話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

蘇ったら、世界が平和になっていた!?

日向 葵

討伐依頼を受けちゃいけません!

 酒瓶を無事に回収して、ティルミちゃんをベッドに寝かしつけたあと、私は冒険者ギルドに向かった。

 いやぁ、ティルミちゃんが、なかなか酒瓶を離してくれなかったから大変だったよ。
 でも、無事に取り上げてやった。
 ぐっすり眠るティルミちゃんは、少し泣いているようにも見えた。
 一人……いや、ブラックウルフたちがいるけど、きっと寂しいんだろうね。
 ブラックウルフたちがしっかり守ってくれると思うから、ティルミちゃんに危険が及ぶ心配をしなくて済むよ。
 だから、心配しなくても、一人で外に出られるわけ。
 いつも通り、ぼっちで冒険者ギルドに向かうのであった!

 わたしがなぜ、律儀に冒険者ギルドで仕事をしているかというと、遊ぶための資金集め。
 派手に奪ってもいいんだけど、それだと犯罪者になっちゃうしね。
 犯罪者になったら、わたしがこの世界を楽しめない。
 ルールはしっかり守りましょうってね。

『ベルゼ様って、本当に悪魔ですか?』

 いや、私は悪魔だからね。
 ただ、虐殺とか、酷い事をするのに飽きてしまった、心優しい悪魔だからね!

『いや、虐殺とかに飽きたって言っている時点で、心は優しくないんじゃ……』

 ぐはぁ、ベルフェに正論言われた気がする。

『ふふ、ベルゼ様がかわゆす。
 もっと楽しくお喋りしましょうよ!
 もっと私を構ってちょ』

 あ、冒険者ギルドに辿りついた。
 だから、もう黙ろうね、ベルフェ。

『うう、いつも通りのお約束、ありがとうございます……ぐすん』

 これで、ベルフェが黙るでしょう。
 冒険者ギルドで、ラピスお姉ちゃんやミランダお姉ちゃんと話している時に、ベルフェが喋りだすと、邪魔なんだよね。
 話があっちこっちでされて、よくわからなくなる。

『ベルゼ様が、私をそんな風に思っていたなんて……』

 はいはい、ベルフェは無視無視っと。
 冒険者ギルドの中に入って見ると、ラピスお姉ちゃんが食事をしていた。
 なんか、お肉っぽいものを、パンと野菜で挟んだ食べ物を食べている。
 うん、とっても美味しそう!

「ラピスお姉ちゃん、おはよう!」

「あ、ベルゼちゃん、おはよ~」

「あれ、この前一緒にいた、ほかの冒険者は?」

「ちょっと聞いてよ。みんなひどいのよ!」

「どうしたの?」

「私の冒険者ランクってDなんだけどね。
 ほかのみんながCランクになっちゃったのよ」

「うんうん、それで、それで」

「それでね、私は捨てられちゃったのよ……」

 ん? 捨てられた?
 一体どういう……ああ、なるほど。
 王都の冒険者ギルドは、Cランク以上か学校卒業並びに在学生のみしか依頼を受けられない。
 その分、質と報酬がいいんだね、きっと。
 で、ラピスお姉ちゃんだけが、ここに取り残されて、ほかのみんなは王都に行ったと。
 哀れだな~ラピスお姉ちゃん。

「私も、もう少しでCランクになれるのに。
 みんなひどいよ」

「ねぇ、ラピスお姉ちゃん。
 大人の定義って知ってる?」

「私の話……ちゃんと聞いてた?」

「うん、聞いてたよ。でも関係ないよ。
 捨てた奴らなんて忘れてしまえばいいの!
 そんな酷い人より、Cランクになって、もっといい仲間を見つけて、見返してやるほうが楽しいの!」

「そうね。そうよね。私、頑張ってみるよ。
 んで、大人の定義だっけ。それはね、年齢と仕事よ」

 あ、やっぱり年齢は関係してくるんだ。
 でも、仕事をすれば大人の仲間入り。
 ん、よくわからない。

「年齢は二十歳以上になったら大人だね。
 だけど、仕事をしていない人たちは、おっきな子どもって世間一般的に言われているの。
 だって、仕事をしていない人を大人と認めるわけにはいかないでしょ。
 で、子どもでも仕事はできるのよ。
 仕事をしている子供のことを、大人子どもって言うのよ」

