話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

蘇ったら、世界が平和になっていた!?

日向 葵

ゾンビを作ろう

 そうだ、ゾンビを作ろう!
 なんで気がつかなかったんだろう。
 ウルフやゴブリンは、私に近づかないし、私から近づいたら、すぐに逃げてしまう。
 正直、追うのもめんどくさい。
 だったら、別の何かにやらせればいい。
 それだけじゃない!

 という訳で、ゾンビを作ります。
 なんでゾンビかって言うと、私が悪魔だから?
 悪魔には、やっぱり、ゾンビだよね。
 あと、なんとなく簡単に出来そう!
 だから、ベルフェ、ゾンビを作る魔法をダウンロード!

『いや、そんな魔法存在しませんよ?』

 え、嘘でしょ。
 だって、人間も悪魔も神も、魔法が使えるじゃない。
 だったら、ゾンビぐらいできるでしょう。

『できますけど。
 たしかにできますけども、天界にも、魔界にも、共通界にも、そんな魔法は存在しません。しかも、共通界の魔法は特殊なので、そんなことは一切できないですし、神は、邪道な魔法を開発しません。
 頼みの悪魔は、衰退中。
 誰が、そんな魔法と作るんですか!』

 自分が作ったシステムに怒られる私って、一体何なんだろう。

『怒ってません。あんまり、構ってくれないから八つ当たりしているだけです』

 私、ちゃんと構っていると思っていたけどなぁ。
 まぁいいや、ベルフェだし。
 とりあえず、作って。

『え……』

 え……じゃないよ。
 早く作って!

『もしかして、ゾンビを作る魔法ですか?』

 それ以外に何があるのよ。私だって、ゾンビ関連の魔法理論がわかれば作れるけど、勉強するのがメンドくさい。
 大規模な情報システムなんだから、必要な情報は揃っているでしょ。
 すぐに作れるはず!

『まさか、私が作った魔法を使ってくれるんですか?』

 そうよ。当たり前じゃない!

『いやっほーう。ベルゼ様が、私の作る魔法を使ってくれる。かまってくれるよ。任せてください。
 …………できました!』

 早!
 余りにも早すぎて、ちょっと不安になるんですけどー。

『大丈夫です。魔法理論から、ちゃんと考えています。完璧です』

 そ、それならいいけど……

『という訳で、早速ダウンロードしますね。【アンデットクリエイトRev.1】ダウンロードします』

 おお、怪しげな魔法の知識が、頭の中に入ってくる。
 この理論、気持ちわるい……

『ゾンビだから仕方が無かったんです。
 早速使って見てください』

 ……正直、不安だな。
 でも、作ってくれたし、よし、使ってみるか。

「【アンデットクリエイトRev.1】、発動!」

 使って見たが、ゾンビなんてできなかった。
 出てきたのは、魔力でできた、変な画面のみ。
 なんかいろいろと書いてあるけど、よくわからない。
 これなに?

『そこは、製作画面です。
 この場にある材料と、作成できるゾンビの種類が、画面の左端にあるはずです』

 うん、たしかにあるね。

『まず、材料と、種類を選択してみてください。
 中央に、選択した種類の画像が表示されます』

 えっと、材料は……魔力とウルフの死体?
 どこにあるんだ、そんなもの。
 周りを見てみても、そんなものはないけど。
 もしかして、埋まってるの?
 まぁいいや。
 魔力はよくわからないし、ウルフの死体を選択しよう。

 で、製作できるのが、ウルフゾンビか。
 これを選択すると……おお、中央の画面にウルフゾンビの画像が表示された。

『材料で魔力を選択すると、今ある魔力と魔法で製作できるゾンビが表示されるんですけどね。
材料があるときより、燃費が悪いですが、魔力のみの方が、なんでも作れますよ』

 メンドくさい仕様だな。
 魔力を選択してみると、スケルトンやリッチー、アンデットキングなど、様々な種類が表示された。
 でも、本当に、馬鹿にならない魔力を使う。
 私も、たくさんの魔力を持っているけど、長く封印されていたから、魔力量が全快じゃない。
 今の魔力量だと、リッチーを数百体製作出来る程度かな。
 魔力が全快だと、億単位で製作できるけどね。

 魔力は節約したいから、ウルフゾンビを作成することにしよう。
 なんか、材料だけは、たくさん埋まっているみたいだしね。
 だって、材料欄に書かれている、ウルフの死体の横に、材料数が書かれているんだけど、五千体って書かれている。
 どんだけ埋まっているんだよ。

『右端の画面は、ゾンビメイキング画面です。
 これから製作するゾンビの容姿などをいろいろいじれますよ。
 ウルフだったら、毛並みとか、牙の長さとかできます。
 かっこいいゾンビを作りましょう!』

 おお、なんか楽しくなってくる魔法だな。
 ふふ、かっこよくしてやるよ。

 ***

 さぁ、キャラメイキング終了。
 漆黒の毛並み、鋭い牙。
 ブラックウルフみたいだけど、そうじゃない。
 かっこいいウルフゾンビだ!

 で、このあとはどうすれば。

『まずは、保存しましょう。設定を保存すると、【アンデットクリエイトRev.1】を発動するだけで、メイキングしなくてもゾンビ作成が可能です』

 あーそういうことね。
 最初だけ面倒だけど、一回作れば、設定を使いまわしできるから、簡単に作れるのね。
 なんか、高性能だな、この魔法。
 よし、保存完了。

『保存ができたら、作成と念じてください。 それで、ゾンビができますよ。
 これで、今日からゾンビマスターですね』

 おお、私のウルフゾンビができたよ。

『聞いてもらえない……ショボーン』

 ん、ベルフェがなんか言ったような気がするけど、まぁいいや。
 依頼をさくっと済ませるために、ウルフゾンビを千体ぐらい作成っと。
 んで、十体ひと組を百組み作って、狩りに行かせた。

 あとは、どんな結果になるか待つだけだ。
 また暇な時間ができた。
 このあとどうしようかな……
 とりあえず、木の上に上って、街で買っておいたビスケットを食べながら待つとしよう。
 今度、討伐依頼を受ける時は、暇つぶし道具を持ってこないとな……

「蘇ったら、世界が平和になっていた!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く