話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

蘇ったら、世界が平和になっていた!?

日向 葵

どうやらギルドは騒がしいようで……

 毒のない上薬草は残念だったけど、無事に薬草を採取したから問題ないもんね。
 それに、嬉しい精霊アイテムもゲットしたしね。
 よし、早速報告に行こう!

 という訳で、冒険者ギルドにやってきたんだけど、何やら騒がしい。
 いろんな冒険者が、あっちに行ったり、こっちに行ったり、なんだか大変そう。
 一体どうしたんだろ。気になるな、気になるな!
 ミランダお姉ちゃんに聞けば、何かわかるかな。

 さてさて、ミランダお姉ちゃんはどこだろう。周りを見渡してみても、ミランダおねえちゃんの姿が見えないぞ。
 あれれ、どこだろう、どこだろう……あ、いた。
 なんか、綺麗なお姉さんとお話をしている。
 綺麗なお姉さんは、今にも泣きそうな表情をしているなぁ。一体、なぜ、なぜ!

『直接聞けばいいじゃないですか。ベルゼ様らしくない。
 そんなにミランダが怖いんですか?』

 べべべ、別に怖いとかじゃないんだからね!

『その感じだと……図星ですか?』

 うぐ、だ、だって~
 ミランダお姉ちゃん、怒るとすっごく怖いんだもん。

『でも、今は怒っていないでしょう。なら大丈夫なはずでは?』

 お、よく考えたら、今は怒っていないじゃない。
 じゃあ大丈夫だね!

『ベ、ベルゼさま。怒られるフラグを立てているような気がするんですが……』

 いやいや、そんなことある訳ないじゃん。
 ベルフェって心配性だね。
 見てなさい!

「ミランダお姉ちゃん!」

『あ、ベルゼ様が早まったことを!』

 もう、うるさいな。ベルフェは黙ってて!

『はう』

「ん、ベルゼちゃん。もう帰ってきたの?」

「うん。薬草をいっぱいとってきたよ。それで、なんで冒険者ギルドがこんなにも騒がしいの?」

「ん~これはベルゼちゃんに話しちゃいけないような気がするんだけど……」

「別にかまわん。今は人手が欲しいからな」

 なんだろう?
 綺麗なお姉さんがミランダお姉ちゃんに話しかけたけど。
 ちょっと偉そうだな。
 なんだこいつ。

「でも、ギルマス。この子はまだFランクですよ。あれは絶対に無理です」

 ん、ミランダお姉ちゃんは、いまなんて言った?

『ミランダと話している女性をギルマスと呼びましたけど……』

 あれがギルマス。この冒険者ギルドのトップ!

「どうしたの、ベルゼちゃん。変な顔しちゃって」

「べべべ、別になんでもないよ。ギルドマスターの事、なんだこいつ、とか思っていないんだからね!」

「ちょ、ベルゼちゃん何言ってんの!」

「だって、だって。ギルドマスターの顔なんてわかんなかったんだもん。ミランダお姉ちゃん、怒ってる? 怒らないよね?」

 うう、怒られちゃうのかな、怒られちゃうのかな。
 ミランダお姉ちゃん怖いんだもん。
 いくら、虐殺大好き大魔王でも、怖いものはちゃんとあるんだよ?
 し、知ってた?

『またですか?
 本当に、誰に言っているのやら……』

 そんなのわかんないよぉ。
 ガクブル……

「ちょ、ベルゼちゃん。私、怒らないからね。大丈夫だからね。そんなに震えないでよ!」

「ひう、ガクブルガクブル」

「ほら、お嬢ちゃん。大丈夫?」

「う、うん。おねえちゃ……じゃなかった。ギルドマスター、ありがとう」

「ふふ、いいのいいの。私はギルディっていうの。よろしくね。ベルゼちゃん」

「あれ、私の名前……そっか。ギルドマスターだからか。うん、よろしくなの、ギルディお姉ちゃん。ところで、なんでこんなに騒がしいの?」

「あの、ギルマス……」

「ああ、わかってるよ。新米の冒険者は行かせたら危ないけど、話をして釘を刺しとくぐらいはしないとね」

「はぁ、分かりましたよ。ギルマスの好きにしてください」

 ワクワク、ワクワク。一体どんな話が聞けるんだろうな。
 すっごく楽しみだよ。

「実は、ここら辺で、キングキラーベアが現れたんだ。
 そして、そいつが目撃された場所に、私の大切な娘が向かっちゃったんです」

「へーへー、それで、それで」

「ちゃんと聞きなさい!」

「ひゃ、ひゃい!」

 うお、ギルディおねえちゃんも、怒るとめちゃくちゃ怖くなりそう。
 この人も怒らせないようにしないと……

「ーーという訳で、私の娘を助けるために、みんなに動いてもらっているんだ」

 うん、大体わかったよ。
 ここら辺に出現するはずがない、超危険な魔物、キングキラーベアが現れた。
 んで、目撃があった場所に、別の依頼でギルディお姉ちゃんの娘さんが行っちゃったと。
 行ったあとで気がついたもんだから、冒険者ギルドが大騒ぎってわけね。
 なるほど、なるほど。
 これは一大事だね。

