話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

蘇ったら、世界が平和になっていた!?

日向 葵

魔王さま、少女を助ける

 「はは、なんでガキがいるか知らねえが、バカみたいだな」

 「同感だぜ! こんなところで助けなんてこないのによ。パパはどこでちゅか~ ぎゃはははは」

 「そ、そんなことより、この二人をさっさと食っちまおうぜ。それからでも遅くないんだよな」

 下衆い笑みを浮かべて、二人の男が近づいてくる。
 もうひとりの男は、馬車にいる女の子を縛り付けて、辱めようとしていた。

 あいつら、魔王である私を目の前にしてなんでこんなに余裕なのかな?
 もしかして、私が悪魔だって気が付いてない?
 数千年ほど封印されてましたけども、力の差ぐらいわかるでしょ。
 人間が悪魔に勝てるわけないんだから。
 ま、私の時代を考えたらそうなんだけど、今はよくわからない。
 だって、悪魔の総体数、数十体だった気がするしね!
 ベルフェ調べだから、どこまで正しいのかわからないけど……

 とりあえず、あの女の子を助ける事が優先だよね。
 そして、お礼に人里まで道案内とかしてもらおう。
 早く、この世界を楽しみたいもん。

 必殺魔法、空間移動!
 敵の背後にやってきちゃった。

 ちらっと女の子の方を見てみる。
 服は無残に破られていたが、まだ何もされていないらしい。
 叩かれたのか、ところどころ痣になっているみたい。
 顔には涙の後が残っている。
 女の子が感じた恐怖が感じ取れるぐらい悲惨な姿だった。
 悪魔の私が言うのもなんだけど、ちょっとかわいそう。
 これは、急いで解決してあげないとね!

 とりあえず、一本、ポキッといっとこう!

 「ぎゃあああああああああああ」

 女の子を辱めようとしていた男の腕を一本折ってやった。
 腕一本ぐらいで喚いちゃって。
 ほら、もっと折っちゃう………あ、失敗した。
 指から徐々にやってけばよかった。
 これは、拷問の基本を学び直さないといけないかな?

 でも、散々やったからな~
 今更、人間の絶叫とか見ても面白くない。
 私は、もっと楽しいことがしたいのだよ!

 冒険者諸君。
 君たちには悪いけど、即刻退場してもらおう。

 『ベルフェ・ゴール。魔王ベルゼ様に強制アクセスしちゃいます。ベルゼ様、それを殺してはダメですぅ』

 ん、ベルフェちゃん。
 怒っちゃったかと思ったから、アクセスしにくかったんだけど……

 『親愛なるベルゼさまを、あれぐらいで軽蔑しませんよ。それは置いておいて。いいですか魔王さま。今の世界は平和なんです。こんな犯罪者でも、ベルゼ様自らの手で殺すとベルゼ様が犯罪者になってしまいます』

 あれ、それって自分の手を汚さなければ殺してオッケーってこと?

 『まぁ、そういうことになりますね。人間が作った意味不明なルールの一つです。自分の手は絶対に汚してはならないってルールがありますから。ちなみに、汚してというのは殺人などの犯罪を示します。私、役に立ってます?』

 あーうん。役に立ってるよ。ちょっとうざいけど。
 でも、そっか。魔物に殺させるのはありなんだなー。

 『それは、罪人の処刑方法として使われている方法になります。それまで、罪にしてしまうと、犯罪者を死刑にできなくなりますから……』

 罪人を裁くのに魔物を使うって……
 なんとめんどくさい世界になったものか!

 さっきから、泣き喚いているだけの冒険者。
 そして、腕の様子を見て青ざめる二人の冒険者。
 いきなり腕を折る少女がいたら、青ざめるのも無理ないか。
 でも、ちょっと鬱陶しいな。

 「て、てめぇ。俺の仲間になにしやがる」

 「骨を折っただけ。たったそれだけじゃない。それぐらい普通よ!」

 「これが普通なわけあるか。お前みたいな奴が、こんなことを簡単にできるわけがない!」

 「なんでそんなことが言えるのよ」

 『それは、私が解説しましょうベルゼ様。私的にもうちょっと構ってほしいので!』

 ベルフェ、構って欲しいの?

 『それは、もちろんです。だから、私に説明させてください。お願いします!』

 仕方ないなー。
 それじゃあ、お願いね。

 『共通界にいる人類で、腕の骨を簡単に折る腕力を持つ種族は獣人ぐらいです。神でも腕力のみでは無理でした。それに対しベルゼ様の体は、人間っぽく、それも子供レベルの体型です。その体型で骨なんか折ったら、誰だって驚きますよ』

 悪魔的には普通なんだけど、悪魔意外だと違うみたいだね。
 一般常識の問題かな?
 さっき、ダウンロードし忘れちゃったようだね。
 後で、再ダウンロードしよう。たぶん忘れると思うけど……

 それはそれとして、魔王であることは隠しておかないね。
 あまりやりすぎると、この世界で遊べなくなっちゃう。
 それは、私にとって大きな問題なのだよ。
 娯楽は何よりも大切なこと。そして、暇は最大の敵だ!
 娯楽がないと、暇すぎて生きていけないよ!

 「畜生、畜生。なんでこんなガキに」

 「こいつは、殺すしかないな」

 あれ、ベルフェちゃん?
 殺人は、犯罪じゃないの。
 この人たち、私の事を殺そうとしているんですけど?

