話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転移するような人が平凡な高校生だと思った?

59話 帰還 II



「システィー?ちょっと手が離せなくなったから受け付けに回ってくれない?」

 ギルドでは忙しなく動き周る受付嬢やその他職員の姿があった。


 普段はここまで忙しくはない。なのにそれが一転、今では暇な人など一人として見当たらない。

 そんなに忙しくなってしまった理由。それはこのギルドで登録していた新人冒険者が死亡したからだ。

 いや、死者が出たと言うのは間違ってないが、正確にはダンジョンにて行方不明。そして恐らく仲間はおらず一人きり。そんな状況でもう2ヶ月も経っていた。その間、それらしい発見報告は一切無し。ギルドが死亡と見定めるのも仕方の無いことだった。

 この責任は、通常であれば一緒に行動していた教官が追うべきではあるが、今回は事情が違った。低層で現れるはずのないオークやミノタウロスが現れたという完全に異常な現象、しかもミノタウロスに至っては知性があった可能性があるという。

 元より知性のない魔物に知性が生まれる事の危険性。それを知らない者はこの世界にいない。

 曰く、新たなる魔王誕生である。

 そうなればもうギルドも責任など言っていられない。手遅れになる前に、そのミノタウロスを討伐しなければならない。

 報告によれば、その新人冒険者と共にミノタウロスは突如崩壊した穴に落ちたと言う。



 ギルドは犠牲者を出さないために、ダンジョンへの侵入を一時禁止させ、何度も調査隊を送った。だが穴はもう塞がっており。未だに足取りを掴むことが出来ていなかった。



 そして現在。王都に事情を説明し、兵を送り込んで貰えるように申請している。

 ギルドと国は、基本仲が良くない。ギルドは独立組織。国に税を払う必要も無ければ、命令でギルドを動かすことも出来ないからだ。だが、世界の危機となると話は別。そういう場合はお互いに協力し合う事にしている。




 忙しなく動く職員たち、そして、ダンジョンに潜れず、受けれるクエストの数が半分ほど減って、する事がない冒険者たちが、職員たちをただぼーっと眺める姿は、中々にシュールと言えた。


「なぁ、お前手伝ってくれば?」

「はぁ?なんで俺が。お前が手伝ってこいよ、お前いつも荷物持ちのクエストしかしてないじゃねーか。お似合いだろ」

「うるせーな!荷物持ち舐めんな!死ぬリスクゼロだぞ?めちゃくちゃいいクエストだうがっ!」


 そんなことを話し合うおっさんの冒険者達の姿は、掃除をしている時に、サボってるクラスの男子が「お前手伝ってこいよ」「やだよ、お前いけよ」と茶化す場面そのものだった。そのやり取りを受付で見守るシスティの顔は若干引いている。

(ティファ、元気にやってるかな......)


 ティファがこの街を出てってから、未だに手紙の一通も届いていない。早速ダンジョンに潜っていて送る暇がないのだろうとは分かるけど、少し寂しい。



(あ、早く仕事しないと)


 受付に立ったとしても、もう碌なクエストは残ってない為、発注してこようと言う人はいない。

 システィは目の前に山積みにされた書類にげんなりしながら、仕事に取り掛かる。


 ギルドのドアが空いた音が聞こえる。クエストを探しに来たのだろうか。だとすれば残念。もうほとんど残ってない。



 システィは早速書類に目を向ける。受付を担当しているとはいえ、人は来ないだろうと察し、集中モードで片付けにかかる。

「あのー、すいません」


 1枚目完了。2枚目。


「....受付さーん?聞こえてますかー?」

2枚目完了。3枚目。


 システィの仕事の速さはギルドでも目を見張るほどの速さである。だが、1回集中モードに入ると側の声は殆ど聞こえなくなる。


「んー....仕方ないな......えい」


「あ」


 受付前でずっとシスティを呼んでいた人物は、最後の手段として、システィが握っていたペンを取りあげた。


「...あ、すいませんっクエストですか?.............へ?」

「いえ、クエストと言うよりは〜、生還報告?」


「..................」


「あれ....?また固まった」

 システィの目の前にいる男性。ギルドで死亡したとみなされた新人冒険者。佐野 祐がそこに居た。


待て待て落ち着け私!まずはゆっくり深呼吸。ヒッヒッフー、あれこれで合ってるっけ?

 と、とにかく現状確認から!


 受付で仕事をしていたら話しかけられた人が確認はされていないが死んだはずの佐野さんが.....いや、そもそも本当にこの人は佐野さん?なんか顔つきが覚えのある顔とは全く違う気がするし、というか決定的なことを言えば片腕がなくなっている。

 ダンジョンから地上に上がるまでに失ったとも考えられるけど....

 それに、佐野さんはダンジョンで一人だったはずだ。なのに、その後ろにはには佐野さんと大差ないほどのボロボロの服を着た幼女が二人。あれ?もしかして危ない人?


