精霊使いと冠位の10人

いなお

プロローグ

時間は深夜0時を回ったところだ。
この時間大抵の住宅街では寝静まり、次の日を迎える準備をして寝るのが普通の過ごし方だろう
 しかしこの日はそうではなかった。
 街中の至る所に狼のような魔獣がうろついているのだ。
 街のあらゆるところでサイレンと人の助けを呼ぶ声、そして獣の叫び声が街を騒がせている。
 今すぐ避難所へ向かってくださいという声も聞こえるが、外に出て避難所を目指すよりも、家の中に隠れていた方がまだ安全じゃないかと思う。
 実際獣たちは家を壊し家の中にいる人を襲っているのではなく、外にいる人たちに襲っているようであった。
 しかし、そのような避難指示が出てしまえば家の中にいては危険だと思い込むのは明白だろう。 
 我先に逃げんとせんとばかりに街の大通りは人で溢れ、逃げ惑う人達を阻止せんとばかりに獣の群れは遅れて逃げる人たちを喰らおうとする。
 大通りの傍に逸れた路地裏に、親と逸れてしまったであろう逃げ遅れた一人の少女が泣きながら大声を上げていた。
 まさに獣達の恰好の標的だ。
少女の存在に気がついた獣は勢いよくその少女に飛びかかった。
しかし少女に獣の牙が届くことはなく、高校生くらいの少年の殴り飛ばされていた。

「グウォォォォォ」

獣がこの世の物とは思えない叫びをあげ、いきなり燃え上がりその場には獣の灰だけがのこった。
少年は泣いてる少女に近づき、できるだけ明るい声で話しかけた。

「もう大丈夫っス!すぐそこに避難所があるから一緒に行こう!」

 少女は半べそをかきながら頷いてくれた。
少年は獣に注意しながら少女を近くの避難所の近くまで連れて行く。
物陰から避難所の方を覗き込んでみると避難所の入り口を守る警備兵が何人か見張りをしている。

「あそこが避難所の入り口っスね。一人でいけるよね?」

少女はまだ目に涙を浮かべていたが頷いた。

「お兄ちゃんは避難所にいかないの?」

しゃっくり混じりの少女の質問に少年は
「ああ、お兄ちゃんはやることがあるんだ」
と笑顔で返し、その場所を後にした。



「あーくそっ!なんだって今日に限ってこんなことになってるんスか!」

 深夜の街中での出来事だ。少女を避難所まで見送ったあと、朱色の日本刀で狼のような獣を斬りながら入江康太は叫んでいた。
 康太は先月まるごと学校を休み、「明日の8時までに課題を終わらせ提出しなければ留年させるぞ」と女担任(29歳)いわれ、まさに高校生活の崖っぷちの状況に立たされていた。
 さらに安全区域内に魔獣が出現するという異常現象のせいで泣きっ面に蜂だ。
襲いかかってくる獣を次から次へと殴り飛ばしていく。
 しかし、あちらこちらから獣が現れ切りがない。
(このままじゃ埒があかないな。一旦引いてリーシャと合流するか)
 そうと決めたら次への行動は早く、一目散に走り出した。
走りながらパッと後ろを振り返ってみるとさっき戦っていた獣が倍以上の数に増えて追ってきていた。

「グォォォォォォ ︎」
「うおおおおおおい ︎ なんかめっちゃ増えてる!」

 獣の雄叫びと康太の叫び声が混沌としたこの街に響き渡った。

「くそっまだ追って来てるしいいいい」

あそこの路地裏を通れば家の前に出れる!と
路地裏を抜けた近くに康太の家があり、
家の中にいるであろうリーシャと合流出来ると思い浮かんだ。
迷うことなくその路地に入っていったのだが、
近道しようとしたのが失敗だった。
半分以上通ったあたりで路地の出口からも6匹の獣が俺に方に走ってきた。

「あちゃー、やっちゃったっスねこれ」

獣は俺の周りに10匹ほどおり、まさに袋の鼠だ。
万事休すかと思っていると、
目の前と後ろにいた獣が同時に飛びかかってきた。
どう行動するべきか考えていたが自分に近づいてくるのが獣以外にもいることに気づき口角が上がり呟いた。

「ナイスタイミングっス。リーシャ」

康太は後ろの敵には目もくれず目の前から飛びかかってきた獣を殴り飛ばした。
そして後ろから飛びかかってきた獣が康太に噛み付こうとした瞬間、上空から1人の少女が飛んできて獣の顔面を蹴り飛ばした。

「康太様!!」

ヒラリとスカートを翻し、少女は綺麗な着地を決めた。
その少女は身長が160㎝程度、見た目は16歳前後だろか。ブロンドの髪をサイドテールに結んでいる。

「康太様!ご無事ですか!?」
「大丈夫大丈夫。それよりこいつら倒すの手伝って欲しいんだけど。」
「はい!このリーシャにおまかせください!」

リーシャはその綺麗な髪を靡かせながら魔物に手を向け、短く言の葉を唱えた。

「舞い散るは炎!」

するとどうだろうか。手のひらから炎の弾丸を飛ばし、
その場には消し炭となった獣の灰だけが残った。
彼女の炎を操るその姿はまるで炎舞のようで見るもの全てを魅了する美しさであったのだが、忘れてはいけない。ここは路地裏だ。

「ーて待って!魔法使う場所は考えて!」

そんなところで炎の魔法なんて使えば下手したら建物に燃え移りかねない。

「もっ申し訳ございません!」

幸いなことに建物に燃え移ったりしてないようでふぅと康太は一息ついた。

「まあけど助かったよ。走り回ったりして結構しんどかったからさ。」
「いえ、とんでもありません。それでですが、この後はどうされますか?」

このどうされますかというのはこの獣達を倒すか否かという問いだ。
異質の中の異質。
日の当たる場所で目立ってはいけない。
これが自分達の前提条件だ。
ならば隠れてこの天災のようなこの状況を過ごし魔法省なりなんなりに丸投げしてしまうのが最も楽な回答だ。

「考えるまでもありませんでしたか。康太様の答えは決まっているんでしょう?」

リーシャに優しく微笑みかけられて少しドキッとしたがそれを振り払いその問いに答える。

「魔術省の人らだけじゃ足りなさそうだし、まあ仕方ないっスよね。」
「バレたらお父様に怒られてしまいそうですね。」
「今頃何をしてるのかね。あの放浪親父は。」

星が映るきれいな夜空をみあげ康太は呟く。

「獣相手に勿体無いけど、本物の魔法ってやつを見せてやろっか。」

「精霊使いと冠位の10人」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く