話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺の大好きなアイドルが妹だった?!(仮)

お歌詞屋さん

4話「喧嘩」

 今回はちょっと適当になってしまったかもしれません。とりあえず続きどうぞ。




 強い光を感じる。頭の後ろには暖かく柔らかい枕ではないものがある。
 俺は重たい瞼をゆっくりと開く。

 「りく、大丈夫?」

 優しい声が顔の真ん前から聞こえてくる。その声を聞き意識がはっきりした。
 そして気づいた。今の状況に。

 「おい、愛莉。なんで膝枕してるんだ。」

 俺が抑揚のない声で言うと愛莉は顔を赤くし俺の頭を投げた。そして勢いよく俺はベッドから落ちる。

 「イッタッ!いきなり何すんだよ。」

 「りくが悪い!」

 「はぁ?なんだそれ。」

 俺は頭を撫でながら上半身を起こす。

 「えっと…」

 俺は気絶する前の記憶を思い出す。

 「とりあえず何で俺の部屋に?」

 俺の記憶が正しければ俺は愛莉の部屋の前で気絶したはず。しかし今、俺の周りには見慣れたラノベ、マンガ、DVDが散乱している。

 「もしかして運んでくれたのか?」

 俺がそう聞くと愛莉は頬をピンクに染め言う。

 「うん。」

 俺は立ち上がり、愛莉の視界を隠すようにし言う。

 「ありがとう。」

 愛莉は嬉しそうな表情をする。

 「そして今すぐ部屋から出ていけ。」

 愛莉は激怒の表情をする。
 そして腹に拳を入れた。

 「うっはぁ!!」

 俺は床に転がってもがく。

 「お前、少女のくせに力が強すぎなんだよ。」

 すると愛莉はベッドから降り立ち言う。

 「はぁ?それが好きなアイドルへの態度?もういいわ。次のライブからりく立ち入り禁止にするわ。」

 俺は顔色を変え言った。

 「あのな、別にお前の事が嫌いで出てけって言ったわけじゃないだよ。…周り見てみろ。」

 俺に言われ愛莉は辺りを見渡す。
 壁にはMainのポスター。
 床にはMainのCD。
 そしてベッドにはなんと『あいちゃん抱き枕』があった。(手作り)

 愛莉はそれを見た瞬間、何かヤバイオーラを放ち始めた。俺は慌てて言う。

 「だ、だから言っただろ。お、お願いだからもう終わりにしてご飯にしよう。なぁ?」

 俺は冷や汗が止まらない。愛莉は怒るとマジでめんどくさい。
 必ず次の日は全身筋肉痛になる。

 どうにかその日は許してもらえ、何事もなく明日を迎えた。朝食を済ませ身だしなみを整える。愛莉はもう先に出ており俺は少し焦りながら靴を履く。

 そういえばあの抱き枕についてはどう思ったかは知らないが一応、押入れの奥にしまった。

 そして俺は今日から『あいちゃん』の兄となって学校に向かった。

 遅刻ギリギリで。




 フォロー、コメント、評価よろしくお願いします。
 次話は10月17日


「俺の大好きなアイドルが妹だった?!(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く