話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生~神に気に入られた彼はミリタリーで異世界に日の丸を掲げる~

鈴木颯手

第五章 皇歴7年~ハンラット大陸への上陸~・第三十八話

No Side
 ガルムンド帝国の政変から二日後、新皇帝グランハムは大きく動いていた。
 まずはメグル公爵の捕縛及び死刑執行。次に前皇帝及び皇后、皇女メリエルの幽閉。更に自分を支持していなかった貴族の捕縛と領地の没収などを行っていった。
 この動きに国内の貴族は戦々恐々し、各国も使者が帰国しようと動き始めていたがグランハムの動きはここでも行われた。逃げようとした使者を自分たちに敵対しようとしていると断定して捕縛し始めたのである。更に抵抗した者は容赦なく殺された為抵抗する者は減っていった。留まっていた者達も何時自分たちが対象となるのか分からず出歩くことはなくなっていった。

「……酷いな」

 島原は与えられた部屋に備え付けられた窓から外の様子を見て呟く。窓から見える帝都には人の姿は見えない。時々巡回の騎士が通るくらいだった。今、世界最強の国家にして大国にふさわしい帝都の姿は何処にもなく人が住んでいるとは思えない程のゴーストタウンと化していた。

「島原さん、窓から外を覗く行為は止めた方が良いですよ」
「……耳川さん」
「窓の外を覗いていただけで捕縛された者もいると聞きましたからね」

 護衛の兵士の隊長である耳川は友人の間柄となった島原に注意する。実際に、彼の話は事実でありとある小国の外交官が外を巡回中の騎士と目が合った結果、何か企んでいると言いがかりに近い事を言われて捕縛されていた。新興国で今だ国力が他の国々に分かっていない日本帝国も小国と判断されても可笑しくはなく、島原がその小国の外交官の二の舞になる可能性があった。
 それを聞いた島原はカーテンを閉めると窓から離れテーブル付きの椅子に座る。耳川もその対面に座った。

「帝都の様子は酷いな」
「いっそのこと逃げ出すべきかもしれませんが、それが出来るかどうか……」
「閣下に連絡はしたか?」
「勿論です」

 政変が起きた翌日には連絡を行っており直ぐに救出計画を立てて助けるという返答が入ってきていた。その事を島原に伝えると難しい表情になる。

「……逃げられると思うか?」
「不可能に近いかと。我々が入港したア・ガ・ムンドは封鎖されており近づけばすぐに気づかれます。それ以上に帝都を脱出する事さえ難しいかと」

 耳川は軍事らしく状況を淡々と述べていくがその結果は逃げられないという者であり二人の間に重い空気が漂う。このまま何もしないでいる訳にもいかない。食事を摂らないと餓死するだろうしその為に外に出れば何かを企んでいると捕縛される可能性が高い。それ以前に今の帝都で営業を行っている店などなかった。
 結局、二人は救出計画が立てられるのを待つ事しか出来ないがタイムリミットは刻々と迫ってきているのだった。





Ryouta Side
 ガルムンド帝国で起きた政変はこの大陸中の国々に大なり小なり影響を与える事になるだろう。島原を護衛している隊長の報告によると部屋を出て外にいるだけで捕縛される程厳戒態勢が敷かれているらしい。人の往来はなくなり町はさながらゴーストタウンと化しているようだ。
 特に国外の使者や旅行者へは厳しい判定をされる様で少しの抵抗で切り殺された例もあるらしい。僅か三日ぐらいでこの有様だ。このままの状態が続けば島原達は餓死するか拘束されるだろうな。

「博美、陸軍は何時でも動ける状態にあるか?」
「勿論です。閣下のご命令一つですぐに動けます」
「ナオツグ、海軍はどうだ?」
「問題ない、言いたいですがまだ聯合艦隊の補給は終わっていませんわ~。最低でも明後日までいただきたいですわ」
「分かった」

 俺は軍事の関係者全てを集めて緊急会議を開いた。とは言え何時までも会議で時間を潰す訳にもいかない。直ぐに救出プランを考えなければ……。

「ですが、軍を派遣すればガルムンド帝国と本格的に戦う事になりかねません。今の我々では勝てても甚大な被害は確実に出ます。共倒れになる可能性が大です。それに、例え戦場で勝つことは出来ても補給問題や数に対して敵領土の広さから見て攻勢は難しいです」
「海軍としても質はともかく量には対抗できませんわ~。島を覆うように船がやってくれば上陸を防ぐことは出来ませんわ~」
「攻勢も防御も難しいか」

 そうなると本当にどう助ければ良いのか。密かに助けようにもこちらには帝国貴族のコネなんてないし場合によっては密告される可能性もある。
 それに加えてパララルカ王国をどうするべきか考えないといけないのに……。

「なぁ、パララルカ王国との国境から逃がす事はできるのか?」
「パララルカ王国ですか?恐らく可能かと思いますがそこからどうするのですか?潜在的敵国から敵国の領地に入っただけですよね?」
「……総統、まさかとは思いますがパララルカ王国を滅ぼすついでに救出するなんて言いませんわよね?」
「いや、その通りだ。それなら可能ではないか?」
「おそらくですが……。とは言え先ずは島原外交官たちに尋ねないと分かりませんが」

 だが、現状だと一石二鳥で行けるかもしれない。ガルムンド帝国とパララルカ王国は領地を接している。もしかしたらパララルカ王国を滅ぼす事で戦争になる可能性もあるが直接ガルムンド帝国と戦うよりはマシだろう。

「博美、陸軍は万全の状態を維持せよ。ナオツグ、お前は聯合艦隊の補給をすぐに済ませろ。それと駆逐艦を新たに二隻、召喚する。その乗員もな。燃料も用意するからその整備を頼む」
「はっ!」
「了解しました~」

 こうして俺たちの作戦は決まり島原達もすぐに行動できるようにすると返信が来た。
 諸々の準備を終えこの日より四日後、政変より一週間後に俺達日本帝国はパララルカ王国大陸領に侵攻を開始した。

「異世界転生~神に気に入られた彼はミリタリーで異世界に日の丸を掲げる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く