話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺の大好きなアイドルが妹だった?!(仮)

お歌詞屋さん

8話「恋人の弁当」

 あけましておめでとうございます。今年も良い一年になりますよう願っております。では続きどうぞ。




 「え?今なんて…?」

 俺はキッチンで皿洗いをしていた手つい止めてしまった。

 「だから…お弁当作って欲しいの…」

 愛莉のその言葉は俺を凍らせた。

 「弁当ってお前、いつもは差し入れ食べてるんじゃないのか?」

 俺がそう聞くと彼女は小さく頷くと口を開く。

 「うん。でも、なんかテレビの特番でMainの私生活っていうのがあってそれでみんな自分のお弁当を…」

 愛莉が言い終わる前に俺は口を挟む。

 「おい、まて!Mainの特番っていつだ!」

 目にも止まらぬ速さでリモコンを持つとすぐに録画場面を開く。

 ふと、愛莉を見ると様子がおかしいことに気づいた。

 (まずい。)

 時すでに遅し。俺は彼女の強烈なビンタを喰らい空中で回転しながら倒れる。

 しばらくして話が戻る。

 「…つまり、弁当を見せ合いっこするから作って欲しいと。」

 俺が頬を紅に染めながら話をざっくりまとめると愛莉は何事もなかったように返事する。

 「うん。そう。だからおねが…」

 「駄目だ!」

 俺はキッパリ言う。

 話をまたじゃまされたからか愛莉は不機嫌そうにしビンタの構えをする。

 「おいおい待て!別にお前に作ってあげるのが嫌とかそういうわけじゃない!」

 怯える坴を見て愛莉は手を下ろす。

 「じゃあどういうわけ?」

 ただ聞いているだけなのに殺意を感じる言い方に俺は寒気を感じながら理由を言い始める。

 「愛莉。お前はファンとはなにか分かるか。」

 急に真剣な表情で名前を呼ばれ愛莉は戸惑う。

 「え?いきなりなに?」

 「だからお前にとってファンとは何だ!」

  突如叫ぶ俺。愛莉は慌てて答える。

 「え?えっと。支えてくれる人?」

 自信なさげに言う彼女に指を指しながら言う。

 「違〜う!ファンとは恋人だ!」

 「…はぁ?」

 愛莉はそのヘンテコな答えに唖然とする。

 「ファンとは恋人なんだ。恋人は想い人の事を知りたい!つまりだなファンはアイドルのな事を沢山知りた…」

 その時言葉を遮るように、いやその減らず口を黙らせるように愛莉がビンタと蹴りを喰らわせた。

 「うふっ!」

 10分後。

 「…つまり、私の手作り弁当を見せた方がファンが喜ぶと。」

 今度は愛莉が簡単にまとめる。

 俺はソファーに屍のように座りながら力なく言う。

 「誰も男が作った弁当なんて見たくないだろ?」

 愛莉は納得するが不安そうにする。

 「でも私、料理できない…」

 俺はグッとサインをしながら言う。

 「任せろ策がある。」

 この発言が後に困難を招くことなど俺は知る由もなかった。




 新しい年号なんでしょうね。バイバイ平成…
 

「俺の大好きなアイドルが妹だった?!(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く