話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生~神に気に入られた彼はミリタリーで異世界に日の丸を掲げる~

鈴木颯手

第二十八話 シードラ王国への頼み事

Mare Side
 最近、日本帝国はパララルカ王国を降しアルバ島を統一したと聞きました。一応我がシードラ王国もアルバ島に領地を持ちますがそこにまで攻めてくることはないでしょう。流石の彼も友好国の領土を勝手に攻めたりはしないはずです。とは言え今後とも日本帝国と付き合うのならアルバ島の領地は放棄した方が良いのかもしれませんね。アインザックのせいでアルバ島の領主たちは腐敗しているし手放したとしても問題はなさそうね。
 それよりも私達は今後かの国とどう付き合って行くべきなのでしょう……。日本帝国、彼らの技術力は脅威とすら言えるレベルです。数年前に見たガルムンド帝国の海軍公開演習で見た軍船よりも洗練された船を持つ国家。人口と技術力が歪とも言える国ですがパララルカ王国を降した以上その歪さも時期に消えると予想されます。そして、我らでは決して叶わない相手であり抵抗する事も満足に出来ずに敗北するでしょう。

「陛下、日本帝国の使者が参っております」
「っ! すぐに会います。準備を」
「かしこまりました」

 侍女の言葉で現実に引き戻された私は日本帝国の使者と会うために準備を始めます。簡素で動きやすい部屋着を脱ぎ公共の場で着ている王族らしい豪華絢爛な服を着ます。コルセットなどで腰を引き締めたり胸を盛ったりするためあまり好きにはなれない格好ですが威厳を持たせるためには必要な事らしいです。
 そうして準備を整えて謁見の間の玉座に座ります。この部屋にはまだ日本帝国の使者はおりません。使者を出迎える際には先に玉座に座り使者は準備が整った後に入室するというガルムンド帝国式の公式な行いです。ガルムンド帝国では待ち時間によって待遇も変わって来るようです。待ち時間が短い=それだけ重要視されている。逆に長いと存在を軽視されているという事になります。我が国はガルムンド帝国とは友好関係にあるためかの国の影響を多分に受けています。この事は日本帝国にも通達している為問題が起きる事は無いでしょう。
 私が玉座に座ってすぐに使者を入室させます。それだけ日本帝国を重要な国として認めているという意味合いが含まれています。入室してきたのは三人の男性です。一人はスーツと呼ばれる日本帝国の正装の一つを着ており残り二人は軍服らしい服を着ています。要するに二人は護衛の役目を持っていてスーツ姿の人物が使者という事でしょう。

「お初にお目にかかります。日本帝国の外交官、島原雄星と申します」
「島原殿、シードラ王国国王としてそなたらを歓迎しよう」

 堅苦しい挨拶から始まり少しだけたわいもない話をする。これもガルムンド帝国式で話が長ければ長い程軽視されているという事に繋がるため話題を一つだけ話し、直ぐに本題に入る。

「して? 此度はどのような目的で参られたのか?」
「はい、この度我が日本帝国は様々な国との国交を持ちたいと考えました。その第一歩としてガルムンド帝国との国交を持ちたいと考えています」
「成程、友好関係を持つ我が国に仲介を頼みたいという事か」
「その通りでございます。勿論、仲介を頼む以上褒章は用意させていただきます」
「ふみ……」

 私は考える素振りを見せるが心の中では結論は決まっている。この程度の要求なら特に問題はない。仲介をしたところで両国が戦争にでもならない限り・・・・・・・・・・・シードラ王国に不利益はない。精々が交易を奪われる可能性がある事くらいか。

「……分かった。だが、褒章は金などよりも技術の方がいい」
「……と、言いますと?」

 明らかに視線が鋭くなった使者に私は告げる。

「貴殿らが使っている技術、武器でも建物でもなんでもいい。その技術を一つ、教えて欲しいのだ」
「……成程、残念ながら我が国が使っている技術をお教えする事はできません。総統閣下に厳重に注意されていますので」
「……そうか」

 残念だが仕方ないな。彼らとて態々この程度の事で教える訳にはいかないのだろう。立場が逆だったとしたら我らでさえ同じ回答をしただろう。故に、諦めたのだが続く使者の言葉に私は驚愕した。

「ですが、それ以下の技術なら提供できます」
「と、言うと?」
「そうですね、火薬の製造方法などはいかがでしょうか?」
「火薬……!」

 それはガルムンド帝国が開発に成功し、武器として用いているものだ。シードラ王国を始めいくつもの国が製造方法を知ろうとしたが火薬などの武器は厳重に管理されており聞き出そうにも誰が知っているのか分からない。十数年前にハクレイド帝国の密偵がガルムンド帝国の宰相を篭絡して聞き出そうとしたが宰相でさえ知らなかったという話がある。その宰相はその後この世からいなくなったがな。
 そんな重要な物の製造方法が知れる。それも仲介するだけという内容で。これを逃す手は我が国にはない!

「直ぐに仲介の準備をしよう。必ず貴国らをガルムンド帝国と引き合わせる事を約束しよう」
「分かりました。では製造方法はそれが無事に完了した後に、という事で」
「勿論だ」

 こうして我らは日本帝国とガルムンド帝国の仲介をするべく動き出した。
 しかし、この時の私は浮かれていたのかもしれない。後から知る事になるが火薬の製造方法は材料が手に入り辛かったうえに日本帝国が使っている武器には使われていない古い製造方法だったという事を聞き私はため息をつく事しか出来なかった。

「異世界転生~神に気に入られた彼はミリタリーで異世界に日の丸を掲げる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く