花弔風月

T木S夫

わたしとあたしと彼と兄 一

○立花翼→望月風香

 わたしは望月家の自分の部屋のベットで膝を抱えていた。

 眼が醒めたら、わたしは何故かこの部屋のベットに寝かされていた。

 きっと、新宿駅までお父さんとお母さんが迎えに来てくれたのだろう。

 記憶にははっきりと、ついさっきの新宿駅での一場面が残っている。

 わたしは全てを思い出していた。いや、全ての認識が正されたと言った方が正しい。

 ああ、確かに飛鳥は死んでいた。わたしは彼の遺体をはっきりと見ていた。

 にもかかわらず、わたしは事実を歪め、頭の中で改竄し、今日あの時までのうのうと幸福な毎日を生きていた。

 何て汚い女なのだろう。

「風香。入って良いかい?」

 ノックの音と共にお父さんの声が聞こえる。

「……どうぞ」

 スーッとドアが押し開けられて、そこには目元を笑わせているお父さんが居た。

「……大丈夫かい?」

 優しげな声が今はただ胸に痛い。

 床にクッションを置いてお父さんはそこへと腰を下した。表情は優しいままだ。

 部屋を沈黙が包む。

 わたしの言葉を待っているのだろう。

「……お父さん。飛鳥は死んでしまったのね」

「……うん。そうだよ」

 ああ、飛鳥。愛しい人。あなたは死んでしまった。わたしを守って車に轢かれて、わたしの目の前で死んでしまった。

「……わたしは逃げていたのね。飛鳥の死から。こんなにも長い間。これまでの幸福な日々が何の上に成り立っていたのかも考えずに」

「できれば、彼を責めないで欲しい。彼が居なければ僕達一家がどうなっていたのかも分からない。破滅していたかも知れないんだ」

「分かっているわ。けどね、けどね、私は自分で自分の中の最愛を歪めてしまったのよ? 翼君の人生を歪めてまで、私は飛鳥への想いを汚したの。汚い。わたしは汚すぎるわ」

 何て事をわたしはしてしまったのか。

 最愛の人の死から眼を背けたばかりか、最愛の人の肉親の人生さえ歪めてしまった。

 翼君を飛鳥と思い込んで、この四年間、翼君の人生を踏み台にして、飛鳥への愛でさえ歪めて、私一人だけがのうのうと笑みを浮かべながら生きていた。

 何て卑怯な女なのだろう。

 わたしの言葉にお父さんはゆっくりと頷いた。

「本当は、親として僕と玲子が風香の支えなければいけなかったんだ。でも、僕達は責任を放棄して、全てを翼君に任せてしまった。彼は否定していたけれど、今までの望月家の幸福は翼君の犠牲で成り立っていたんだ」

 そう。犠牲だ。

 翼君の高校生としての青春時代全てをわたしは犠牲にした。

 わたしが居なければ彼はもっと友と遊べただろう。

 わたしが居なければ彼は誰かに恋をしていただろう。

 わたしが居なければ彼はもっと幸せだっただろう。

 その全てをわたしは棒に振らせた。

 享受出来たはずの未来を全て潰した。

 ああ、わたしは何と浅ましく、笑っていたのか。

 何も言葉を出せなかったわたしを見て、お父さんは穏やかに口を開いた。

「翼君が風香に『ごめんなさい』と伝えて欲しいと言っていたよ。こちらの台詞なのにね」

 わたしは最後に見た翼君の姿を思い出した。

 彼は微笑を浮べてわたしへ〝ひさしぶり〟と言った。

 確かに〝ひさしぶり〟だ。あの時あの瞬間までわたしの頭の中で翼君の存在は消失していた。飛鳥には弟は居ず、妹のつぐみちゃんだけが居ると思い込んでいた。

 あろう事か、わたしは翼君の存在でさえ認識から消去していたのだ。

「……ッ」

 視界が滲んだ。

 感情が追いつかなかった。

 飛鳥が死んだ事への悲しみ、それを受け入れられなかった自分への怒りと情けなさ、翼君への罪悪感、全ての感情が渦を巻く。

「お父さん。わたしはどうすれば良い? 何をすれば良いの?」

 許されるとは思わない。

 わたしは飛鳥への愛を歪め、飛鳥からの愛を汚し、翼君の人生を歪めた。

 そんな罪深い女が許されて良いはずが無い。

 お父さんは言った。

「翼君から、もう一つ、風香に伝えて欲しいと頼まれていた事があるんだ。『兄の線香を上げてくれませんか』だって」

「……それは」

 この言葉にわたしは俯いた。

 飛鳥の墓前に立つ資格はわたしには無い。

 どんな顔をして手を合わせれば良い? 飛鳥が注いでくれた愛を全て侮辱したわたしが、今更どんな顔をして彼の死を悼めば良いと言うのか?

「……ごめんなさい」

 それだけ言ってわたしは何も言えなくなった。

 お父さんはしばらく無言でわたしを見つめていたけれど、その場から立ち上がって部屋から出て行く。

「とりあえず、今日はもう寝なさい。色々疲れただろうから」

 部屋のドアが閉じられたのを見て、わたしは両手で両目を押さえた。

「……飛鳥。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめ――」

 そして、わたしにだけ聞こえるように何度も何度も謝った。

 許されるはずが無いけれど。

「花弔風月」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く