話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

性意戦争

ペクヤ

第16話 運営本部

「初めまして。由美ゆみさん、私は性意戦争主催者のセタビックと言います。気軽にセタとお呼びください。」

と言っている男が目の前に立っている。

「セタさん。ここは何処ですか?それと、性意戦争とは何ですか?」 

「私としたことが、それを忘れていたよ。ここは、性意性欲の運営本部だ。 」

『性意戦争 年に一度行われる戦争 生まれつきもっている能力を使って元の世界に戻るために最後の一人になるまで勝ち残る戦争』 

「ざっと、説明をするとこんな感じだ。」

とりあえずこの場所と性意戦争については、分かった。が、まだ一つだけ謎が残っている。

「なぜ、私が、性意戦争の運営本部に?」

それが、1つだけ残っていた謎がだった。

「そのことは、彼女から話してもらおう。」

とセタが言うと部屋の扉が開いた。

「私が説明するんですか?面倒なのでセタがやってくださいよ。」

彼女は、入ってくるなり文句を言っている。

「そんな事言わないで、説明してよ。」

「仕方ないですね。由美は、謎の光を見ましたね。」

「あの光のことか。」

「謎の光を見た者は能力の封印が解放されるが、100人に1人謎の光を見ても能力が解放されない人がいる。
謎の光を見て能力が解放された人は、性意戦争に強制参加する事になるが、能力が解放されなかった人は、運営の仕事を任される」

説明されたが、頭が追い付かない。


「性意戦争」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く