話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

性意戦争

ペクヤ

第8話 真っ白な部屋

霧島悠太きりしまゆうたは真っ白な部屋に立っている。

「ここは何処だ。」

辺りを見回すと真ん中に一人の人間が胡坐あぐらをかいていた。

「やぁ、始めましてだね。霧島悠太君。さて、君はなぜこの真っ白な部屋に入るのか解るか?」

思い返してみる。何かあったけ?ふと思い、足元を見てみると、あの時にぶっ飛んだはずの足首かついていた。

「あれ、足首がついている。」

足首があるのを確認して、直ぐに首元を触った。

「首もついている。しかも傷跡が両方とも残ってない。」

「そうか、俺死んだからここに入るのか。」

謎の人間がニヤリと笑った。

「お前が、持っている適応力さえあれば、考えずにわかることだ。」

と言った。

「なぜ、お前が死んだのか教えよう。あの高台の入口付近には足を動かせなくなる、磁石をお前はまんまと踏んでしまった。しかも高台には、スローモーションの能力が付けられていた。」

「死んだってことは、もう性意戦争に復帰することは出来ないということか。」

「いや、死体が確認されていないから、お前は今行方不明扱いにされている。何事も無かったように戦場に戻れば性意戦争に復帰することができる。」

俺はホッとした。復帰出来るならそれでいいか。

「どうやったらカラグリアに戻れますか?」

「そろそろカラグリアに戻さないと上に、怒られちまう。」

謎の男がそういうと、指パッチンが鳴った。

「パチ」

という音と同時に霧島悠太は目を覚ました。

「性意戦争」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く