約が切れるようになっている
これが犯罪奴隷だと嫌がっていても言うことを聞く
殺人などの罪になると命に関わることでも命令できたりする

「やっぱり奴隷は必要か…?」
俺はそう考えていた
何故かというと俺は飯が作れないのだ
作ったとしてもとても食べれるものじゃない…
しかも今はお金が無いので明日をどうにかしなくてはならない
「うーん……」
俺が悩んでいると
カサッと音がした気がした
俺は気になって後ろを振り向くといきなり騎士っぽい人が剣を振り上げていた
「!?」
俺はとっさに闇属性魔法を使って影の中に隠れた
「ちっ」
なんなんだあいつ!?
だが、闇属性魔法の影の中に入る魔法は息をすると魔法が解けてしまう
俺はとっさだったので長く息が続かない
騎士っぽい人はそれが分かっているのか影を見つめていた
俺は観念して影の中を飛び出して素早く気配遮断を使った
剣がこちらへ迫ってくるが防御力に部分強化をして体で受けるが流石部分強化、皮膚を切り裂くこと無く剣を弾く
俺は後退して距離を稼いだ
そして気配遮断を解く
「なんだお前?いきなり攻撃してきやがって」
「ふん、避けやがってムカつくなぁ。初心者が」
なんだこいつ?どこかの貴族の騎士か?
ん?よく見ると腕に紋章みたいなものがあるな、あれが貴族の紋章かな?探ってみるか…
「お前、貴族の手先だな?」
「……」
決まりだな、貴族の手先だなコイツ
「お前を殺すことは命令なんだ。仕方無いだろう?だから大人しく殺されろ」
「……お前…ナメてんのか……?」
「……は?初心者がなにを」
言い終わる前に騎士の首から血が吹き出していた
そして騎士の後ろには黒いマントを深く被った赤い目をした少年が立っていた
少年の目は全てを拒絶するような冷たさと狂気が滲んでいた
「あーあ、マントが汚れちまったじゃないかよォ」
少年の顔には笑顔が浮かんでいた
「さてェ、この騎士は何処の貴族の手先だァ?」
そう少年は言って騎士の腕の紋章を剥がす
「これをギルドかなんかに持っていったら手掛かりになりそうだなァ」
そう言って少年は首都に戻ろうと目を下に向けたら手首にある金色のブレスレットが見えた
「さて、帰ろうか。やらなきゃいけない事も出来たし」
少年は飛び切りの笑顔でそう言った


俺は今ギルドにいる
そこら辺にいる冒険者に聞き込みをしている
「ねぇねぇ、おじちゃんこの紋章に見覚えある?」
「んん?なんだ坊主?この紋章か?」
そう言っておじちゃんは紋章を見た
「あー、この紋章はこの王国のライ公爵のモンだが…」
「そっか、ありがとう!おじちゃん!」
そう言って俺はおじちゃんから紋章を返してもらう


次の日の朝王国では事件が発生していた
王国の重鎮であるライ公爵が殺されたのだ
ライ公爵は書斎の机の上で喉を切り裂かれ死んでいた
ライ公爵の書斎にはこれまでやってきた悪事に関する書類がばら撒かれていたらしい
王国の騎士が死体を調べたところ公爵には抵抗した跡が全くなく、綺麗に動脈を切られて声を出すこともなく死んでいた
これまでの悪事が明るみに出たのでライ公爵1家は親族も含め全て斬首の刑に処された





「名無しの英雄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く