「受付さん?」

「は、はい!...そのー申し訳ないのですが、名前をお伺いしても宜しいでしょうか?」

「佐野 祐ですけど」


 ............,私どうすればいいのかなぁ....いや、まだ佐野祐さんと確定した訳じゃない。なぜなら、もし佐野さんだとすれば私を知らないのはおかしいのだ。いや別にナルシストとかそういうんじゃないんだけど、私の名前も知ってるはずだし事務的なことではあるけど結構話した、覚えてないのはおかしい気がする。

取り敢えずこの人が佐野さんだと仮定して、聞いた見よう。

「目撃者によればミノタウロスと共にダンジョンの奥深くへ落ちたはずですが..もし落下で運良く生きていたとしても一緒に降りたミノタウロスをどう振り切ったのでしょう?」

 魔王になる可能性のある魔物を新人冒険者が単独で倒せるはずもない。ここで気軽に「倒した」などとは言わないだろうから、無難にミノタウロスが気絶している間に逃げた。というのが妥当。

「倒した」

「なるほど、やはり運良く逃げれたんで.....はい?」

「いやだから、倒したって言ってるじゃん。色々順序はあったけど、倒したよ」

 何を言っているのだろう、この人は。順序とか関係ないでしょ、そもそもあんな深い穴に落ちて助かったとしてもその階層でまともに動けるわけがない。

 やっぱりこの人は偽物で、ミノタウロスの恐ろしさを知らずにそんなことを言っているのだろうか。でも、それになんのメリットがあるんだろう。もう少し聞いてみようか。

「あのですね。貴方が対峙したミノタウロスは魔王になる可能性のあった魔物という事をご存知で?」

「へ、へぇそうナンダー。魔王ねぇ、そりゃ大変だ。でも良かったね。俺が倒したから解決ダヨ」

アウトの反応ですね。


「はぁ...イタズラなら結構です。お帰りください」

 佐野さんはティファを変えてくれた人だ。だから、その恩人の名を別人に名乗られるのは、メリット云々ではなく、少し苛立ってしまい口調が強くなってしまった。


「祐。私が変わります」

 何かと思えば、次は妙に無表情で空色の髪色をした少女が前に出てきた。

「私の名前はミスラといいます。そしてそこにいるもう一人の少女の名前はシュナ。祐とシュナとはダンジョンで出会い、共に100層まで辿り着き、そこにいたボスを倒して地上に戻ってきたのです」


「...は?」


 今この子なんて言った?100層?ボス?たったの三人で?


「ごめんなさい。ちょっと何言ってるかわからない」


 イタズラにしてもちょっとガチトーンすぎてブラックジョークにもなってない。


「祐。あれを出してください」

「「「「...........」」」」


 沈黙。誰も動かない。


「...ちょっと祐、早くしてください」


「いや、あれってどれだよ」

「クリアの証ですよ。言っておいたでしょう」

「言ってはいたけど、どれがその証なのかがさっぱりだわっ!!」

 あれ、なんか急に佐野さんが佐野さんっぽくなった気がする....どうしよう。もしかして......本物?


「赤い宝石のようなやつです」


 祐は言われた通りに袋にガサゴソと手を突っ込みそれらしいものを探す。

「これか?」


「それは灼光石しゃっこうせきですよ。よく見てください」


.....なんでそんな価値の低くて、落としただけで爆散する危険なだけの石を持っているんだろう..........やっぱり危険人物??


「じゃあこれか?」

「それは龍の心臓ですよ...って!何てもの持ち帰ってきてるんですか!!!」

「え?心臓なの?これ。こんな鉱石みたいなのに」

 

あ、早く警察呼ばないと



 そんな私の危ない人を見る目がミスラという少女に伝わってしまったのか、少し慌てている。

「ちょ、ちょっと貸してください」

 半ば強引に佐野さん(仮)から皮袋を奪取し、中身をガサゴソ。というかあの皮袋入ってるのってもしかして次元水晶...?ダンジョンでもごく稀にしかなく、商人なら喉から手が出るほど欲しがる希少品。それを持ってるとなると、余程の金持ちか、実力者ということに......

「はい、これです」

 そうして取り出したのは血のように赤く、禍々しい紋章が描かれていた手のひらサイズの宝石。

「こ、これは...!?」

 間違いない。ダンジョンの最下層にあると言われる〝核結晶〟だ。まだあのダンジョンのものとは分からないが、でも確実にどこかのダンジョンのもので間違いない。


「信じてくれましたか?んでそれと...」

 まだ要件は終わっていないのか、どういう訳か佐野さんの胸ポケットに手を突っ込んだ。

「はい、これで祐が本物だということが証明されますよね?」

 そこから取り出した冒険者カードを渡してくる。そこには確かに「佐野 祐」という名前が記述してあった。


 システィは口をあんぐりと開けて、信じられないと言うように驚愕している。


 そして、何も発さずに静かに祐へカードを返す。

 とにかく落ち着いて..ここで焦る私じゃ無いわ。まずは現実をよく見るの。そして
冷静さを忘れずに、まずはやるべき事をやるのよ。


「すー....はー.........職員のみなさぁぁぁん!仕事すとぉぉぉぉっぷぅ!」




この日1番の大きな声がギルド中に響き渡った。

「異世界転移するような人が平凡な高校生だと思った?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 空

    本当ですね。間違えてました!ありがとうございます!

    1
  • 白華

    おいおい目から手じゃなくて喉から手だろwwwww

    1
コメントを書く