話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

性意戦争

ペクヤ

第18 参加者選び

参加者選びはとても簡単だった。ひたすら、『謎の光』と書かれたボタンを押すだけの単純作業。参加者選びが終わって参加者の細かい情報収集に明け暮れていた。

「参加者の情報を回収するぞ。」
セタが部屋全体に聞こえる声で言っている。

「これで参加者全員の情報が集まった。この情報を元に能力を決める。A班は会議に参加を。」
といって、セタは会議室に入っていった。

「A班? 私の入る班か。」
A班の私は会議室に向かう途中で、寝ている佳奈かなさんを起こしに行った。

「佳奈さん。会議ですよ。起きて下さい。」
「会議?なんで、そんなのに出なくちゃいけないんだ?」
「A班だからですよ。」
「そう言えば、A班だったな。」
「行きますよ。もうそろそろ時間になるので。」
「今行くから待ってて。」
「なるべく速くして下さいよ。」
~5分後~
「お待たせ。」 
「もう行きますよ。」
私は佳奈さんを置いて会議に入った。セタさんと、A班の人達がすでに席に座っていた。
会議にある、ホワイトボードには、議題がかかれていた。
『能力決め』とその下に色々な能力名が書かれていた。

「性意戦争」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く