話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

蘇ったら、世界が平和になっていた!?

日向 葵

魔王さま、トラブル発覚!

 フリーゼルの街にたどりついたが、中に入ろうとしたときに、門番に呼び止められた。

 「な、ブラックウルフだと。君たち、危ないから下がりなさい」

 どうやら、私たちが連れてきたブラックウルフたちに怯えているようだった。
 それもそうだよね。
 ティルミちゃんを見てわかるように、人間って、魔物を危険視しているようだしね。
 そんなのが街の入り口に来たら、誰だって慌てるよ。

 「すいません。私、商人のティルミっていうんですけど」

 「ああ、君は、ここを拠点として働いている商人だったね。危ないから下がっていなさい」

 「いえ、この子達は大丈夫なんです」

 「それは一体どういうことだ」

 「それが……」

 何か言いにくそうにしながらも、ブラックウルフたちが、ティルミちゃんに懐いてしまったことを説明しているみたい。
 もしかして、ブラックウルフたちのように、魔物を仲間にしている人間がいるのかもしれない。

 「なるほど、そういうことか。だったら、この首輪をつけて中に入るといいよ。あとで、ちゃんと登録するんだよ」

 「はい、わかりました!」

 「登録って何?」

 「登録っていうのはですね、テイムした魔物をギルドに登録するんです。この子達は安全だよって証明になるんですよ。問題起こしたら、登録者である私の責任になるんですが……」

 私はブラックウルフたちを見てみる。
 ティルミちゃんのことを、本当に信頼しているみたい。
 いや、あのビスケットの魔力にやられただけかもしれないけどね。
 でも、これなら大丈夫そうだね。
 ティルミちゃんのせいで問題は起こらないよ。
 もし問題を起こしたら、私がこれを処分しよう。
 あれ、私の考えを読み取ったのか、若干怯えているブラックウルフたち。
 大丈夫、問題を起こさなければいいんだよ

 「よし、君は中に入っていいよ」

 「あれ、私は」

 「君は、フリーゼルに来るのは初めてだよね。身分証を出してもらわないと」

 身分証?
 私、そんなもの持っていないよ。
 どうしよう。
 中に入れないかもしれない。

 「もしかして、持っていないのかい」

 門番が、私を怪しげな目で見てくる。
 持ってないよ。

 「おかしいな。共通界でうまれた者は、生まれたときに身分証を発行されるんだけど」

 「あ、私は魔界生まれなので。最近、共通界に来ました!」

 うん、これは嘘じゃない。
 いや、若干嘘が混じっているけどね。
 本当は、数千年ぶりに復活した魔王だからね。

 「魔界……君は人間か?」

 「私は悪魔だよ」

 「「え、」」

 あれ、ティルミちゃんも驚いているよ。
 そういえば、私が悪魔だってこと、ティルミちゃんに言っていない気がする。

 「本当に悪魔なのかい。私は悪魔を見たことがないからわからない。どう見ても人間にしか見えないのだが」

 「でも、身分証なんて持ってないよ。どうすればいいのかな?」

 「これは困ったな。天界の神様たちは、教会に降臨なされるので身分証も必要ないし、前例がない。どうしたものか……」

 「あの、ベルゼさんって冒険者なんですよね?」

 「え、違うけど」

 「そ、そうなんですか!。どうしよう。私、冒険者じゃない人に護衛をお願いしちゃった……」

 「それって何か問題になるの」

 「問題ですよ。魔物と戦う仕事は危険なので、冒険者か騎士、傭兵みたいな、戦うことを生業としている人しか頼んではいけないんです。襲われた私を助けてくれたみたいだったので、てっきり冒険者かと……」

 「もしかして、私にお願いした事が罪になったりするの」

 「……はい。私、つかまっちゃうんでしょうか?」

 ティルミちゃんの顔がどんどん暗くなる。
 けど、私もそんなこと知らなかったし、しょうがないじゃん。
 門番に聞けば……
 うん、門番も悩んだような顔をしているよ。

 『ベルゼ様。ここはベルゼ様が冒険者になればいいんじゃないですか?』

 おお、ベルフェ。ナイスアイディアだよ。
 でも、街に入れないんじゃ冒険者にもなれないんじゃ……

 『冒険者登録すると、冒険者カードなるものをもらえます。あれって、一種の身分証ですよ。それに……』

 それに、何?

 『お金がないベルゼ様は、街に入っても遊べません。冒険者として働けば、お金が入って、街で遊べて、よいこと尽くめです!』

 おお、なるほど!
 でも、あれ?
 魔法でお金を作っちゃえば、働かなくても……

 『それは私が許しません。お金なんか作ったら、お金の価値が下がったりして、世界規模で大変なことになってしまいます。それだと、楽しく遊べませんよ。私とベルゼ様の、楽しい時間が得られなくなってしまうので嫌です』

 あっそ。
 でも、お金を作るとバランスが崩れるねぇ。
 それじゃあ、作ることはできないよ。
 よし、冒険者になろう。

 「二人とも、ちょっといいかな?」

 「なんですか……ベルゼさん」

 「ん、何かいい案でも浮かんだのか」

 「うん。私を街に入れてよ。冒険者になるから。私が冒険者になれば、全てが解決するんじゃないの?」

 「なるほど、冒険者カードは身分証になる」

 「私が、報酬を払えば、冒険者に依頼したことになる?」

 「これですべてが解決だ!」

 「よし、それで行こう。冒険者ギルドまでは、俺が案内しよう」

 「わ、私は商業ギルドに用事があるので、そのあと冒険者ギルドに行って、報酬を渡します。そのころには、冒険者になっていますよね?」

 「ふふ、なっているに決まっているじゃない」

 私、いやベルフェが考えたプランで行くことになった。
 いやー、大規模情報処理システムのベルフェを作って正解だったよ。

 ということで、私はフリーゼルに入ることができた。
 街に入ってすぐにティルミちゃんと別れちゃったのは寂しいけど、やることはやらないとね。

 門番に案内してもらい、やってきました冒険者ギルド。
 案内が終わった門番は、自分の持ち場に戻るといって去っていった。
 冒険者カードはあとで見せに来いって。
 門番としての仕事があるんだから仕方がないか。
 よし、ちゃっちゃと登録して、お金稼いで、お腹いっぱいビスケットを食べよう。
 ああ、ビスケットのことを考えたらよだれが……
 ふふ、ちょっと楽しみが増えた気がする。
 よーし、頑張るぞ!
 私は、冒険者ギルドの扉を勢いよく開けて、中に入った。

「蘇ったら、世界が平和になっていた!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く