話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生~神に気に入られた彼はミリタリーで異世界に日の丸を掲げる~

鈴木颯手

第三十三話 島原外交官

Yuusei Side
 最近バルグラットの新しい使者がやってきた。俺達が以前交流した者達とは違うようだ。というか政変が起きたせいか、今度の使者はガルムンド帝国との国交樹立が目的というよりもガルムンド帝国の調査を行っている様な感じだった。

「初めまして。日本帝国の外交官、島原雄星と申します」
「こちらこそ初めまして。新しくバルグラットの外交官となったリゾルと言います。前任者から話は聞いています。交流を深めてくれていたとか」

 取り敢えず新しい外交官に挨拶をしたが前任者と同じように穏やかな人物のようだ。こう見えても外交官だ。相手の心のうちを読むのは得意だからな。相手が本音でどう思っているのかなんて簡単に分かる。少なくとも交流を絶とうとしているわけではなさそうだ。
 ガルムンド帝国の帝都の一角にある館には様々な国の使節や外交官が常駐している。中には大使館などを建設する許可をもらいそこに住んでいる者もいるが最近国交を樹立したばかりの日本帝国にその様な建造物がある筈がなく俺たちもここで過ごしている。だが、ガルムンド帝国以外の国家と交流を持つきっかけになるためにむしろ俺たちには此方の方が好ましい。

「日の丸が国旗なのですか! 珍しいですね」
「我が国は位置的にも東にありますからね。いわばシンボルですよ」

 本当は総統閣下が日出る国日本国の出身である事、太陽神と話した上にその力によってこの世界にやってきたらしい。今の帝都ヤマトは閣下が最初に降り立った地らしい。にわかには信じられないし何処までが本当なのか分からないが閣下は不思議な力を持っているし真実ではあるのだろう。

「そちらは内戦があったと聞きますが国内の状況はどうですか?」
「あまりよくはありませんね。地方はそこまで影響はありませんでしたが大都市は戦火の後が深く残っています。新たに国王に戴冠された陛下が議会が不正に隠し持っていた財産を使って復興を行っている状況です」

 成程、内戦で倒した敵の金を使うのか。利益はないかもしれないが復興をすぐに終わらせれば人民の心を掴む事も出来るか。そこから繁栄さえ出来れば権力は確固たるものになるな。少し警戒するべきかもしれないが生憎バルグラットは遠い。ガルムンド帝国からでも間にはハクレイド帝国やバルバリア共和国連合と言った国々が存在する。直接的な影響はほぼないと言っていい。それらの国を併合したならまた違ってくるがな。
 そんな事を思いながらバルグラットの外交官とは別れる。ここには様々な国の使節団や外交官がいる。あまり一人に絞って話を続けるのはお互いに悪影響だろうからな。
 その為、次に交流できそうな者を探していると声をかけられた。

「おや? 見かけない顔ですな」
「……あなたは」

 振り返った先にいたのは肉達磨という言葉がふさわしい中年の男だった。大体こういった者は下品で失礼極まりないと相場が決まっているが表情は穏やかだし華美な装飾品もない。ただし、彼の上着の左胸の部分に家紋らしきものがついている。それを確認した俺は直ぐに挨拶を行う。

「失礼しました。日本帝国の外交官、島原雄星と申します」
「日本帝国? 失礼、聞いた事がない国ですが新興国の方ですかな?」
「はい、まだ建国から僅かな期間しか経っておりませんが最近アルバ島を統一しました」
「なんと! ではあの・・パララルカ王国を追い出した国でしたか! ……おっと、名乗るのが遅れましたな。私はメグル公爵当主リシャス・デ・メグルと申します」

 メグル公爵!このガルムンド帝国でも屈指の実力を誇る貴族だ。確か、ガルムンド帝国には三つの公爵家が存在していてメグル公爵はその一角だったはず。成程、聞こえてくる噂に違わぬ人物のようだ。彼の噂は皆好印象のものばかりだ。
曰く、

―見た目からは想像できない程民を大事にされている
―寛容な方で馬車の前を横切った子供たちに危ないと注意こそすれ罰する事はなかった
―相手を尊重し時には敵国の民や貴族すら虜にした

と、徳の高さをうかがわせるものだった。一度、会ってみたいとは思ったがまさかこんな所で出会うとは……。いや、彼の性格を考えればありえる話か。ここに来るガルムンド帝国の貴族は大半が自身と取引があったり交友関係があったりする場合に限られる。態々知らない者達、関りを持っていない者に話しかける者などごく少数だ。

「パララルカ王国には連戦連勝の女性将軍がいると聞きましたが戦ったりはしたのですか?我が国も彼女によって幾度となく敗北を喫してきました」
「え、ええ。恐らくと言わざるを得ないですが」

 何しろ、その女性将軍アクラ・ベル・ブレストラッパーは未だ名前無き虜囚として牢獄に囚われている。既に彼女の正体は判明しているのだが本人が何もしゃべらない為こういう状態となっている。暴行の類は一切行われていないが本人はそうなっても良いような覚悟はしているらしい。とは言え戦場ならともかく囚人に手を出す事は無いと思うがな。その辺は外交官である俺には分からないからな。

「残念ながら私にも詳しい戦闘経緯は伝わっておりませんので軍がどのように勝利を掴んだのかはお教えする事が出来ません」
「そうですか……。少し残念な気がしますが仕方ないですね。そう言えば……」

 その後もメグル公爵とは少し話を行いお互いに満足げに終わった。思わぬ接触だったがこの国の貴族、それもトップに近い人物との交流が持てた事は最大の利点と言えるだろうな。この事も含めて夜の定期連絡で報告を行わないとな。

「異世界転生~神に気に入られた彼はミリタリーで異世界に日の丸を掲げる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く