異世界転生~神に気に入られた彼はミリタリーで異世界に日の丸を掲げる~

鈴木颯手

第十七話 パララルカ王国殲滅戦1~補給基地攻撃~

No side「全軍前進!」
「「「「「「「「「「おおぉぉぉぉーーーーーーーーーっ!!!!!!!」」」」」」」」」」
日本帝国総統、鹿島良太の言葉に日本帝国陸軍一個師団一万は雄たけびを上げつつも奇麗に揃った隊列で帝都から南に向かって進んでいく。
向かう先は南部領土防衛線を越えた先、パララルカ王国である。パララルカ王国はあれ以来防衛陣地に近づこうとはしなかったがシードラ王国の密偵から防衛陣地の先に日本帝国があることを知り得ていた。一回使者がパララルカ王国の傘下に入るように伝えてきたが使者の死体を送り返したうえで近くに布陣していたパララルカ王国軍を壊滅させることで返答した。
しかし、既に半数以上の兵を失っているパララルカ王国は攻めることがままならず北部に砦を築く程度で済ませていた。その間に日本帝国は規模を大きくしていき五年経って攻めることが出来るようになったのだ。
現在の日本帝国はこのようになっている。
人口:22349人、臣民20039人・一般人2340人兵士:21130人、臣民20003人・一般人1127人面積:アルバ島北部
人口は二万人を突破しており領土内にいくつかの町や村が出来始めていた。また、この五年の間にアインザックの腐敗が明るみとなった。元々シードラ国王はアインザックの腐敗を知っていたようで日本帝国との交易からアインザックを外したのだ。他にもアインザックとの交易を許さないようにしたりして孤立させたのだ。これにはたまらずアインザックの使者が良太を訪ねてきたが門前払いした。元々人を馬鹿にするアインザック領主を気に入っていなかった良太は次に領内に入ってきたら問答無用で撃ち殺すと宣言して使者を追い返したのだ。
結果アインザックから逃げて来るものが現れ始めアインザックはゴーストタウンとなりつつあった。アインザック領主も逃げようとしたらしいがすぐに見つかって都市に押し込められているそうだ。
閑話休題。
日本帝国陸軍一万は朝霞博美大将を指揮官として一気に敵の王都に進んでいく。そして、彼らの前を行くのは90式戦車十両である。本来は10式戦車を召喚する予定であったのだが90式戦車の倍もするので急遽90式戦車にしたのである。それでもその威力は凄まじくこの時代の科学技術では到底太刀打ちできないだろう。
そもそも戦車が走る音は大きくたいていの人間はその音に畏怖を覚えるだろう。
更に去年作られたばかりの海軍も同時に王都を目指していた。戦艦大和、空母赤城、巡洋艦川内、駆逐艦暁、響のみではあるが日本帝国聯合艦隊として堂々と海を進んでいる。因みに聯合艦隊司令長官はナオツグ・ゴウドー大将である。彼女は五年前の第二次南部領土防衛戦で戦艦大和の艦砲射撃を見てから大和にあこがれを持つようになり海軍が出来たときに真っ先に志願したのだ。元々能力は高いナオツグである。厄介払いも兼ねて良太によって聯合艦隊司令長官になれたのであった。因みに戦艦大和には彼女が率いていた「第三戦闘団オカマ戦闘団」が全員乗艦しており狭い艦内のため着々と仲間オカマを増やしており後に「海軍に志願するものはオカマ」と言われるくらい広まっていくこととなるのだがそれはまた別の話である。
そんなわけで日本帝国陸軍一万が砦につくより早く聯合艦隊は第一目標に到達していた。それを艦橋から双眼鏡を使って覗いたナオツグは感想を言う。
「…見えませんわ~」
「あたりまえですよ。砦は内陸にありますので」
司令長官の言葉に大和艦長の佐々木学人ささきまなとは答える。ちなみに彼は男の娘と呼ぶにふさわしい肉体であったが二十を超えているうえに彼は大和で唯一オカマではなかったがその見た目のせいで誤解されていた。
「んもう、せっかく敵の慌てる姿を見たかったのに~!」
体をくねくねさせて抗議するナオツグを無視して赤城に連絡を入れる。
「大和艦長佐々木学人中将だ。赤城の攻撃隊に発艦するように伝えろ」
『了解しました。直ちに発艦させます』
その通信の後左隣を航行する空母赤城の甲板に続々と攻撃機が現れ始める。やがて一機、また一機と飛び立ち始め目標であるパララルカ王国の補給基地に向かって第一次攻撃隊三十機が飛び立っていく。


















パララルカ王国の補給基地は平和であった。彼らにはまだ日本帝国陸軍一万が領内に侵攻してきたことを知らないためだらけまくっていた。
そんな補給基地の見張り番の一人、ダルタは友人と一緒に見張り台に座り込んで雑談していた。彼らにとってここが攻められることはあり得なく攻めてきたとしても先に自軍の兵士が来るだろうと予測していたのだ。
「今日も何事もなく終わりそうだな」
「全くだ。こうやって見張っているだけでそれなりの金が手に入るんだ。見張りってのは良いな」
ダルタとその友人がそのように話していると何処からか低い音が聞こえてきた。
「ん?何か聞こえないか?」
「は?気のせいだろ。どうせどっかの馬鹿が堂々と寝ているんじゃないのか?」
「い、いや。段々大きくなってきて…!?」
友人が見張り台から外を見ると驚きの表情で固まる。ダルタも何かあんのかなと見るとそこには三十近い空を飛ぶ鉄の鳥がいたのである。
「て、敵襲だー!空!空にいるぞ!」
ダルタは反射的に大声を上げて有事の際に知らせる鐘を鳴らすが次の瞬間に鳥が大きな音を出してダルタの前にいた友人がミンチになって絶命したのだ。
「う、うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」
ダルタは恐怖で見張り台を飛び降りる。幸い傷を負ったり骨がやられることもなかったダルタは急いで食料や予備の武器と防具が保管されている中央の屋敷に走るが館の上空を通過した鳥が何かを落とすと凄まじい熱風が起こり一時的にダルタの耳を破壊した。風で後方に飛ばされたダルタが屋敷を確認すると破壊されつくされて火が燃える館があるだけであった。鳥はその間にも鉄のようなものを落とし続けており基地はほぼ破壊されつくしていた。
耳が遠くなっているダルタもここにいては不味いと逃げようとしたがその時に背中をいくつもの槍で刺されたような痛覚が走り体が動かなくなっていた。辛うじて残っていた意識で上空を見るとダルタの上を通過したと思われる鳥がいることが確認できたがそのすぐ後に体が持ち上がる感触を感じるも今度は永遠に意識を失ったのであった。

「異世界転生~神に気に入られた彼はミリタリーで異世界に日の丸を掲げる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く