話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺の大好きなアイドルが妹だった?!(仮)

お歌詞屋さん

1話 「ライブ」

 これからなるべく早く投稿したいと思ってはいます。( ̄^ ̄)ゞ




 Mainのライブ当日の朝。

 俺と涼は全速力で走っていた。

 全速力といっても帰宅部の2人の全速力は小学生の全速力よりも遅かった。
 
 今も何人かの小学生に抜かされ煽られた。

 とりあえず何故走っているのか簡単に説明しよう。

 朝起きる。

 二度寝する。

 また起きる。

 集合ギリギリの時間になっている。

 涼に電話する。

 涼も寝坊していた。

 まぁこんな感じだ。二度寝が日課の2人に朝早く起きるのは無理があったようだ。

 「「はぁはぁはぁ…」」

 2人は立ち止まり俺は手を膝について、涼は柱のようなものに手をつき息を切らしていた。

 目の前にはバスを待つ行列があった。おそらく全員Mainのライブに行く人達なのだろう。

 「…とりあえず並ぼう。」

 涼が苦し間際に言うと俺は列の最後尾へ重い足を運んだ。

 涼も遅れてくると俺が口を開く。

 「…チケットは持ってきたよな。」

 すると涼はニコッと笑いポケットからチケットを2枚出した。

 「大丈夫だ。しっかり持ってきたぞ。」

 走っている時、涼は何回もポケットにあるチケットを確認していた。

 「よし、行くぞー!」

 俺は拳を天高く掲げ言う。

 「おー!」

 涼も真似て同じポーズをとる。テンションが上がっている2人は周りの目線など全く気にしていなかった。

 数十分後。

 「マジですまん。」

 俺はライブをやる会場近くのバス停で涼に深々と頭を下げていた。

 「まさか財布を忘れてくるとは…」

 俺は頭を上げ自分に呆れているように言った。

 「いつかこの借りは返してもらうからな。とりあえず今は会場に急ぐぞ!」

 「ああ…」

 俺は涼の言葉に渋々答えると会場に目を向ける。
  会場はドーム型で確かステージが真ん中につくられている。

 流石世界を股にかけるアイドルグループ『Main』だ。各国のマスコミなど多国の人達までいてもう日本なのか分からなくなる。

 おそらくこの大勢の人のほとんどがチケットを持っていない者達だろう。

 俺らも前までその内の一人だったが今日は違う。抽選で選ばれた3万人のみが観れるライブに当たったからだ。

 俺たちは足早で人混みを駆け抜け入り口に着く。

 そして会場へ足を踏み入れた。
 
 会場はまだライブが始まっていないのにすごい熱気で息苦しい。

 「ついに来たな…」

 涼がボソッと声に出す。

 「そうだな…」

 俺はそう答えたがあまりにも現実味がなく、唖然としていた。

 その時、会場の灯りが全て消えた。

 「始まった…」

 俺がそう言った次の瞬間、ライトがステージの中心を照らした。

 「ららら〜ら〜ら…」

 少女のような歌声が会場に響きわたった。
 俺と涼は照らされいる人影を凝視する。

 「「あいちゃ〜ん!!」」

 そんな男達の声が耳元で聞こえ耳を思わず押さえた。

 続いて今度はその両端が照らされそして…

 「「ゆきちゃ〜ん!るなちゃ〜ん!」

 またもや耳を押さえた。おそらく非公認のファンクラブとかだろう。

 俺はその気勢に負けまいと思いっきり叫ぶ。

 「あいちゃ〜〜〜ん!!!」

 その時、『あい』が一瞬こっちを見た気がしたが思い込みだろうと気にしなかった。

 そして俺と涼はライブを目一杯楽しんだ。

 「はぁ〜終わっちまったな。」

 近くの公園のベンチに仰向けで寝転んでいる涼がため息とともにそう言った。

 「あぁ…」

 俺は生半可な返事をする。

 「どうしたんだ?いつもならウザいほど口を動かすのに。」

 涼にそう言われ俺は口を開く。

 「いやさぁ、俺あいちゃんと目が合ったような気がするんだよな〜…」

 「いや、思い違いだろ。てかキモ!」

 その言葉に俺は怒りの表情で言う。

 「お前にだけは言われたくないわ!!でもやっぱ俺、どこかであいちゃんと会った気がするんだよな〜…」

 「はいはい分かった分かった。てか帰りの資金どうするんだよ!お前のせいで帰れないだろうが!」

 「あ…」

 俺は"忘れてた。"みたいな顔で口をポカーンと開く。

 「あ…じゃねえよ!!」

 こうして俺は胸に残る変な感情とうざい奴と共に徒歩で帰るのであった。




 フォロー、コメント、評価よろしくお願いします。
 次話は10月6日。


「俺の大好きなアイドルが妹だった?!(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く