話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

蘇ったら、世界が平和になっていた!?

日向 葵

やり過ぎた件について

 ビスケットが無くなった。
 しかし、ゾンビウルフたちは帰ってこない。
 まだ狩りでもしているのかな?
 ゾンビウルフが帰ってこないってことはつまり、私のやることが無くなったことを意味する。
 暇だ、暇すぎる……
 何しようかな。ベルフェでも弄っていようかな。

『ご褒美ですか!』

 ベルフェがこれだから、なんかやりたくないんだよね。
 昔はこんなシステムじゃなかった。
 どこかにバグでもあったのかな。
 きっと、システムに知能を持たせたのがいけないんだよね。多分だけど……
 だって、知能持たせて、学習させたら、感情を持ったんだよ。システムが……
 やっぱりシステムに知能を持たせたらいけないね。

『そ、そんなことないですよ。お願いです。私は私でいたいんです!』

 ベルフェがそこまで言うなら、仕方ない。
 まだ使えるから、そのままにしておこう。
 一人ぼっちになったら寂しいとかじゃないんだよ。
 本当に本当なんだから!

『よかった、消されずに済みました!』

 それはそうとして、この暇すぎる時間をどう潰そうか。
 あ、そういえば、薬草とか薬草とか薬草とかを採取するのも、冒険者としての仕事だよね。

『えっと、薬草だけじゃないんですけど……
 大体あってますよ?』

 ゾンビウルフ達が戻ってこないし、採取でもしますか。

 という訳で、あたりをいろいろと探してみた。
 そこらへんの草をベルフェに鑑定してもらい、採取していく。
 取れるものは、薬草と薬草と薬草。
 あれ、薬草しか取れないぞ。

 こんなに広い森の中で、薬草しか取れないってある意味奇跡じゃないかな。
 これだけ広いのに、薬草だけって……
 他にも取れると思うんだけどどうして?

『それは私が説明しましょう!』

 あ、ベルフェ。どうぞ、どうぞ。

『うう、なんか適当ですよ、ベルゼ様。
 ここら辺一体は、薬草以外取れないんですよ。
 だって、ほかのものは毒がありますから!』

 え、毒があるの。なんで?

『どくけしそうにも、上薬草にも、その他全てに毒があります。薬草以外……』

 なぜ!

『この共通界じゃあ、当たり前ですよ。
 人間たちは忘れていますけどね。
 ここら一体は、ベルゼ様が、天魔戦争の時、焼き払った大地ですからね。
 今になっても、ベルゼ様が放った魔術の影響が出ているんですよ』

 ふ~ん、でも薬草だけは影響ないんだよね。
 なんでかな、なんでかな?

『薬草は、もともと猛毒ですよ?』

 なぜに……

『毒素が怪我を治療します。薬も取りすぎると毒ですよね。そういうことなんです』

 よくわからん。だが、猛毒じゃなくなったら、ただの草じゃないかな……

『あれ、そういえばそうですね。なんででしょう』

 おい、システム。しっかりしろよ。
 そのぐらいの情報は持っているでしょう!

『えっと、あ、ありました。薬草にも、毒が残ってますね。ですが、ベルゼ様の魔法により、深まった毒素と、もともと持っていた毒素の性質が正反対で、弱まっただけですね。
 だから、若干毒が残っているらしいですね』

 なんかよくわからない事になってるね。

『まぁ、この世界なんてそんなものですよ。ベルゼ様の魔力によって、いろんなところがおかしくなってしまった世界ですからね。
 神たちも、修復が大変だったらしいですね。
 でも、完全に、ベルゼ様の影響を取り除けなかったようですね』

 何千年経っても影響を取り除けないなんて……
 ダメだな、神どもめ……
 でも、今ってどうなっているにかな。
 天界は今も荒れていたりしてね。
  はは、まさかそんなことないよね?

