話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺の大好きなアイドルが妹だった?!(仮)

お歌詞屋さん

7話「ビンタと教訓」

  遅くなってすみません。とりあえず続きどうぞ。




 「はぁ〜たくー、ゴッツリのやろう力加減知らねえのか。」

 俺は廊下を頭を押さえながら歩いていた。

 「悪いのは坴くんだけどね。」

 隣を歩く凛がそう言う。

 俺は言い返す言葉も見つからず。教室に戻った。

 その後、いつも通り授業を済ませ下校時間になった。
 俺は家族の事情など色々あり部活に入っておらず、あとは帰るだけだった。

 一階に降り、下駄箱まで向かっているとそこに愛莉がいた。

 どうやらあの時の怪我がまだ痛いのか右足を少し上げていた。

 "これはチャンス!"

 仲直りのキッカケになるかもしれないと俺は心の中で叫び、普通に、普段のように近づいた。

 「よう!愛莉。どうしたんだ?」

 しかし返事はなく、また無言で靴を履き替える。

 だがやはり足が痛いのか遅い。

 俺はとりあえず外靴に履き替えて校舎前に行く。

 そこには涼の姿があった。

 「あれ?珍しいな。いつもはダッシュですぐ帰るお前がまだ学校にいるなんて。」

 本当に驚いた表情をする涼に俺は睨みつける。

 「なんだよ。俺は別に愛莉が心配で…」

 俺がそう言うと涼が煽ってくる。

 「これだからシスコンは…キモ。」

 俺がさらに言い返そうとすると後ろから愛莉が来た。

 「キモ…」

 俺はその日、初めて最終下校時間を過ぎたのであった。




 「…ただいま…」

 俺は力のない声でそう言うと靴を脱ぎ綺麗に揃える。

 "バタン"

 「きゃあ!」

 何かが倒れる物音と共に愛莉の悲鳴が聞こえた。

 「愛莉!?」

 俺はすぐさま音のしたキッチンに向かう。

 そこには倒れた小さな椅子と足と頭を押さえてうずくまる愛莉の姿だった。

 「愛莉!大丈夫か!」

 どうやらお菓子を取ろうと上の棚を探っていたら足の痛みが襲ってきて倒れてしまったらしい。

 俺は愛莉をいわゆるお姫様抱っこをしてリビングの茶色い柔らかいソファーに寝させる。

 「……」

 彼女は両手で顔を覆っている。俺は氷を水と一緒にビニール袋に詰めて持ってくる。

 そして愛莉の右足を膝の上に乗せてさっきので冷やす。

 白い肌が一部赤く腫れていた。

 数分して痛みが治まったのか愛莉が顔を覗かせる。

 「大丈夫か?」

 "うん"と頷く彼女にふと笑みをこぼす。

 (はぁ〜よかった。もし骨折とかしてたらMainのライブ中止になるところだった。)

 そんな事を思っているとはいざ知らず、愛莉は口を開く。

 「…ご、ごめんなさい…あ、ありがとう…」

 するといきなり坴が愛莉の顔に近づきおでこに手を当てた。

 「え?う…な、何?」

 愛莉は顔を赤く染めて動揺する。俺は彼女の目をじっと見つめる。

 「お前、頭打った?」

 "パチーン"

 強烈なビンタが炸裂する。そのせいで今はもうその日の事をあまり思い出せない。しかし1つ覚えていることがある。
 妹を怒らせてはいけないということだ。




 なんかこの頃"ん〜"って感じなんですよね〜。ん〜ってなんだろう?ん〜…

「俺の大好きなアイドルが妹だった?!(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く