 『この人たちは、犯罪者なので関係ないんじゃないですか? ちなみに、犯罪者でも、殺した人は罪に問われます』

 なんてロクでもない世界だ。
 いや、逆に考えて、こういう世界だからこそ面白いものがあるに違いない。
 ふふ、楽しみだな~

 冒険者……もといい犯罪者たちが、私に襲いかかって来る。
 いい度胸だよ、本当に。

 神から奪った魔法【クリエイト】の出番かな?
 上位神から【暴食】の力で奪った概念魔法【クリエイト】
 構造さえ理解していれば、なんでも作ることができる最強の魔法だ!
 ただ、本当に細かく分かっていないとつくることができない、使い勝手の悪いやつ。

 『ベルゼ様。その魔法は下手に使うと世界のバランスが壊れるので、私がダメって言ったものは作らないでくださいね』

 大丈夫。
 私だってそのぐらいわかるよ。
 それより、今欲しいのはロープかな。

 『ああ、なるほど。あれを吊るすんですね。ロープの構造をベルゼ様にロードさせます』

 きたきた、ロープの構造情報が来たよ。
 これで、魔法の準備は整った。

 「創世魔法【クリエイト】」

 魔法を使った瞬間、空間が歪んだっと思ったら輝きだした。
 なんかあれだね。
 神様が使う魔法だけあって、無駄に派手だね。

 そして、私が魔法を使ったことで、冒険者……じゃなくて、犯罪者たちが慌ててる。

 「お、おまえは魔道士か!」

 「畜生。魔道士だったら、人間じゃない可能性が」

 「あの神々しい魔法……まさか、天人か!」

 天人、なにそれ。
 そんな種族がいるの。

 『はい、いますよ。天人は、人間と天使のハーフ、もしくはその子孫に当たる人たちのことを指します。魔法特化型で、見た目が弱々しい人間なので、よく襲われるらしいですよ? さっきダウンロードした情報に入っていませんでしたか?』

 ……どうでもいいかなって思ったから、すぐに忘れちゃったよ。
 そ、そんなことよりも、なんて残念な種族なんだ。
 そして、そんな残念なものと間違えられたことがイラっときた。

 「私は天人じゃない。悪魔だ!」

 「あ、悪魔なんている訳無いだろ」

 「そ、そうだ。魔界にいるって噂はあるが、誰も見たことない存在なんだ」

 あれ、悪魔がいないことになっている。
 まぁいいや。悪魔の恐ろしさ、見せてあげよう。

 不敵に笑いながら、犯罪者たちに近づいていく。
 その手に、完成したロープをもって。

 「楽に死ねると思うなよ」

 「「「ぎゃあああああああああああ」」」

 平和な森の中に、犯罪者たちの悲鳴が響き渡った。


 さて、犯罪者たちを吊るしてやったぜ!
 しかも、ただ吊るすだけじゃない。
 おそらく、魔物がギリギリで届くであろう位置に吊るしてやった。
 これで、ちょっとずつ噛み千切られて、じわじわと食われていくぜ!

 しかも、それだけじゃない。
 魔物がよってくるように、ちょっと刺して血を流してやった。
 これで、あの犯罪者と会うことはないだろう。

 あんな犯罪者なんかよりも女の子の方が心配だな。
 女の子に何かあったら人里まで辿り着けない。
 という訳で、馬車の様子を見てみよう。

 中を見てみると、女の子がぐったりとしていた。
 やばい、もしかして……と思って見てみると、気絶しているだけで、命に別状はない。
 そういえば、襲われているときに気絶しちゃったんだっけ?
 なんともなさそうで、ちょっと安心した。

 「ん、ここは……」

 「あ、起きた?」

 「キャ、あなたは一体……」

 「あ、ごめん。ちょっと驚かせちゃった?」

 「い、いえ。大丈夫です。えーっと、私は確か、護衛依頼した冒…険……者……に……」

 おろ、顔がどんどん青くなっていく。
 もしかして、襲われているときの事を思い出したのかな?
 女の子の頬にホロリと、何かが流れた。
 私、同じものをよく見たから覚えているよ。
 恐怖した時に流れる涙だ。
 私が一番見てきた、つまらない涙。
 そんなもんより、もっと別のものを見てみたい。
 じゃないと、面白くないのよ。

 『ベルゼさま。一つ提案します。きっと楽しいので聞いてください!』

 なんだね、言ってみたまえ。ベルフェくん。

 『慰めて、笑わせてあげてください。笑顔という別の表情が見れ、好感度が上昇し、人里まで連れて行ってもらえる可能性が上がります』

 助けてあげただけじゃダメなんだ?

 『相手が助けてもらったことを認知していれば、新しい護衛として雇ってもらえる可能性がありますが……今回は、気絶して覚えていないようです。だから、慰めましょう。愛でるのも娯楽の一種です』

 魔王が人を慰めるってなんぞや、とか思うけどやってみよう。
 なんだか楽しい予感がするんだ。 

 泣いている女の子を、そっと抱きしめた。
 抱きしめて見るとわかるが、力を入れると壊れてしまいそうなほど、脆いとわかった。
 だから、そっと、優しく、壊れないように……

 「ふぇ?」

 急に抱きしめられた、女の子は戸惑いの声をあげる。
 「なぜ、私は抱きしめられているんだろう」と思っていそうな表情をしている。

 なんだろう。天魔戦争のときは、人間を見ても何も感じなかったけど……
 この子、すごく可愛い。
 ああ、目がキラキラしてる。
 しかし、さっきの恐怖が残っているのか少しだけ、表情が曇っている。

 畜生、あの犯罪者どもめ。
 こんな可愛い子にひどい事するなんて。
 魔王として許せないよ!

 ふむ、これが愛でるという娯楽なのね。
 ベルフェが言った通り、なかなか面白い。
 よし、この可愛い子を慰めて、笑顔にさせてあげよう!
 きっと、いいものが見れそうな予感がする!

「蘇ったら、世界が平和になっていた!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く