話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転移するような人が平凡な高校生だと思った?

26話 レベル上げ(命懸け) II

「──そいつァ俺の獲物だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」


バッファローは1回突進すれば進路変更は難しい。そしてそれを狙い俺はバッファローに横からタックルをかましてやった。

「ブルァッ!?」

俺のタックルをもろに受けたブァッファローは、蹌踉めきながら進路を変えさせられて頭から壁に激突した。

「しゃおらぁ!」

そしてそれを横から見ていたミスラは....

「えぇー.......」

裕のキャラのブレ方についていけないようだった。

でかいネズミに関してはもう何が何だか分からなくて失神したようだ。

「おいおい、今ので死なないのか。」

壁に突っ込んだバッファローは体制を立て直し標的を俺に変えたようだ。
目は赤く染まり完全に怒ってるって雰囲気を全開に醸し出している。

そしてバッファローが地面を蹴って次は俺を仕留めるための突進をしてきた。

これではさっきの様に横から、とはいかないだろう。ジャンプしても多分飛び越えられない。そして横に避けるのも無理がある。それなら───

「幻刀!」

オークと戦った時に使ったと思えるスキルに賭ける事にした。

スキルが発現した途端。俺の隣にもう1人の俺が現れた。
あまり分析する余裕もないのでイチかバチか俺は右に、分身が左に避けた。バッファローは戸惑いながらもどちから一方に狙いを定め──

左の分身の方に突進した。

取り敢えず賭けに勝った俺は分身に指示を飛ばした。すると分身はバッファローに背を向けてある方へ走った。

背を向けた事によりこっちが本物だと感じたのか、バッファローは迷いなく突進を続けた。

そしてバッファローの角が俺の分身に刺さると同時に分身は消える。

驚きながらも突進の勢いが収まらないバッファローはそのまま前へ──

黒く濁った泉の方へ突っ込んだ。

「ブギャァァァ」

泉の真ん中まで盛大に突っ込んだバッファローは泉から出ようともがきながら陸に上がろうと試みる。 

すると次の瞬間。

ボキッ。とバッファローの足が折れた。

「うわぁ....」

触ったら溶けそうだなとか思ってたけど本当に溶けるとは....しかもどんどん肉が爛れてきてすごくグロテスクな感じになってる。
そしてついには骨だけになり、その骨も次第に溶けて無くなった。

「...さてと、」

俺は泉から失神してるようで死んでるフリをしてるネズミに視線を移す。

「まぁそうしてくれてた方がやりやすいな。」

「キュィ!」

死の危険を感じたのかネズミはガバッと起きて逃げようとするがネズミの周りには生憎壁しかない。逃げるなら俺の横を通らなければ無理だ。

そして堂々とそんなことをしてくるものなら容赦なく首を折ってやるという雰囲気の俺を察してネズミは動けない。

「.....待ってください。」

「なんだミスラ、今このダンジョンを脱出出来るかを決める戦いをしてるんだ。出来れば声を掛けないでくれ。」

「...なんでバッファローと戦ってた時より緊張してるんですか......変な人ですね。
それで?その魔物はなんですか?」

話し掛けないでと言ったのに全く聞かないな....

「経験値がめちゃくちゃ貰える魔物だよ。通常サイズはこんな大きくなくてもっと普通のネズミのサイズなんだけどね。多分こいつは今日まで奇跡的に生き延びて成長したんだと思う。」

「ふむ、それで?」

「.....馬鹿にならないほどの経験値を持ってるはずだ。だからコイツだけは逃せない。」

「......そうですか。」

やっと説明も終わり俺は仕留めに掛かろうとする、だが。

「ですが経験値が多く貰えるという理由だけで殺されるというのは流石にあんまりではありませんか?」

何故かミスラは話を続けてきた。そしてその意味を俺は今の言葉で分かってしまった。

「ミスラ、こいつは魔物だ。確かに見た目は可愛いと思うミスラの気持ちも分かる。だけどここは弱肉強食なんだ。」

「べ、別に可愛いとか思ってませんし、勘違いしないでください。」

なんてベタな....

「じゃあほいっと」

コキッ  という音とともにネズミは絶命した。

「ああああああ!!!」

「うぉ!?」

急に真後ろで大声で絶叫したため驚いてしまった。

っというかそんなにショックだったのか....
少し涙目だし。

「貴方に人間の心はないんですか!」

「ミスラ、1つ提案があるんだ。」

「....なんですか....」

「もしもまたこのネズミが現れてまた俺が倒すとするだろ?その時に同じショックを受けたのなら俺を煮るなり焼くなり好きにしてくれて構わない。だから今は取り敢えずその俺に向けている手を退けようか。」

「それになんの意味があるんです?」

キッと睨んでくる。

いつもより感情が豊かだな〜.....

「まぁ少し寿命を延ばしたいだけだよ。」

本当のことを言ったら多分上手くいかないだろうからここは誤魔化す。

「.....いいでしょう。いつか罰は受けてもらいますからね。」

こうして取り敢えずは落ち着いたミスラであった。

「異世界転移するような人が平凡な高校生だと思った?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く