話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生~神に気に入られた彼はミリタリーで異世界に日の丸を掲げる~

鈴木颯手

第二十話 パララルカ王国殲滅戦4~王都襲撃~

No Side
アクラ率いる二万の軍勢は順調に北進していた。今のところ南下してきているはずの日本帝国の姿は確認できない。とは言えアクラは五年前の戦いで日本帝国の強さをその身をもって知っている。故に入れ替わりで斥候を出して常に敵をいち早く発見、対応出来る準備を整えていた。

しかし、兵の質は最悪でありきちんとした斥候の役目を兵士たちが出来ているかは分からなかった。加えて、彼らはこういった軍事遠征は初めての経験であり目に見えて疲労が溜まってきていた。もしこのまま戦闘になれば彼らは満足に戦う事が出来ないだろう。

「(途中の補給基地でいったん休ませる必要があるな。補給基地は無法地帯に建てられた最初で最後の砦だ。そこで休養を取れれば……)」

と、アクラは考えていたが補給基地は既に壊滅している上に彼女の想像以上に日本帝国軍の進軍速度は速かった。その差は直ぐにやって来る戦いにおいて大きく影響する事となるのだった。

その時だった。遠くからブゥンと言う羽虫の様な音が聞こえてくる。

「?何の音だ?」

アクラは馬の足を止めさせて上空を確認する。兵士たちも音に気づいたようで軽くざわめきが起こる。本来なら止めるはずの指揮官クラスの兵も同じように上を見ている為ざわめきはどんどん大きくなっていく。

そして、”それ”はやってきた。細長い胴体に左右に平べったい羽がついた空飛ぶ鉄。日本帝国の航空機である。しかし、補給基地を襲った戦闘機ではなかった。何処かスマートな印象を思い起こすそれは史実の大日本帝国が開発、運用していた艦上偵察機”彩雲”である。大日本帝国海軍に置いて最速の期待と知られており敵機から逃げきるなど偵察機として必要な性能を持っていた機体である。

彩雲は一機のみ、良太によって召喚されていたが専属のパイロットはいない為、攻撃機部隊の人間から運用されている。

「て、敵だ!」
「ひぃぃっ!」
「殺される!」
「ま、待て!逃げるな!」

彩雲を見た兵士たちは大混乱に陥る。中には進んできた道を逆走して逃げていく兵もおりアクラは彩雲の動向に気を付けながら兵の統率を行わなければならなくなった。その様子は彩雲からも見て取れ通信機を通じて赤城に、そして陸上から侵攻中の博美の下へ伝えられるのだった。






Hiromi Side
パララルカ王国の兵は脆弱の様ですね。偵察に出た彩雲より送られてきた情報を見て私はそう判断しました。パララルカ王国にとっては未知の兵器かもしれませんがいくら何でもたった一機で混乱するのは笑いを通り越して呆れてしまいます。兵士たちがある程度強くなるまで待ってあげたくなるほどです。

ですが、それを行う事は出来ません。すべては鹿島総統の為に。

「朝霞大将。彩雲からの報告から計算すると、接敵は二日後あたりになります」
「いや、敵の混乱具合によっては敵が進軍しない可能性もある。三日はかかるのではないか?」
「こちらも偵察兵は出しているが……、どちらにしろ敵が混乱したままなら撃退は容易だろうな」

参謀たちが話し合っていますが私もほぼ同意見のものばかりですね。こちらの利点は90式戦車のアウトレンジ攻撃に歩兵用の武装である64式小銃などと言った兵器で敵に近づかれる事なく攻撃できます。流石に人海戦術を用いた一転突破を図られれば白兵戦となってしまいますが。

そこで、ふと面白い事を思いつきました。パララルカ王国の兵は二万。いくら簡単に瓦解する程度の兵とは言えこれを撃滅しておかないと面倒な事になるのは確定しています。そうならないためにもここである程度でも減らさないといけません。そうするには正面からやり合うだけは駄目です。

「皆さん。もし接敵した場合ですが……」

私は参謀たちと共に策を練り上げます。鹿島総統より教わったものですが今こそ用いる時でしょうね。







No Side
アルバ島の東側の沿岸部をなぞるように航行していた聯合艦隊は遂に王都の目前までやってきていた。途中で偵察に出ていた彩雲を回収した聯合艦隊司令長官のナオツグは双眼鏡で王都を、正確にはその沿岸部にある港を見る。

「あらあら~。あんなに慌てちゃって~」

ナオツグが双眼鏡には慌てて港に係留してあった戦闘用の船に乗り込み出航の準備を始めるパララルカ王国の海軍の姿があった。とは言え聯合艦隊にとってその動きはとても遅く感じる上に視認できる所まで近づかれた段階で相手は詰んでいる状況だった。

「港に停泊中の敵船に砲撃を行います。その後に王都に対して艦砲射撃を敢行。敵首脳部を崩壊させます。よろしいですね艦長?」
「ああ、初めてください」

聯合艦隊旗艦である大和の艦長学人の賛成を受けて砲撃が行われる。暁、響の12.7cm砲や川内の14cm砲、大和の46mが一斉に火を噴く。未だ出航する気配すらないパララルカ王国の軍船に次々と砲弾が突き刺さっていく。大和の砲撃した砲弾は木造の船を簡単に貫通したが暁、響、川内の砲弾は途中で止ると同時に爆発を起こし船を内部から破壊していく。

「全弾命中!」
「あら?半分くらいは外すと思っていましたが意外と当たりましたね」
「初めての砲撃ですからね。砲手たちが張り切っているのではないですか?」
「ならもっと活躍の機会を与えましょう。副砲も砲撃開始。機銃手は近づいてくる可能性のある小型船に対して攻撃せよ」
「はっ!」

容赦のない聯合艦隊の砲撃はパララルカ王国で最も繫栄していた港を次々と破壊していく。軍船のみならず停泊していた船は全て沈められ、様々な積み荷が置いてあったであろう倉庫は辛うじて形だけを残していた。

港の破壊を終えた聯合艦隊は続いて王都へと砲撃を開始した。陸上に置ける野砲の砲撃とは比べ物にならない大口径の砲塔による砲撃は王都の建造物を次々と破壊していき巨大なクレーターを生み出していく。砲撃の雨は最低限の迎撃が行えるだけの砲弾を残して討ち尽くされた。一時間以上に渡り行われたこの艦砲射撃により王都は瓦礫とクレーターの廃墟と化した。

パルザ2世以下王国の主要メンバーは砲撃が始まる前に第二の都市である西部沿岸部に位置する都市に逃げた為無事であったが一時的にパララルカ王国の指揮系統は壊滅するのだった。

「異世界転生~神に気に入られた彼はミリタリーで異世界に日の丸を掲げる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く