異世界転生~神に気に入られた彼はミリタリーで異世界に日の丸を掲げる~

鈴木颯手

第十一話 同盟と侵攻

Ryouta Side「これが我々の内容です」
俺はシードラ国王にこちらの要求を書いた紙を渡した。内容としては次の通りだ。
・シードラ王国と日本は有効な関係である。この関係は未来永劫崩れる事は無い。・シードラ王国と日本帝国の貿易の許可。・日本帝国を正式に認める。・両国の王都、帝都に領事館を建設する。・どちらかの国民が他国で法を犯した場合その国の法で裁かれる。ただし公正な判決を下す。また、領事館のみは領事館が属する国の法が有効である。・友好関係の証として日本帝国はシードラ王国に金貨百枚を渡す。
ぶっちゃけた話金を上げるから貿易の許可と国として認める親書をよこせと言っているものだ。とは言ってもシードラ王国に不利な条件がないようにしてある。むしろこちらが損するような状態だ。これを見たシードラ国王は難しい顔をする。恐らく自国が有利すぎる事であろう。
「…金貨については不要です。それ以外なら全面的に認めましょう。我が国は貿易国です。新たな取引先が増えるのは喜ばしいことです」
ふむ、こちらとしても金貨を払わなくていいのならうれしい事だ。まだ貨幣はそこまで多い訳ではなく山賊から巻き上げている状態だからな。
「それでは他にも必要なことは決めてしまいましょうか」
その後俺はシードラ国王と話し合った結果次のようになった。
・シードラ王国は日本帝国を正式に認め、今後永久的に友好関係が結ばれる。・日本帝国とシードラ王国は互いの港を貿易のために開港する。・両国の帝都、王都に領事館を設置する。・お互いの国民が他国で法を破った場合その国の法で裁かれる。ただし、領事館の中は領事館が属する国の法が有効である。
取り合えずこのような感じとなった。何か不便があるようなら今後付け加えていく予定だ。俺は大和に戻りこの条約を伝える。今頃シードラ国王も高官に伝えているだろう。さて、俺は領事館を建設するために王都の端っこだが領地を貰っている。むろん帝都の領地もシードラ王国に与えている。早速向かうことにした。お供は数名のみだ。あまりぞろぞろと大人数で行ってもやる事は無いからな。
『俺は公共施設』一覧から領事館を選び召喚する。見た目はレンガ造りの建物で四階建てとなっている。これは襲撃を想定しており中も守りやすいつくりにしてある。取り合えず建物はこれでいいだろう。この後は何処か住居を借りて料理でもやるか?いや、それは今度でいいな。今日はもう帰るとするか。次に来るときに正式に大使を稔明して連れて来ないとな。



















NO Side
「全軍!前へ!」
シードラ王国と日本帝国が関係を築いたころアルバ島南方にあるパララルカ王国では十年ぶりのアルバ島侵攻が始まっていた。
数は五万。大将にアクラ・ベル・ブレストラッパーを置いた堂々たる侵攻である。目的は領土の拡大であるが最大の目的は山賊の根絶と陸からのシードラ王国侵攻である。
アルバ島の山賊は二つに分類される。一つは北方を中心とした山賊だ。元は身分の高い騎士や没落した貴族などが多く住んでおりそれなりに繁栄を築きつつあった。そしてもう一つが南方を中心とする山賊でこちらは犯罪者や殺人者、根っからの悪党が多く住んでおりパララルカ王国の国境の町を度々襲って略奪をしていたのだ。これはパララルカ王国の悩みの種であった。
そしてシードラ王国への侵攻は簡単である。シードラ王国の軍船に全く歯が立たないのだ。シードラ王国はその立地的に海軍の力が必要となる。その為シードラ王国の領地は少なく人口もパララルカ王国より少ないにもかかわらず世界に誇れる戦力であった。その力はガルムンド帝国よりも強いかもしれない。だが、シードラ王国の陸軍はそこまで強くはない。海洋貿易国家であるため海軍には力を入れているが陸軍は貧弱であった。シードラ王国が領地を拡大しない理由の一つにそれもありまた、最東端の領主は腐敗して反乱がいつ起きてもいい状態だという。そこまでいけばアルバ島のシードラ王国領は簡単に取れるだろう。そうすればシードラ王国を征服するのも夢ではなかった。
「軍を三つに分けて進軍する。山賊どもを一人として生かしておくな!」
アクラ・ベル・ブレストラッパーの指示通りに軍は行動し二人の副将がそれぞれ一万五千を率いて海岸線を進みアクラは二万の軍勢で内陸部を進軍した。そんなアクラの近くには卓也の姿があった。彼はあれからブレストラッパー家で鍛錬に励むことになりこの侵攻の少し前に見習い騎士になることが出来ていた。彼の役目は伝令でアクラの指示を指定された部隊に伝えに行く役目であった。また、それ以外にも片方の副将への伝令役も受けておりアクラから期待されていた。
「タクヤ。お前はこれが初の実戦だがあまり気負いすぎるな。所詮シードラ王国領に到達するまで大した事は無い。暇な行軍さ」
「そんな事はありません。山賊とて姑息な手で何かしらの行動はとる筈です」
アクラの言葉に卓也はそうかえすが心の中では楽な役回りだ、と油断しきっていた。そんな卓也の本心に気付かないアクラは最近淡い恋心を抱きつつも表情には出さずそうか、とだけ返す。
「アクラ様!この先で山賊が待ち構えていると報告がありました!」
そこへ前線からの伝令が入ってくる。報告によると数は千、統一された旗を掲げているらしい。
「山賊の中にも知恵のあるやつはいるようだな。で、状況は?」
「敵は丘の上に砦を築きその周辺に集まっているようです」
「ならばその砦を攻撃せよ。まずは同数、充てるぞ」
アクラはそう言って山賊、キースが支配する最南端の砦へと襲い掛かった。アクラは既に南方の山賊を内陸から駆逐していたのだ。





















NO Side本拠地でキースが砦の陥落の報を受けたのは既に本拠地の近くまでパララルカ王国軍が近づきつつある頃であった。
「砦はいくつか築いていただろ!そいつらはどうした!?」
「そ、それが。全員逃げ出しまして…」
その報告にキースは頭が痛くなる。いくら支配領域を広げようと率いているのは所詮烏合の衆。不利になればさっさと逃げるのも同然であった。
「…このままでは抵抗すらままならないか…。残った連中に伝えろ。ここは捨てる」
「…どこへ向かうのですか?」
「決まっているだろう?」
伝令の言葉にキースは淡々と答える。
「われらの新しい主人、日本帝国にだ」
<a href="//17978.mitemin.net/i252083/" target="_blank"><img src="//17978.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i252083/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>

「異世界転生~神に気に入られた彼はミリタリーで異世界に日の丸を掲げる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く