男女比がおかしい世界に飛ばされました

有林 透

仰天

『やぁ、さっきカジノで大勝ちした礼二だ。よろしく。そうそう、さっきのカジノはすぐに回収に入ったよ。わざわざ磁石を仕掛けてまでね。ただ、そのことも見越してこっちも磁石で操作させてもらったんだよ。だから運じゃないんだよね』

「これで良しっと。さぁて、どんな返信が返ってくるかな?」

数秒すると、大量のいいねとリツイートの通知が鳴り響いた。
その数分後、その外国人。ジェフ・ジュベールはこう返信してきた。

『ワォ!そうなのか!いつも勝った後にすぐ回収が入るから怪しいと思ってたんだ!情報提供ありがとう!』

ん?情報提供?不思議に思って、ジェフのアカウントを見ると、なんと警察署長だった。
この世界の男性のようではなく、女性を蔑むこともないし、しっかりと実績で評価してくれる良い署長のようだ。


……って、えっ⁈つまり、あのカジノ摘発されるのか⁈お疲れ様だな。




……ってか、この稼いだ金どうしよっかな?何かに使おうと思っても、特に欲しいものなんかないしなぁ……。

そんな考えを巡らせていると、不意にこんな事を思いついた。

『ギターを買って、音楽を作ろう』と。

今でも音楽を作ってはいるが、弾き語りをするための作曲だ。

そうと決まったら、すぐに実行するのが俺の性格だ。

「奏音さん、ギターを買いたいので音楽店まで送ってくれますか?」

「はい、わかりました。では、こちらをお付けください」

そう言って手渡してきたものは銃。
因みにハンドガンではなく、アサルトライフARだ。
他にも防弾チョッキや、マガジン。スタンガンなんかも渡してきた。



皆さん、お久しぶりです。なぜ、ここまで投稿が遅くなったのかというと、受験勉強に忙しいんです。そのため、このように遅い投稿になると思います!すみません!

「男女比がおかしい世界に飛ばされました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く