男女比がおかしい世界に飛ばされました

有林 透

転校していたようだ

コンコン

「失礼します。礼二様、はじめまして男性警備隊の奏音と申します。命を尽くしても守りたいと思いますので、よろしくお願いします。」

身長170センチくらいのとても綺麗な女性が、そこまで言うと、深々とお辞儀をした。

「ちょ、そんな事しなくていいですよ。上下関係とかなく普通に接してくださいよ。」

心の中では

(えっ?男性ってめちゃくちゃ貴重って事は分かってたけど、ここまで ︎)

「いえ、それは出来ない決まりなんです。他の警備隊の人に知られたら何をされるか分かったものじゃありませんから。」


「そ、そうですか。まぁいいや。そういやお母さん。俺って学校ないの?」

俺がそう尋ねると答えてくれた。


「ん?学校だったら明日からだけど?あ、転校したから挨拶に行く?」


「あぁ、行ってみるよ。あ、お母さん。俺考えたんだけど、やっぱり男性警備隊要らないよ。」

そう言ったら、警備隊の人が絶望したような顔をしていた。

「な、何で必要無いんですか?何か不満でも有ったんですか ︎」

「ふ、不満は無いんだけど、やっぱり警護されるのは嫌なんだよねぇー。それに、1人の方が好きだし。」

「だから、やっぱり要らないかなって。」

「わ、分かりました。そうゆう事なら残念です。ですが、これだけは付けてください。」

そう言って渡して来たのは、腕時計みたいな物を渡してきた。

「これは何?腕時計っぽいけど。」

「これはGPSです。危険だと思ったらここについているボタンを押してください。そうすると、隊員が駆けつけますので。」

「わ、分かった。」

「男女比がおかしい世界に飛ばされました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く