男女比がおかしい世界に飛ばされました

有林 透

……へっ⁉︎

「知らない天井だ。」

よしっ。言いたいセリフの1つをクリアしたぞ。

ガチャ。ガラガラガラ

扉の開く音がして、そっちを見てみると知らない人が立っていた。

「礼二君!えっ?起きてるの?えっえっえー ︎あ、ちょっと待っててください!」

そう言うと、どこかに走り去ってしまった。

「嵐のような人だったな……」


10分後


さっきの人ともう1人、知らない人がいた。


「えっと……こ、こんにちは。どうしたんですか?」

すると、知らない人が泣き始めた。

「うわぁぁぁ。礼二君が、お母さんのこと忘れてる〜。」

えっ!?この人お母さんなの?美人過ぎでしょ。

「お母さん。礼二君は記憶がまだ混乱してるのかもしれません。少しずつ話しながら思い出して頂きましょう。」

知らない人(看護師)はそう言って、お母さん?を落ち着かせていた。

「ごめんなさいお母さん。実は記憶が無くなってるんだ。だからここが何処かや、家族が誰だとかもわからないんだ。」

すると泣きながら母は

「ゔん。わがっだ。1つずつ教えて行くね。」


退院した後
ーーーーーーーーーーーーーーーー

この世界の色々な事を教えてもらった。
まずこの世界は、男性1人に対し女性が100人というヤバイ世界だった。しかも人口がとても減っていた。前の世界では72億人いたのに、この世界では20億人程だと言っていた。つまり、男性は2千万人程しかいないらしい。そして日本の人口は8千万人しかいない。男性は5万人らしい。計算が合わないと思うが、他の国の方が多いからこの人数らしい。

「えっ?それヤバイんじゃない?
俺絶対狙われるよね。」

問いかけると母は

「その為に男性にだけに警備に着く人が居るんだよ。その名も男性警備隊だよ!」

「そのまんまなんだね。」

母はそこをスルーしてこう言った。

「だからもう申請してるから、もうちょっとしたら来るはずだよ。」

「男女比がおかしい世界に飛ばされました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • HARO

    このセリフは定番なのか?
    面白いです!

    1
コメントを書く