男女比がおかしい世界に飛ばされました

有林 透

ハッキング

諸事情により、遅れました。これは2話分ですので悪しからず。それと、めんたまさんのに似ているという指摘がありましたが、確認してきました。
 自分でもびっくりするくらい似てました。が、パクリではありません!そこだけはわかっていてください。






翌日、起床してからパソコンをいじっていると、ツイッターに俺と優馬が撮影されていた。その内容は。

『イケメン男子2人がカフェで女と喋ってる ︎あぁ………あの女が羨ましい…』

とのことだった。ちなみに、リツイートといいねの数が5万以上行っているという…。ってか、いつの間にとられたんだ。

 そんなことを呟きながらボーッとしていると、通知が鳴り響いた。しかも一件では無く、何百件という。どうなるかはわかるな?
しょ り お ち し ま し た

再起動中………

やっっっっっと起動した!ちなみに、再起動にかかった時間は30分ですね。はい。その間は、発声練習や筋トレをしていた。

 再起動が終わったので、念のためだが、一応国連のシステムのハッキングを開始した。もちろん、逆探知なんかはされないようにプログラミングしている。
 親に見られぬよう鍵を設置し、俺と優馬しか開けれないようにパスワードを入力した。さぁ!開始しようか!
 前回ハッキングしたからだろうか、流石にシステムも硬くなっており、前回より数秒遅くなってしまった。


その頃の国連………

「館長!またしても正体不明の人物にハッキングされました!」

館長と呼ばれは人間は、前回、いや、昨日のハッキングがあってから眠っておらず、顔色が悪く、髪もボサボサで隈もできていた。

「くっ!またか!逆探知はできていないのか!」

「いえ!相手も逆探知されることをわかっているのか、逆探知しても効果がありません!」

そう報告している人も疲労困憊で、机の横にはエナジードリンクが大量に積み上げられていた。

「やはりそうか…。これは無駄だな。なら、どの情報が抜き取られたのかだけ見ておけ!私はその間にサイバー部の人間に対策を取ってきてもらう。よろしく頼んだぞ」

そう言い、館長は出ていった。
 そして、エナジードリンクを大量に積み上げられている女性たちは、どの情報が抜き取られたのかを血眼で探していた。
 数分後、どの情報が抜き取られたのかを把握できた。

「館長。どれが抜き取られたかわかりました」

館長はゴクリと生唾を飲んだ。どんな情報がとられたのかが気が気ではなかったからだ。

「どれが抜き取られたんだ」

「はい。実は世界各国のヒットマンの全ての情報が抜き取られていました。もちろん、顔写真も含めてです。他にも核兵器の設計図や、銃の設計図。あと、一部のシステムAIも盗られています」

この世界のシステムAIは高性能で、一体いるだけで国家セキュリティを上回るのだという。しかも、国連には計1500体以上のシステムAIがいるのだ。礼二はその中をかいくぐり、AIを3体ほど拝借したのだった。

「男女比がおかしい世界に飛ばされました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く