話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

性意戦争

ペクヤ

第9話 再開

霧島悠太きりしまゆうたは天井を見上げている。何回かまばたきをし、首もとを触ってみたりして、首が繋がっている事を確認した。

「俺生きてる。」

「起きたか。久しぶりだな、悠太。」

謎の女が俺の事を覗きこむように見ていた。
俺はこの女を何処がで見たことがあるが、何も思い出せない。

「その表情だと何も覚えて無いようだな。」

謎の女は、俺の顔の上に手をかざした。   

「記憶解放」

と謎の女は言った。それと同時に俺の記憶は全てを思い出した。彼女の名前を俺は口に出した
 
由美ゆみ

「思い出したてくれたか。」 

俺は由美に再開した。

「性意戦争」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く