異世界転生~神に気に入られた彼はミリタリーで異世界に日の丸を掲げる~

鈴木颯手

第十五話 山賊と謹慎

Ryouta Side…気が付けば朝であった。隣には気持ちよさそうに眠る輝夜が。俺も輝夜も裸である。
…さようなら童貞。別に未練はないが。問題なのは別人ではあるが血の繋がった妹と瓜二つの姿をした輝夜と一線を越えてしまったことだ。流石に妹と同じ姿の輝夜を犯すのはものすごい罪悪感があったがそれと同時に興奮もした。
…やめよう、この話は。思考を切り替えないとな。今俺がやるべきは兵力を上げる事だが、それの一部に山賊を起用する。
現状から考えて山賊がいる無法地帯は全てパララルカ王国の手に落ちていると考えた方がいいな。そうなるとかなりの数の山賊がいるはずだ。たとえ使えなくても魔力アップくらいには使えるからな。さっそく実行に移すか。
俺は隣で寝ている輝夜を起こさないようにゆっくりと起きると服を着てまだ、朝の状況の帝都を歩き出す。山賊についてはキースに任せるか。山賊を日本帝国に組み込むためにもあいつの協力は必要不可欠だからな。もし、行儀の悪い輩がいれば殺すだけだ。臣民にガラの悪い連中は必要ない。
そう言うわけでキースを探すが意外と早く見つかった。何をしているのか街を部下と思われる山賊二人と歩いていたのだ。
「よう、キース」
「ん?ああ、総統閣下か」
キースもこちらに気付き足を止めてこちらに体を向ける。それに合わせて後ろの二人も体をこちらに向けてくる。
「一つ頼みがある。山賊をまとめる事は出来るか?」
「おいおい、何を言っているんだ?俺は今じゃ落ちぶれたが結構な山賊を纏めていたんだぜ?そのくらいへっちゃらだ」
キースは自信満々に言い切った。それはそれで不安になるが山賊の事は実際に率いていたキースの方がよく知っているだろうからな。
「山賊を軍に組み込む。特異なものがあればそこに組み込むが基本兵士として活躍してもらう」
「そのための礼儀はそちらでやってくれよ。元騎士や貴族もいるがそれはかなり少数だし騎士や貴族だったからと言って礼儀正しい訳ではないからな。山賊暮らしが長いとそういう事も忘れていたりするからな」
「と言うことはお前も?」
「ん、ああ。今は亡き大陸にあった国の貴族だったんだが俺が成人する前にガルムンド帝国に滅ぼされて今はパララルカ王国が領有している」
意外だな。元貴族とは。確かにこいつの見た目は二十後半に見えるからな。こいつが山賊になったのは何時か知らないが五、六年は山賊をやっているだろうからな。礼儀など覚えていないだろう。
「そんじゃあ、早速俺は山賊どもを集めてくるぜ。その方がお前としてもいいだろ?」
「そうして貰えると有り難い」
キースが探す期間、訓練期間を合わせると即戦力と言うわけにはいかない。帝国軍人としての心構え、礼儀作法、銃の扱い方、近代戦術等々たくさんあるからな。教員の方は準備が出来ている。追放刑を受けたものに教育しているからな。
取り合えずこれで後は様子を見るしかないな。防衛戦が持ってくれればいいのだが。


















NO Side「二万の軍勢を失ったというのか!」
パララルカ王国国王パルザ二世は目の前で跪くアクラに暴言を吐く。理由は堂々と進軍したにもかかわらず自身の率いていた二万の軍勢を失ったからである。
パルザ二世はアクラの事を嫌っている。王国最強の剣士であり騎士団団長であるアクラは国王以上の人気を誇っている。その為アクラ、ひいてはブレストラッパー家が王家に反逆してくるのでは疑っているのだ。ブレストラッパー家はアクラに劣らない精鋭が揃っていた。数こそ千と少ないが一人一人が一騎当千を誇るつわもの達だ。その気になれば王国の兵士たちを赤子の手をひねる様に倒せるであろう。
故にその勢いを削るために激戦区ととれる大陸の領土を丸ごと与えたのだ。ガルムンド帝国は世界最強の軍勢だ。パララルカ王国の最大兵力が七万、シードラ王国が四万に対してガルムンド帝国は五十万を軽く超える兵力を有している。その為ガルムンド帝国に勝つのは難しいと思われた。しかし、アクラは自軍の兵のみでガルムンド帝国を撃退している。今は落ち着いているがひどい時は五千対五万と言う時もあったがそれすらも勝っていた。力をそぐどころか現在も増え続けていた。
その為パルザ二世にとってこの失態はアクラを叩くいい材料となった。二万を率いていながら全滅させ挙句に山賊を一人も倒せないという酷い結果となったのだから。
「貴様は分かっておるのか!?二万は我が軍の四分の一の軍勢なのだぞ!それはすべて失うなど貴様は無能者なのか!」
「…申し訳ございません」
対するアクラは実際に軍を全滅させているので何も言い返せずパルザ二世の暴言をすべて受け入れていた。
「貴様には失望したぞ!しばらく謹慎しているように!場所はこちらで用意する!良いな!?」
「…承りました。国王陛下」
アクラは苦々しく思いながら衛兵に従い謁見の間を後にする。扉が閉じるとパルザ二世は深くため息をつく。
「…山賊のやつら意外と戦力を有しているようだな」
「その様で」
パルザ二世の言葉に宰相のメルヘムが相槌を打つ。彼もアクラを嫌う一人でアクラの今回の失敗を無能がしゃしゃり出た結果だ、とアクラを過小評価していた。
「…エッケルタに伝えろ。アクラの代わりに将軍とする」
「…アクラめの実力では山賊にすら勝てませんが成程、エッケルタなら勝てるでしょう。分かりました、すぐに伝えさせます」
パルザ二世の言葉にメルヘムも頷き衛兵に指示を出す。エッケルタとは第二軍を率いる副将でアクラを嫌っている一人である。
「ふ、女でありながら我を超える人気を持った結果こうなるのだ。奴もこの件で身をもって知れたであろう。アクラの尻拭いをエッケルタにさせるのは辛いが終わり次第アクラを罪人にしてブレストラッパー家を取り潰しかの家の騎士団を彼の下につけさせるとしよう」
パルザ二世はエッケルタが必ずやアクラの代わりを行ってくれるであろうと思っていたが彼はのちに知ることとなる。
日本帝国の恐ろしさを。


「異世界転生~神に気に入られた彼はミリタリーで異世界に日の丸を掲げる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く