「そんなものなのかな?
 でも、お酒とかは、二十歳以上だよね?」

「ん、違うわよ。
 大人になったら飲めるの。
 つまり、仕事をしていれば、大人の仲間入り。
 仕事をなくすと子どもに逆戻り」

「ややこしいよ……
 よくわからない。一体どうしてこんなルールになっちゃったのかな」

「ああ、それはね。神様のお告げだよ。
 この世界を作った神様が提示したルールにしたがっているのよ」

 あ、神様が馬鹿だったのがダメだったよ。
 しかもこの世界を作ったとか、嘘言っちゃってるし。
 いや、わたしがダメにした世界を、ここまで修復させたんだから、作ったと言っても過言ではないかも。

「なんか、謎が深まったような気がするの。
 でも、ありがとう。ラピスお姉ちゃん。
 私も、お仕事してくるね!」

「はい、いってらっしゃい。
 怪我だけには気をつけるのよ」

「は~い」

 私は、ラピスお姉ちゃんに手を振ったあと、受付に向かった。

 いつも通り、常時依頼の魔物討伐をやろうとしたんだけど……

「ベルゼちゃん。あなたはこの依頼を受けちゃいけません!」

 いきなり、ミランダお姉ちゃんに怒られた。
 なして?
 私は、依頼通りに魔物を討伐しただけだよ。
 まぁ、討伐しているのは、わたしが作ったウルフゾンビなんだけどね。
 悪いことしていないのに、怒られる。
 世の中理不尽で溢れているよ……

「あ、理不尽に怒られているって顔している。
 でもね、ベルゼちゃんが狩りすぎるのがいけないのよ」

「え、どういうこと?」

「ベルゼちゃんが、生・態・性を壊すレベルで狩りをしているからいけないのよ。
 しかも、他の冒険者が魔物不足で仕事を失くす。
 みんなが迷惑しているの」

「あう、普通に狩っていただけなのに、こんなことになるなんて……」

「まぁ、ベルゼちゃんが異常な狩り方をしているのが原因だけど、とりあえず討伐依頼は受けちゃダメ。わかった」

「うん、わかったの……」

 仕方ない、常時依頼じゃない、討伐依頼を受けよう……

「常時じゃない討伐依頼が……ないだと!」

「当たり前じゃない。ベルゼちゃんが狩りすぎるんだから。
 ほれ、ベルゼちゃんはこの依頼を受けなさい」

 ミランダお姉ちゃんが渡してきたのは、常時採取依頼の用紙だった。
 用紙を渡してきたミランダお姉ちゃん、ニッコニッコニーって感じだった。
 あれ、私が震えている。こ、これが恐怖か!

「わ、わかったの。常時採取の依頼を受けるの。だから、だから笑顔で睨むのもうやめて!」

 そう、ミランダお姉ちゃんの顔は笑顔だけど、目が笑っていなかったのだ。
 ドスの効いた睨みは、悪魔の私でさえ震え上がらせる何かがある。
 やべ、ちょっとちびりそうだった。
 ミランダお姉ちゃんは怒らせないようにしよう。

「じゃ、じゃあ、いってきま~す。ミランダおねえちゃん」

「はい、いってらっしゃい。怪我だけはしないようにね~」

 ミランダお姉ちゃんのせいで震えてしまった体にムチを打ち、私は笑顔という名の仮面をかぶって、必死に冒険者ギルドを後にするのだった。

『ベルゼ様、大丈夫ですか?』

 うん、全然大丈夫じゃない。
 今日のミランダお姉ちゃん、マジで怖かった。
 いや、マジで怖いんだよ。ミランダお姉ちゃん。
 ああ、なんだろう。ベルフェに心配されるんなんて、私、もうすぐ消滅するんじゃないのかな。
 ああ、外に出たっていうのに、止まらない震え。
 ガクブル……
 絶対に、絶対にミランダお姉ちゃんを怒らせるようなことはしないぞ。

 私は、そう心にいかったが、果たしていつまで覚えていられるのか。
 次回に続く!

『一体誰に言っているんですかぁ』

 はて、誰に言っているんだろう。けど、言わなきゃいけない気がしたの。
 なんでだろう、なんでだろう。不思議だな~

「蘇ったら、世界が平和になっていた!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く