話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

性意戦争

ペクヤ

第21話 会議室から脱出する方法

私たちが会議室に閉じ込められてから12時間が経過した。未だに人は誰1人やってこない。佳奈かなさんは、未だに寝ている。どれだけ寝れば気が済むんだこの人は。とりあえず寝ている佳奈さんをまた、起こす事にした。

「佳奈さんいい加減に起きて下さい。」

「それは、無理な話だ。」

佳奈さんが訳の分からないことを言ってきた。私は起きない佳奈さんを無理やり起こしてた。

「佳奈さん本当にどうするんですか?会議室に閉じ込められてから12時間が経過しているんですよ。」

「まぁまぁ、そんなに焦るな。そこにある、窓から出ればいいだろう。」

「佳奈さんここ何階か分かって言ってます?ここ15階ですよ。こんな所から飛び降りたら死にますよ」

「そう言えばここ15階だったな。」

「もし、飛び降りても平気な階だとしても。ここの会社の窓は強化ガラスを採用しているから簡単には壊れませんよ。」

「強化ガラスは、先の尖ったもので叩くと簡単にこわれる。」

強化ガラスの壊しかたを平然と教える佳奈さんを見て私はため息を吐いた。

「会議室の何処に先の尖ったものがあると言うんですか?」

「見た感じ先の尖ったものはないな。」
佳奈さんは会議室を隅々まで探したが尖ったものは無かった。

「というか、強化ガラスを壊すんじゃなくて、窓の鍵を開ければいいんじゃ……」

「この会社の窓には鍵が付いていないよ。」

私は驚いた。窓に鍵が無いことに。

「性意戦争」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く