話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺の大好きなアイドルが妹だった?!(仮)

お歌詞屋さん

10話「暗黒騎士とインフェルノ」

 題名が1番悩むんですよね。これ書いてる今もまだ題名を考えています。とりあえず続きどうぞ。





「我が主人よ。ただ今、参上した。」

 そう言ってカッコつけているこのゴスロリ女は原田 遥はらだ はるか。俺の幼なじみであり、もちろんMainのファンだ。今なにが起こったかを説明するとこうだ。

〜2分前〜

 「ねえ。まだなの?」

 愛莉は不安そうにする。彼女は眼鏡をかけて変装をしていた。そもそも眼鏡をかけただけで変装なのか疑問だが。

 「そろそろだな。」

 俺はそう言うと玄関に向かう。そしてちょうどインターホンがなった。
俺がドアを開けるとそこにはあのゴスロリがいた。
彼女は無言のまま中に入る。そしてリビングまで行くとポーズを決めた。

これで今に至る。

 「ねえ。なんで遥を呼んだの?」

 愛莉がまだ不安そうにする。すると遥が口を開く。

 「妹君よ。我は暗黒騎士オリオン。遥などという名ではない。」

 簡単に言うと彼女は厨二病にかかっている。それも重度の。

 「ふん。聞いて驚け。オリオン殿はな料理の達人なのだよ。」

 俺も同じ様なポージングをして言う。遥は自慢げに腕を組んでいた。

「つまり…はる、あ。オリオンさんが私に料理を教えてくださるということ?」

 愛莉が遥の顔を窺いながら言った。

「そう。そういう事。俺もコイツに教えてもらったんだよ。あと、もうその口調を止めていいぞ。スイッチ切れたから。」

すると愛莉は姿勢を正す。

「よろしくお願いします。」

「任せときなさい。私がプロの領域まで導いてあげるわ。」

 俺は2人をキッチンまで見送ると部屋に入り番組表を漁る。

 そして数時間が経ち、日は傾き始めていた。俺はキッチンへ足を運ぶ。するとそこには

「我の炎を喰らえ!インフェルノ!!」

 厨二病に犯され、勢いよく唐揚げを揚げる愛莉がいたのだった。




 思いつかないなぁー。もういっそ最終回っていう題名にしようかな。まあ本当の最終回はもっと先だけど。
 
 

「俺の大好きなアイドルが妹だった?!(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く