男女比がおかしい世界に飛ばされました

有林 透

朝食

7時——————————————

「礼二さん、7時です。起きてください」

おっと、もう7時になったそうだ。さて、風呂に入って………あれ?おそとがあかるいぞぉ?(思考放棄)

「ねぇ、なんで外が明るいの?確か夜の7時に起こしてって言ったような気がするけど…」

奏音さんは申し訳なさそうな顔をして、こう言った。

「それが、一度夜の7時に起こしにきたのですが、気持ちよく寝ていたのでそのままにしていました。起こした方が良かったですか?」

彼女なりの気遣いなんだろう。少し怒ろうと思ったが、やめることにした。

「いや、いいですよ。それだけ疲れてたってことですから」

「はい。ありがとうございます。それでは、朝食の準備をしてきます。着替えは用意しておきましたのでそちらにお着替えください」

そう言い、奏音さんは部屋から出て行った。

さて、着替える前に視聴回数確認するか………。

視聴回数379427942回

うん。現実逃避しないとな………。
前世のレイモンとか歌ってた米鶴 祅祠さんみたいだな。1分も撮影してないのに………。
 ま、とにかく、着替えますか。




着替え中です。少々お待ちください。あ、服装に関しては作者にセンスが無いため、記載できません。申し訳ございません。



「いただきます」

朝食は、白米と味噌汁と塩鯖、他にも卵焼きやソーセージなんかもあった。調味料の方を見てみると、ごはんですよや梅干し、沢庵たくあんなんかも置いてあった。味噌汁の具は昆布と豆腐。それとキノコも入っていた。本当にthe和食って感じの朝食だった。

「美味しい。めちゃくちゃ美味しいよ!奏音さんが作ったの?」

そういうと奏音さんは満面の笑みを浮かべていた。

「ありがとうございます!徹夜して作った甲斐がありました」

えっ?徹夜して作ったのか…。うん、面に向かって言えないな………。こんなもんだったら誰でも作れるんだけどなぁ………。





遅れて申し訳ない。なかなかモチベが上がらなくてですね………。
 なので読者の皆さんにお願いがあります!次に投稿する日にちを感想欄で決めて欲しいのです!あ、けど毎日投稿とか無理なんでせめて、3日は開けてください。

何月何日に投稿しろ!的な感じでお願います。



えぇ〜、ただ今ノベルバ作家たちのグループを作っています。佳作に選ばれた「黒烏」さんも入っております!ぜひ興味のある方は、「@tuki_LV1208」のツイッターにDMを送ってください!

では、また次回をお楽しみに

「男女比がおかしい世界に飛ばされました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 有林 透

    わかりました。頑張ります

    0
  • ハジメ

    3日ごとに投稿してください

    2
  • 有林 透

    ふむふむ、感想ありがうございます。
    自分はそうやってしまうとサボってしまうんですよね…。
    だからいっつも期限を決めてやってるんですけどね…。
    テストなんかが落ち着いたらやってみます

    0
コメントを書く