話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

性意戦争

ペクヤ

第10話 磁石と高速度撮影

霧島悠太きりしまゆうたはまだ見つからないのか!」

大柄な男は怒鳴り散らしている。
大柄な男の部下らしき男が最新の捜索結果を言った。

「高台跡地周辺をくまなく捜索していますが血痕の一つ見つかりません。」


「お前らにこの仕事さつじんを任せたのが駄目だったか。」
大柄な男が言いながら、目の前に立っている2人を見た。
そこにいたのは、磁石マグネットの能力者、冷泉翔れいせんかける高速度撮影スローモーションの能力者、穂波絢香ほなみあやか

「確かに標的は磁石マグネットの上に乗って足の自由を奪われていた。なのでその場から動くことは出来ないなのに、霧島悠太は動くことが出来た。高台は高速度撮影スローモーションが発動していたから、逃げること出来ない。」

ぶつぶつ言っている冷泉翔

「結論として死んでいるか、生きているかの二つしかないです。」

穂波絢香が翔より先に答えた。

「お前たちは引き続き霧島悠太を探せ。見つけ次第殺せ。」
大柄な男はそう言った。

「霧島悠太。お前の能力はこの世界に存在してはいけない。」
と言って大柄な男は部屋を出ていった。

「性意戦争」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く