 そんなこんなで、ベルフェと楽しく時間を潰していたら、ゾンビウルフ達が、大量のウルフとかゴブリンとか持って戻ってきた。
 中には、オーガやトロールなどの気持ちわるいものもいるけど……
 あ、ミノタウロス。
 ちょっと美味しそうかも!

 でも、ここらへんって、オーガやトロール、ミノタウロスなんて生息していないよね。
 何処まで行ったんだろう?

 まぁしかし、これをどうすればいいんだろう。
 山のようになっている、ウルフやゴブリンなど。
 これをどうやって持って帰ればいいのかな。
 持ち帰る方法がない……

 空間魔法をちょっと改良すれば行けるか。

『ここは、私の出番ですね!』

 それはないな。
 だって、空間系の魔法理論は知っているからね。
 私一人でもどうにかなるよ。

『ええ~、私を使ってくださいよ~』

 ん? 人格を消して欲しいのかな?

『はぅ、ごめんなさい。許してください、ベルゼ様~』

 うむ、それでいいのだ。
 という訳で、新たな魔法を製作。
 できた!

『嘘、私と作る早さが変わらない!』

 当たり前でしょ。
 理論さえしっていれば、こんなの楽勝よ。

『こ、これが天才……』

 なんか、適当なことを言っているベルフェはほっとこう。

「【空庫】発動!」

 おお、自分で作っておいてなんだけど、山のようにあった死骸が、どんどん吸い込まれて、綺麗になくなったよ。
 うわ、中身がどうなったのか気になる。
 でも、出れなくなりそうなんだよね。
 ちょっと怖い。
 だって、私は長らく封印されていた身だからね。
 今は、蘇っちゃったけど、また封印されるとか、出られなくなるとかやだよ。

 ま、まあいいや。
 討伐依頼は完了したから、冒険者ギルドに戻ろう。

***

 さて、さて、冒険者ギルドに戻ってきましたと。

「あれ、もう戻ってきたんですか、ベルゼちゃん」

「あ、受付のお姉ちゃん。ただいま!」

「ふふ、私の名前は、ミランダっていうの」

「ミランダお姉ちゃん?」

「う、そんな可愛い顔されると、ちょっと嬉しいな。
 私、ベルゼちゃんの専属の受付嬢だから、何か困った事があったら言ってね」

「わかったよ。ミランダお姉ちゃん!」

 専属の受付嬢かぁ。
 そんな制度があるんだ。
 まぁ、毎回いろんな人と話すのも疲れるよね。
 だから、専属になってくれて、ちょっと嬉しい。

「早速なんだけどね。いっぱい討伐してきたから、受け取って欲しいの」

「何を狩ってきたのかな?」

「んーとね。いろいろ」

「じゃあ、これから案内するところに持ってきてくれるかな?」

「うん、わかったー」

 ミランダおねえちゃんの案内にされて、でっかい倉庫みたいなところにやってきた。
 周りを見てみると、いろんな人たちが、魔物の解体作業をやっている。
 これはあれかな。
 常時討伐依頼関連で買い取った魔物を解体する場所かな。

「じゃあ、ここら辺に持ってきてくれるかな」

「うん!」

 私は、空庫に入れた、死骸を全部そうとした。

「ちょ、ちょっと待ってよ。そんなに出てく……って、え、まだ出てくるの。ストップ。これ以上は無理よぉ!」

 ミランダおねえちゃんが無理だって言うから、空庫から取り出すのをやめる。

「えっと、まだ1%しか出していないんだけど……」

「えぇ、まだそんなにあるの」

「だって、常時クエストだったから、適当に狩ってきたんだよ?」

「えっと、一人でやったの?」

「うん、そうだけど?」

 まぁ、ゾンビウルフ達に殺らせたから、一人じゃないんだけどね。
 でも、ゾンビだし。
 ああ、ミランダおねえちゃんが驚愕した顔をしているよ。
 可愛い顔が台無し。
 私って、普通に討伐してきただけだよね。
 あれ、私がおかしいの?

「蘇ったら、世界が平和になっていた!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く