男女比がおかしい世界に飛ばされました

有林 透

帰宅

「「ただいまー」」

2人はそう言って、礼二の家に帰った。
 さて、これを読んで違和感を覚えただろう。なぜ2人とも同じ家に帰っているのか(・・・・・・・・・・)。その理由は簡単である。家が繋がっているのだ!図で説明すればこう言うことだ。

通常

家 空白 家

礼二と優馬

家 通路 家

なのだ。

だから自由に行き来できるのだ。

「2人ともー、ご飯できたわよー。今日は2人の好きな唐揚げだよ!」

「やった!じゃあ大盛りで!」

「あ、母さん、俺も大盛りでお願い」

すると、母さんは得意げな顔をして。

「ふふん、2人がそう言うと思って、大量に作ったよ!さぁ、たんとお食べ!」

お食事タイム………。









「あー、美味かった!やっぱり母さんの唐揚げはおいしいな!こりゃあいくらでも食べれるぞ?」

「礼二くんはいっつも美味しそうに食べてくれるから、こっちも作りがいがあるよ」

そんなことを話しながら、2人は礼二の部屋へ行き、国連のデータを盗むため、ハッキングを開始した。
ん?何故ハッキングするかって?その理由は、まずこの世界の事情について疎すぎる。それなら普通に調べれば良いと思ったな?だが、そういうわけにもいかないのだ。国が隠している情報や、規制がかけられている情報を見るために、国連のデータを盗むのだ。

カタカタカタカタ カチ タン!

「よし、礼二、クリアしたぞ。これで見れるようになったぞ」

「あぁ、さぁて、この世界の事情はどんなもんかね」






「よし、あらかたわかったな。災害が少ないな…。プレートもアメリカの方に集中しているしな…。やっぱり俺らが前いた世界のパラレルワールドだな」

「うん、どこにも俺らの情報が載ってなかったところをみると、そう思えるよね」

「ま、今回の人生はゆっくり、楽しく生きるのを目標で行こう!」

「そうだな!けどまぁ、アイドルになったらゆっくりはできないけどな」

そんな事を喋ったり、明日の予定なんかを話して、その日は終わった。




皆さんお久しぶりです。遅くなった理由をいくつか。
一つ、テスト
二つ、テストのやりきった感が凄かった。
三つ、ネタがなかった。

の、三つです。ほんっっっっつとうに遅れてすみませんでした!

「男女比がおかしい世界に飛ばされました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー326420

    え゛っ、なんかハッキングしてるんだが、、、

    1
コメントを書く