話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

初恋なんて叶わない!と、思っていたのに・・・!?

白咲弥生

突然な・・・

「はぁ、暇」

そう呟いたのは、フェイール皇国この国の第2皇女であるシエリル・アルカ・フェイール。歳は17である。
この国の民の間では『月の神女』とか呼ばれている。


先程まで彼女は本を読んでいたのだが、読み終わってしまったようで、暇を持て余しているようだ。

  コンコンコン

「はい、どうぞ」

「失礼いたします」
「あら、ミリアーノ。どうしたの?」
「シエリル様に陛下から伝言がございます。」
「お父様から?」
「はい。
『この後、お前に話があるから私の部屋まで来なさい。』とのことです。」

  シエリルの専属侍女のミリアーノ・スターリアが部屋へ入り、シエリルへ要件を伝えた。
ミリアーノ彼女は、古くからある皇家に忠誠を誓っているスターリア家の次女でシエリルの親友でもある。ちなみに彼女の姉はシエリルの双子の姉、アイネットの専属侍女として働いている。もっと言うと、彼女達の母、イリミールは元王宮侍女長で元王妃の専属侍女兼親友である。

そして、シエリルはいきなりの呼び出しに驚きつつも返事を返した

「わかったわ
   20分後に向かいます、と伝えて。」
「承知しました。失礼いたします。」

 バタン

う~ん、お父様は何のお話なのかしら?

リオネルに呼び出されるような事をした覚えは全くないためシエリルは不思議に思っていた。が、そんなに長々と考えている時間もないので、さっさと仕度を始めた。





 
 こんな感じかしら?あらもう時間ね

予定されている時間の10分ほど前になりシエリルはミリアーノを呼んだ。

「ミリアーノ?いるかしら?」
「はい、シエリル様」
「そろそろ時間だから、お父様のところに行くわ」
「はい」






「初恋なんて叶わない!と、思っていたのに・・・!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く