話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生~神に気に入られた彼はミリタリーで異世界に日の丸を掲げる~

鈴木颯手

第二十一話 パララルカ王国殲滅戦5~決戦1~

No Side
彩雲の偵察より三日後、アクラは遂に日本帝国軍と接敵した。正確には偵察に出した兵が敵軍を見つけたのである。アクラも実際に偵察に向かい自身の目で確認をしていた。

「確かにいるな」

アクラの目の前には豆粒程度の日本帝国軍の姿があった。日本帝国軍だと分かるのは彼らの国旗である白地に赤い丸が書かれたシンプルなものだからだ。それは遥か遠くからでも十分に確認できた。

「敵の攻撃範囲は異常だ。大砲と言う武器らしいがどうやって倒せばいいのか……」

5年前に戦った際にはまともに近づく事も出来ずに敗北していた。今回はあの時よりも状況は悪い。5年前の二の前になる可能性を考えてアクラは悩む。
その時だった。アクラは敵軍がまだ配置についていない事に気付く。詳しい所までは見えないが明らかに今到着したばかりの様な様相を見せており大砲と思われる武器の姿は見えない。少し小高い丘から見ているアクラは少し上から覗いている限りまだ勝機はあると考えた。

「(このまま敵の配置が整うのを待つのは愚策だ。ただでさえこちらの勝利は難しいのに敵が万全な状態になれば絶望的になる。ならば勝機は今か……)」

アクラは敵に見つからないように丘を降りて自軍の下に戻る。この時、アクラの胸中では敵の罠と言う可能性も上がっておりそれが不安を掻き立てていたが自分の任務は日本帝国軍の撃退であると決意を固めその不安を見ないようにしていた。
その為であろうか?日本帝国軍の本陣よりアクラのいた方角を双眼鏡で見ていた朝霞博美の姿や気配、視線と言った普段なら気付くものに全く気付いていなかった。もし、彼女が気づいていれば決戦を行おうとはせずにすぐに退却を開始していただろう。しかし、それもこの時点ではどうしようもなくなっていた。


<i56752917978>


日本帝国軍は丘に挟まれた小さな平原の先に展開していた。その為パララルカ王国軍は近づくにはここを通るしかなかった。迂回しての攻撃する場合敵に気付かれる可能性があり奇襲は出来ない。それは正面の場合も同じだが距離が違うため敵が展開しきる前に攻撃出来るとアクラは予想していた。

「進め! 我らが祖国を脅かす敵を倒すのだ!」
「「「おおぉぉぉぉぉっ!!!」」」

アクラの勇ましい言葉に兵たちは雄たけびを上げた。ここまでまともに行軍出来なかった彼らも敵を目の雨にして士気を高めていた。敵は強大だが彼らの中からは不思議と恐怖は消えていた。戦場という特異な空間に彼らは酔っていたのである。本来は軍の暴発を招きかねない為きちんとした指揮統制が求められるのだがアクラは特に締め付けるような事はなく士気を高める兵たちに簡単な指示を出すのみだった。
これはまともな兵とは言えない彼らに規則を強めて押し付けるよりもその士気の高さのまま敵陣地に突撃した方が良いと考えたためである。故に彼らの攻撃はまとまった陣を形成する事もなくがむしゃらに進んでいくだけだった。
そんな彼らを見ても日本帝国軍の動きはない。何やり陣地内で動いている様子だったが迎え撃つつもりはなさそうだった。それはアクラに取っては予想された動きの一つでしかなく敵の様子から充分に突破可能だと思っていた。

しかし、そんな彼女の思惑を崩す最初の動きがあった。兵の最前線で爆発が起きたのである。それも複数で爆発した場所にいた兵は宙高くに打ち上げられている。敵の大砲の攻撃か!?と思ったがそれは地面から爆発しており兵が通ると爆発していた。それらは規則的に起こっているわけではなくまるでバラバラで適当に並べたと思っても可笑しくない状況だった。
一日前・・・に到着していた日本帝国軍はここを通ると予測して予め地雷を仕掛けていた。規則性は無いが仕掛けたものは後で回収できるように日本帝国軍は把握しているが地雷と言うものを知らない敵兵は大混乱に陥る。何せこの先も地雷が仕掛けられているかもしれないのだから。実際は日本帝国軍が仕掛けた地雷は僅か20個だ。兵の充足率を優先した事と防御用の装備と言っていい為良太は大した数を揃えていなかったのだ。そして、爆発は既に20回起きている。その為これ以上爆発する事はないがそれを知っている者はパララルカ王国軍の中にはいない。彼らは皆足元を見ながらそろりそろりと前進している。呆れるほどの遅さだが地雷の力を知る日本帝国軍はその行動を笑ってしておらずむしろ同情すら感じていた。パララルカ王国軍の方は爆発が起きた事でなりふり構わず進めという訳にもいかず、むしろ少しづつでも進んでいる兵に関心すらしていた。
とは言え日本帝国軍は敵が近づくまでの時間稼ぎに成功した。この間に日本帝国軍は左右の野砲陣地にて野砲の準備を行った。用意されたのは第一次南部領土防衛戦で用いた155mm榴弾砲FH70ではなく旧日本軍が運用していた九五式野砲である。155mm榴弾砲よりも射程は短いがコストも高く兵も増えてきた今は威力の高さより数を優先した結果であった。
素早い日本兵の動きによって野砲はあっという間に撃てる状態になり地雷を警戒するパララルカ王国軍に向けて標準を合わせていく。それはパララルカ王国軍の後方で指揮を執っていたアクラにも確認できた。

「っ!? 全員走れ! 前方に向けて走れ!」

アクラの悲鳴と聞き間違えるような叫び声と九五式野砲より榴弾が放たれるのはほぼ同時だった。弾に当たり体を吹き飛ばす兵士に爆発によって解き放たれた金属片を全身に浴びていく兵士たち。地雷で足止めしつつ敵に向かって必殺の一撃を叩きこんだ。この時点でパララルカ王国軍は二百人近い兵を失っていたが彼らの悲劇はまだ続いた。

「ん?何の音だ?」

最初に気付いたのは両翼に展開していた兵士である。地の底から響くような音を聞き怪訝に思うがその正体は直ぐに姿を現した。左右にある丘の頂上より鉄の箱、90式戦車が5両ずつ姿を現した。

「な、なっ! ……!」

驚き固まる兵士たちに砲塔が向けられ一気に砲撃が開始されるのだった。

「異世界転生~神に気に入られた彼はミリタリーで異世界に日の丸を掲げる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く