話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

性意戦争

ペクヤ

第17 霧島

「そんなに沢山説明されたら、頭が追い付かないのは、当たり前だよ。」
「まだ、聞いていないのですが、あなたの名前は」
「そう言えばまだだったな。霧島佳奈きりしまかな。」

私は、その名前に聞き覚えがあった。そう、私の初恋の相手

霧島悠太きりしまゆうた』と、同じ名字であることに。

「そんなに驚いた顔するなよ。私は霧島悠太の姉だった。」
姉だった。私はその言葉に違和感を感じた。

「悠太に姉が入るなんて聞いたことがない。本当に姉なのか?」

「悠太から、いやこの世にいる私の事を知っている人物から私の記憶だけ消えているからな。知らなくても当然だ。」

消えているどう言うことだ。

「それなら、私の記憶もか?」

「いや、まだ記憶は消えていない。あと、24時間で完全消去が始まる。」 
あと24時間か。

「ここにいる時点で由美に拒否権はない。早速だが、初仕事をしてもらいたい。」
「仕事ですか。何をすれば?」

「性意戦争に参加する参加者選び。」
「いきなり参加者選びですか。」
「来月には、性意戦争が開戦するから、そろそろ選び始めないと怒られるからな。」
佳奈は、堅苦しいしゃべり方ではなく、友達感覚で仕事について説明している。

「どのように選べばいいのですか?」
「そんなのほぼ適当だよ。」
「適当ですか?」 
「謎の光を出して反応があったのをだけ、カラグリアに送れば良いだけだから簡単簡単」
「そんな選び方でいいの簡単な不安だけど。」

「性意戦争」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く