 ちらっと、ギルディお姉ちゃんを見てみると、へへへ、と笑った。
 でも、その笑顔はちょっぴり歪んでいて、不安がにじみ出ている気がする。
 やっぱり、娘が心配なんだよね。
 ふふ、このシチュエーションはあれができるかも。
 しかも人助けをして、お礼が貰える可能性あり。
 楽しい娯楽にお礼、まさに一石二鳥だね!
 これは、やるしかないよね。

『あ、ベルゼ様。やめたほうがいいですよ』

「私に任せ……いたい……」

『あ、やらかした。怒られるフラグを完全に立ててしまったみたいですね』

 ベ、ベルフェうるさい!
 うう、私に任せなさいって言おうとしたら、ミランダお姉ちゃんに叩かれた。しかも頭。とっても痛い……

「ベルゼちゃん。一体何を言おうとしたのかな?」

「私が探してきてあげるって言おうとしたんだけど……」

「それは嬉しんだけど、無理はダメよ。ミノタウロスとキングキラーベアじゃ、全然違うの。わかった?」

「わからない!
 私なら、そんなものぱぱっと倒せるよ!」

「あぁ、そんなこと言うのはこの口か、この口なのか!」

「ちょ、ミランダ!」

「ギルマスは黙っていてください!」

「は、はい」

 うぐ、顔を鷲掴みするのやめてほしい。
 ていうか、ギルディお姉ちゃんがミランダお姉ちゃんの一言で黙っちゃった。
 やっぱり、ミランダお姉ちゃんの方が迫力が……

「ねぇ、今失礼なこと考えたでしょ?」

 私は、フルフルと首を横に振った。
 そうしないと殺されると思ったからね。
 背筋がゾクゾクして、体が震えてきたからね。

「まぁいいわ。ゆっくり話をしましょうか」

 ミランダお姉ちゃんの眼光により、体が震え始め、私が見ている世界が歪み始めたよ。
 うん、瞳に涙が溜まっているんだろうね。
 私は一体どうなるんだろう。
 うう、怖いよ、怖いよ……


***


「ぐす、ご、ごめんなさぁぁぁぁい」

 私は泣きながら冒険者ギルドを走って逃げた。
 そうしないと、心が保てそうになかったんだもん、ふぇぇぇぇぇん。
  
 ぐすん、ミランダお姉ちゃん、とっても怖いよ。
 なんで三時間もお説教されなきゃいけないのよ。
 私は悪いことしてないのに!

『ベルゼ様。そろそろ泣き止んでくださいよ。
 激写しますよ?』

 ……そんなことしたら、消すからね!

『ベルゼ様、怖! めっちゃ怖!』

 いいもん、いいもん。
 もう冒険者ギルドの外に出てやったもん。
 だから、もう関係ないもんね!
 ぐすん、勝手に助けに行くから!

『ミランダにあれだけ怒られて、派手に泣いたのに助けに行くんですか?』

 いいじゃない、怒られたら怖くて泣いちゃうもんなんだよ。
 でも、助けに行かなきゃいけないの!

『その心は?』

 たぶん私のせいだから。

『まぁ、そうでしょうね。
 ベルゼ様が調子こいて狩りすぎたせいで、食料となる魔物がいなくなったことが原因ですね』

 でしょ!
 そして、私には魔王だから、どうにかできる力がある。
 だったら助けに行かなきゃいけないじゃん!

『魔王さま、変わりましたね……いや、全くかわてませんね。
 なんですか、その手に持っているものは!』

 ……せ、精霊アイテムだけど?

『私には分かりましたよ。分かってしまいましたよ。
 ベルゼ様がやりたいことはつまり……』

「ベルフェ、強制ログアウト!」

 ふう、うるさいベルフェと接続を切ってやったぞ。

『ベルゼ様、強制アクセス!』

 な、なんだと!

『どうせ、遊びに行くんだから、私も一緒でいいじゃないですか!
 なんで接続切るんですか。
 泣いちゃいますよ』

 だってだって、ベルフェがグチグチ言うんだもん。

『はぁ、ベルゼ様が変わったような、変わっていないような?
 これは喜んでいいんでしょうか?』

 ふん、ベルフェなんて勝手にすればいいのよ。

 まぁ、助けに行く前に、しっかりと確認してからにしないと。
 右よし、左よし、下よし、上よし、後ろよし。
 誰もいないね。
 これで、私が外に出ても、ミランダお姉ちゃんにバレる心配ないよね?

「秘技、空間転移!」

 空間が歪んで、視界に映る風景が次第に変わっていく。
 移動した先は、いつも狩りとか採取をしている森の奥深く。
 日も落ちかけていて、若干暗くてよく見えない。

 ベルフェ、サーチして。

『サー・イエス・サー』

 まわりは暗くなってきたけど、目に魔力を通せば問題ない。
 人間みたいに、明かりの魔法なんて使わなくても、悪魔としての魔力暗視で、どんなに暗くてもちゃんと見える。これで問題ない。
 あとは、見つけて助けるだけ。

 ふふ、精霊アイテムの出番かな?

『ベルゼ様、ここより西方に反応があります。
 どうやら既に襲われているようです。
 急ぎましょう!』

 了解、ベルフェ。
 これで、これで私がやりたい遊びができるぞ。
 しかも人助けまでして、私って超いい子。
 ……所詮魔物だし、ちょっとぐらい遊んでもいいよね?
 と、とにかく、急がないと!

「蘇ったら、世界が平和になっていた!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く