話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

性意戦争

ペクヤ

第5話 性意戦争 開戦

性意戦争が始まる10分前に今回の参加者全員が広場に集められた。そこには松井陽翔まついはるとがいた。
「今回の性意戦争の監視、管理を担当する、松井陽翔だ。今からお前らにカウンターを配布する。このカウンターは、ここにいる参加者一人死ぬごとに1減る。今回の参加者は1000人だから、1000からスタートする。ここから開戦させると直ぐに終わってしまうから、全員違う場所に移動する。以上だ。」

話が終わってから、直ぐに全員の足下に魔方陣が現れ、移動した。それから、一分後に

『性意戦争 開戦』
の合図と共に、始まった。

カラグリアのそこかしこで、戦いが始まった。
序盤から、死んでしまっては意味がないから、見えやすい高台に移動することにした。移動している、間にもカウンターの数は減っている。
《990》とカウンターには、表示されている。

「カウンターをみるのに集中していたら、死ぬぜ」

と背後から聞こえた。

相手は剣を構えて斬りかかって来た。その剣は、炎をまとっていた。俺は、とっさに左に転がって、直ぐに起き上がり爪先に力を入れ走った。相手の目の前に現れみぞおちを殴った。剣で、心臓を刺した。相手は結晶の塊になり、砕けて消えた。カウンターを確認した。《989》になっていた。






「性意戦争」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く