名探偵の推理日記〜君が消えれば〜

耕一

エピローグ

「君が残した、魚が入った生臭い奴っていうのは……」
俺が話していると、彼女は俺の話を遮るようにこう言った。
「これ以上の説明を誰が望んでいるの?この物語の主人公である私は敗北し、すでにバッドエンドを迎えたの。主人公が負ける物語なんて面白くないでしょ?これ以上つまらない物語を伸ばす必要はない。さぁ、私を逮捕しなさいよ。」
そう言い終えると彼女は両手を前に差し出した。

 「結局動機が分からないままだったんですけど、小林刑事取り調べはどうだったんですか?」
俺がそう聞くと小林刑事がこう言った。
「何でも完璧な人間がいると物語がつまらなくなる、そう言ってましたよ。不思議ですよね、彼女を見ていると吸い込まれていくように人を引き寄せる能力があるんですよね。」
「そうですか。それが聞けただけでも今回は良しとしましょうか。あまり深く掘り下げてはいけないような気がするので。」
俺はそう言って警視庁をあとにした。

「名探偵の推理日記〜君が消えれば〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く