男女比がおかしい世界に飛ばされました

有林 透

打ち合わせ2

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします!






さて、問題です。もし、男性の少ない世界でアイドルになると言ったらどうなるでしょう?それでも混乱するというのに、そのアイドル志望の子がもう1人アイドルになりたい男性がいると言ったら、一体どうなることでしょう。
もちろん。








大☆混☆乱☆!



「ええぇぇぇぇぇぇ!ほ、本当ですか⁈今すぐ、今すぐ連れてこれることってできますか⁈」

と、まぁこんな風になるので、しっかりと気をつけましょう。

「ちょ、お、落ち着いてください!ここ店の中ですよ!………ここだったら迷惑になるんで、家に行きましょう」

そう言ったのだが、ますます興奮してしまい、落ち着けるのに3分ほどかかった。ほとんど奏音さんがやってくれたけどね!

車の中での出来事は割愛!



「ただいまー。母さん、ちょっと優馬呼んでくるー」

「あら、お帰り。あぁ、アイドルの件ね。2人だったら絶対に人気になるわよ!」


あれ?なんか母さんのキャラが違うような気もしなくないけど。どうしたんだろ?


ガチャ!


「おい優馬!アイドルの件だ!起きろ!」

俺は乱暴に優馬の家に入り、優馬を叩き起こした。

「イッテ!なんだよ。アイドルの件?あぁ!あれか!できるのか⁈やったぁ!」

「おう、今から打ち合わせだ。準備してこい」

優馬は、だるそうに起き、クローゼットの中から服を取り出し、着替えた。

鬼崎家


「それでは、アイドル合宿の打ち合わせをしましょう」

先程までの慌てん坊のような様子は一切なく、きっちりした、頼れるお姉さんのようになっていた。


「はい、まず俺と優馬の2人でアイドル活動をしていこうと思います」

「男女比がおかしい世界に飛ばされました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 獣王メコン川

    あけおめ

    1
コメントを書く