精霊使いと冠位の10人

いなお

神草埜々4

埜々が支部を出たのが19時。
ちょっと休憩ということでカフェに寄ったのが21時
そこから巡回を再開して現在の時刻はもうすぐ0時になろうというところだ。

「あー、流石に疲れたあ。そろそろ支部に戻って仮眠しよ」

基本的に魔術省の巡回は0時を境に終わり、それぞれに支部や各駐屯場で待機となる。
多くの人がそこで仮眠をとっているので、埜々も眠そうにしながら支部へ向かう。
支部の方へ足を踏み出した瞬間だ。
サイレンが響き渡り、埜々の肩がビクッと震える。

「え、これって!?」

これは魔術省の緊急警報のサイレンだ。
埜々は状況を確認しようとスマートフォンを取り出し、支部に連絡しようとしたその時だ。
埜々の背後に狼のような姿をした異形の獣がそこにはいた。
それが魔獣であるのは明白であり、瞬時にそれを感じ取った埜々は魔術を発動する。
振り返りざまに、手のひらに展開した魔法陣から一筋の光が放たれ、魔獣の胸の中心を貫通する。埜々が扱うのは光魔術。
これが冠位の10人に入るきっかけになった埜々の力だ。
そもそも光の魔術を使える人間はこの世界で10人もいないと言っても過言ではない。
しかしただレアな魔術を持っているから彼女は冠位の10人に入れたわけではない。
魔術の展開速度が異常に速いのだ。
埜々は普通の人が発動にかかる時間のおよそ半分以下の速度で魔術を行使できる。
このアドバンテージは魔獣に対しても、対魔術使いに対しても強力なものだ。

「なんで魔獣がこんな街の中心街に!?」

すると遠くの方から他の魔術省の女性隊員が埜々に駆け寄ってきた。

「神草さんですよね!?助けてください!とても人手が足りない!」
「どうしたんですか!?」
「街のあちこちに魔獣がいきなり現れて...」

女性の言葉が終わる前に埜々が女性の顔の横に手を伸ばし、先程魔獣に放ったのと同じ魔術を発動した。
その先には狼型の魔獣がいたが、頭を貫かれ消滅した。

「あ、ありがとうございます」
「気にしないで。けど一体何で?」
「原因はわかりません。けど早くどうにかしないと住民に被害が!」
「とりあえず住民の避難を!私も危なくなったらあなたも逃げて!」

はいっと勢いよく返事をした少女はすぐさまその場を去っていく。

「急いで原因を突き止めないと」

とは言ったものの何の情報もない中で原因の突き止めようもない。
まさか魔術省の上位人間が出払っていることと関連があるのかとも考えたが、まずは魔獣が多く出現している場所に向かうこととした。

「探索(サーチライト)」

微かな声で呪文をつぶやく。
同時に埜々の真下に魔法陣が形成され、ほんの一瞬、光が町中に広がった。
光魔術のサーチライトは範囲内の生き物、造形物を遮蔽物があるかどうか関係なく、その場所を把握することができる。

「えっ何これ」

サーチライトは範囲内の人や建物などは全て明確に把握することができる。
しかし、ある場所に違和感を感じた。
セントラルタワーの屋上だ。
何かがあるというのは分かる。
しかしそれが何であるかがまるでわからない。
ボヤけて霧がかかっているようだ。
「これが原因なの?」
急に出てきた情報を整理しようとしていると大きな地響きがなった。
埜々の少し離れた箇所にそれは突如として現れた。
空間の狭間と呼べばいいのだろうか。
形容するならば暗闇が形を持ったものだろうか。
その狭間からこれまでの魔獣とは別の魔獣が現れた。
姿は一角鬼のような姿をしてい大きさは3メートル程だろうか。

「邪魔!」

埜々は魔獣の姿を見るなり光線魔術を放つ。
魔獣の腹部にポッカリと丸い穴が空いた。
埜々もそれで片がついたと気を緩んだ時だ。
空いた部分がすぐさま修復され、魔獣が拳を振りかざす。

「遅いよ」

魔獣の足元に埜々の魔法陣が展開されていた。

「光の鉄柱(ライトニングピラー)!」

魔獣は光の柱に包まれ、消滅した。
消滅したのを確認したあと埜々はセントラルタワーに向かい走り出す。
これまで幾度かサーチライトの魔術を使った事がある埜々であったが、
こんな現象は初めてだった。

「一体屋上で何が......!」

セントラルタワーに着くが出入り口が施錠されて入ることができない。
セントラルタワーの屋上の状況を確認するために埜々はその場でもう一度サーチライトを発動する。
すると今度ははっきりと屋上の様子が確認できたのだ。
何かが燃えたような跡があちらこちらにある。
しかしそれだけだ。
屋上に人影もないし、ましてやタワーの中にも人が居る気配がないことがわかっただけだった。

「ここで何かがあったの?」

すると電話のコールが鳴り出した。
埜々は急いでその電話に出ると、エスペランサの支部からの一斉連絡で「街中の魔獣の消滅が確認され、急ぎ住民の安全確保を」との連絡だった。
埜々はセントラルタワーの屋上を見上げ、被害にあった人々を助けるべく、その場を後にした。

「精霊使いと冠位の10人」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く