話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺の大好きなアイドルが妹だった?!(仮)

お歌詞屋さん

5話「風呂」

今回は少し短くなってしまいました。そのぶん次回はがんばろと思っています。思っては…いる…




 不自然なほど軽い足、不思議なほど真新しく見える景色。
 俺は通学路をスキップしながら歩いていた。

 身内に有名人、それも世界的に有名な自分の好きなアイドルがいたと知ったら少し、いやかなり浮かれていた。

 「おっはよぉ〜〜!」

 勢いよく扉を開け言う。しかし教室にいた者は全員無反応だった。

 俺は平然とした態度で窓際の自分の席に座る。すると一個前の席に座る涼が話しかけてきた。

 「お前よく毎回遅刻して普通に入って来れるな。」

 それに笑顔で答える。

 「いや〜さ、昨日すごい事があってさあ。」

 涼は呆れた顔で言う。

 「まだ昨日のライブ気分が残ってんのか。てか俺も行っただろ。」

 待ってました。と心の中で呟き言う。

 「ライブの事じゃねえよ。もっとすごい事があったんだよ。」

 「すごい事ってなんだ?言ってみろ松本。」

 俺はその声を聞きビクッとする。右から聴こえるその声の主は通称ゴッツリ先生の佐藤先生だった。

 「おい、松本。」

 「はい!」

 俺は慌てて返事する。

 「わかってるだろうな。」

 そしてその日、俺は地獄を見ることになった。



 「はぁ〜死ぬかと思った…反省文100枚はマジでヤバイ…さっさと風呂入って寝よう。」

 俺はリビングのテーブルに買ってきた夜ご飯のカップ麺を置き、上から服を脱ぎながら風呂場に向かう。

 そして全裸になった俺は風呂場の戸を開ける。

 「…あ。」

 俺が言う。

 「…あ。」

 愛莉が言う。

 中には湯槽に浸かっている愛莉がいた。

 沈黙がしばらく続く。

 「なんだ、愛莉かえってたのか。」

 俺はそう言いながら風呂場に普通に入る。

 「…へ…」

 愛莉が下を向きながら言った。

 「へ?」

 俺は聞き返す。すると愛莉はこっちを睨み叫ぶ。

 「変態〜〜!!」

 愛莉が浴槽のお湯をかけてくる。俺は手で顔を押さえながら言う。

 「や、やめろ!水が外に出るだろ!…あ。」

 俺は足を滑らし転び、その勢いのまま風呂場から出た。

 「ふん!」

 そう言い残して愛莉は戸を閉める。

 俺は全裸で一人洗面所の前で倒れていた。




フォロー、コメント、評価よろしくお願いします。
 次話は10月30日
 

 

「俺の大好きなアイドルが妹だった?!(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く