話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

性意戦争

ペクヤ

第2話 転移準備

霧島悠太きりしまゆうたは、性意戦争の参加条件を満たしました。よって霧島悠太をカラグリアに転移します。』
そんな声が脳に直接聞こえてきたそのあと、目の前が眩しく光った。
目を開けて見るとそこはさっきまでいた、裏路地ではなかった。上は星空見たいな天井、下は大理石の床。ここは何処なんだ。
正面を向くと一人の女が立っていた。

「あなたは、霧島悠太ですね。私は、カラグリア担当の結香ゆうかと申します。」

「結香さん、いったいここは何処ですか?」

「それは、後々話します。悠太さんは、連続行方不明事件については知っていますね。」

「証拠が掴めず警察が騒いでいる事件ですよね。」

「それが分かっているなら話は早いです。単刀直入に言うと私がその誘拐犯です。」

「あなたがですか?そんな事をする悪い人には見えませんが。」

「人は見た目で判断しない方がいいですよ。その話は置いといてなぜ、あなたは異世界都市伝説について知っていますか?」

異世界都市伝説?そんな都市伝説は聞いたこともない。

「知りませんけど。」

「知らないほうが珍しいです。知らないあなたの為に説明しましょう。」

『異世界都市伝説は、異世界に転移してしまう都市伝説。謎の光に包まれた先はみたこともない場所に転移そこが、異世界』
「と言う都市伝説がありますが、本当のことです。誰ががエープリルフールで流した都市伝説でしたが、それを利用しています。」

「異世界都市伝説についてはわかった。脳に直接聴こえてきた、性意戦争についても教えてくれ。」

『性意戦争 年に一度行われる戦争 生まれつきもっている能力を使って元の世界に戻るために最後の一人になるまで勝ち残る戦争』

『生まれつき持っている能力 謎の光を見たら能力の封印が解放される。』

「説明はこんなものでいいでしょう。今からあなたを、カラグリアに転移します。では、性意戦争で最後の一人になるまで勝ち残ることが出来たら会いましょう。」

足下に穴が開く、滑り台のように滑って降りていった。目を開けるとそこは元の世界には、存在しない建物、存在している食材があり、ここが異世界なのか。
ふと、ポケットを触ってみると手紙が入っていた。内容を確認してみた。

『カラグリアの中心地にある、タノギ工房に行って防具&武器を受け取りに行き、ナタノ宿屋があなたの活動の中心になります。性意戦争は来月から開戦します。」

これが、手紙の内容だった。何をしたらいいか、わからないから手紙の通りに行動してみることにした。



「性意戦争」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く