転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!

guju

大進行22.5

「よし、敵の殲滅と行こうか」
「心得た」

ローブ姿でアルトに纏っていたキウンは、その形を翼のように変化させ大きく羽ばたいた。

みるみると視界が高くなる。本来、魔力を使って飛んでいたアルトは、幾分か体力を消費し、少なからずそちらへの気配りも必要であったが、それを全てキウンに任せることでより精密な魔法を放てることが出来るようになった。

距離は凡そ1キロメートル先。爆発を起こしながら戦うハヴェとは真逆の方向。

アルトがその場を離れてから、また群れを為し着々と王都に近づいてくる魔物の大群に、アルトは両手で銃を型どり、その指先を向けた。

「天より舞い降りし一筋の雷よ、我に仇なす彼の者共を、無慈悲に暴虐の限りを尽くして貫け」

''天雷の暴虐''

魔法ランクZランク魔法。
この戦において、2度目のZランク魔法である。

その指先から放たれた無数の雷は、光の速さで敵を貫く。
まるで意思を持つそれは、1度貫こうが何であろうが、何度も何度も突き通る。

辺りには肉片が飛び散り、内臓が撒き散らされている。

鉄の臭いがあたりを漂い、その臭いは風に流され1キロ先にいるアルトにも届いた。

「お見事です、主よ」
「まだまだだよ……この程度なら」

アルトのその言葉からは、この程度の魔法じゃ駄目だという強い苛立ちが感じられた。

彼の頭の中には、常にあいつが居るのだろう。
己の全てを奪い去った彼奴が……。

「転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く