名探偵の推理日記〜君が消えれば〜

耕一

第6話『灯台下暗し』

 「それじゃあ、怪しいのは岩下君と坂田君ですね。」
小林刑事が言った。
「そうですね。」
俺はテキトーに返事をした。すると小林刑事がおもむろにポケットに入っていた物を俺に差し出してきた。
「おい!!なぜ今まで黙っていた!!これがあったのが最初から知っていたら一瞬で事件解決いていたぞ!!」
俺がそう怒鳴ると小林刑事は驚きの表情を見せた。
「え、ええぇぇーーーーーっっ!!!これそんなに重要な物だったんですか?」
「ここでじっとしていても仕方がない、さっさと俺たちが話を聞いた全員を現場の教室に集めろ!!」
俺はイライラしながら言った。

 「岩下君、もしかして君事件当時学校にいたんじゃないか?隠す必要はない。正直に答えてくれ。」
俺がそう言うと岩下は口を開いた。
「はい、でも俺はあいつを殺してなんかいない。」
「え?でも彼は事件当時家にいた証拠があるじゃないですか。」
小林刑事がマヌケな口を開いた。
「今の時代スマホで何でも出来るんです。恐らく彼は、ネット回線を通じて電化製品を操作したんですよ。」
俺が小林刑事にも分かるように解説してあげた。
「なるほどそうだったんですか。」
本当に分かっているかは分からないが、今それに触れるのは時間の無駄だと感じ話を進めた。

「名探偵の推理日記〜君が消えれば〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く